医者の僕が認知症の母と過ごす23年間のこと

医者の僕が認知症の母と過ごす23年間のこと(自由国民社)
森田 豊 (著)

認知症のお母様と長年向き合ってきた現役医師が、ご自身の経験からの反省と伝えたいことをまとめた一冊です。

最近ちょっと変だけど、病気じゃないし元気がないわけでもないし、嫌がるものを無理に検査を受けさせる必要はないだろう。

医師である森田先生が考えたようなことは、おそらく誰もが考えることだと思いますが、この認識が認知症という病気を進行させてしまうということがよく分かりました。

 

 

認知症の検査を受けさせるための言葉として、

「僕のために検査を受けてください」

という言葉は、本当にお母さんのことを心配に思っていて、安心した生活を送ってもらいたいという気持ちが伝わってきました。

ただ、医師である森田先生がお母さんの認知症に気付けなかった後悔が繰り返し書かれているのが、少々くどかったです。

 

 

それよりも、介護のプロに聞いた話がとても有用でした。

・一人ひとりの生活歴、これまでどのような人生を送り、何を大事にしてきたか、その方の人生の芯となる部分を把握しておくことが重要で、それを知っていると接し方に大きな違いが出てくる

・あれはダメ、それは違うと否定するのではなく、話題をずらしたり、別の話をしてみたりと、怒らずに対処する

・認知機能が低下すると、これまでやってきたことが中途半端にしかできなくなって、家族が変わりにやることになり、その結果、患者さんの役割がなくなってしまいそれ自体がストレスになり、認知機能が低下するという悪循環になる。そのため、役割を持つことがとても重要

・対人接触による適度な刺激や緊張感は認知機能の活性化につながる

 

 

ちなみに、予防と対策の章は、他の書籍と同じように

・早期発見し軽度認知障害(MCI)の段階で対策や治療を行う

・セカンドオピニオンを求める

・人とのつながりや好きなことを見つける

など、一般的なことが書いてあり、目新しいことはなかったです。

認知症患者さんの家族の体験談や認知症にどう気付いていくか、どう接していくかなどを知りたい方にはよい一冊だと思いました。

 

 

柔道整復師はマッサージをする資格ではありません

先日、当院にいらしている患者さんと以下のような会話をしました。

患者さん:「先生のところは、鍼灸はやらずにマッサージのみの施術ということもできますか?」

私:『はい、大丈夫です』

患者さん:「じゃあ先生は柔道整復師の資格も持っているんですね?」

私:『え?私は、柔道整復師の資格は持っていません。はり師・きゅう師以外に、あん摩マッサージ指圧師の資格を持っています。柔道整復師というのは、マッサージをする資格ではないですよ」

患者さん:「えーそうなんですか!初めて知りました」

 

 

日本で法的に「マッサージ」ができる資格は、医師とあん摩マッサージ指圧師のみです。

柔道整復師は、主にねんざや打撲、骨折、脱臼などの怪我の治療を行う資格です。

骨折や脱臼をした骨を手術をせずに手で元に戻したり、包帯固定やテーピングを行ったりする中で、当該部位に手技療法を行うことができるため、マッサージと誤解されることもあるようです。

慢性的な症状や疲労回復、肩こりなどに対して、柔道整復師はマッサージを行うことはできません。

 

参考:あん摩マッサージ指圧師と柔道整復師の違いは?3つのポイントを解説!(サンキューグループ)
https://thankyou-recruit.com/about-jyusei/1912/

参考:柔道整復師とは(柔道整復師会)
https://www.shadan-nissei.or.jp/judo-therapist/#:~:text=%E6%9F%94%E9%81%93%E6%95%B4%E5%BE%A9%E5%B8%AB%E3%81%AE%E6%A5%AD%E5%8B%99,%E6%96%BD%E8%A1%93%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

 

柔道整復師会のホームページにも

「最近は骨盤矯正や脊椎矯正、頭痛や冷え性、単なるマッサージなどを行う接骨院や整骨院がありますが、これらは柔道整復師の業務範囲ではありません。健康被害や金銭トラブルを被ることもあります」

と記載されていますので、施術を受ける際には、どうぞご注意下さい。

 

 

#ちなみに、無資格者によるマッサージ行為も問題があります。詳細は当院の以下のブログをご確認下さい。
ブログ:無資格者と有資格者の区別
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/qualifiedperson

薬に頼らない新時代の医学

薬に頼らない新時代の医学(マキノ出版)
今井 一彰

「あいうべ体操」を考案した今井先生の書籍です。

「健康で生活できることがあたりまえ」では決してなく、いつ何時病気になるかは誰にも分かりません。

人生100年時代、たんに「長生きする」のではなく、「よりよく長生きする」にはどうしたらよいか、12人の健康の達人と今井先生との対談がコンパクトにまとめられていて読みやすかったです。

 

 

本書に書かれているのは病気を治療する方法ではなく、病気を予防して病気になりにくくするもので、セルフケアとして以下の方法が紹介されていました。

・あいうべ体操
・マウステープ
・鼻うがい
・足指のばし
・ゆるHIIT
・加圧トレーニング

 

 

どれも簡単にできるものが多かったので、自分ができそうなものを組み合わせてやってみるのがよいと思いました。

また、文中にも食事の話や感情を日記に吐き出す方法、口ぱくぱくによる迷走神経刺激療法など、様々な内容が紹介されていたのも勉強になりました。

これらも試しにやってみて、自分に合っているものを続けていくのがよさそうです。

 

 

「おわりに」に引用されている北里柴三郎先生の言葉で、

「医者の使命は病気を予防することにある」

というのは本当に大事なことだと思いますが、患者は不調がないと病院にかからないし、医者も不調だけを診て、それを予防するにはどうすべきかというところまではなかなか踏み込みません。

 

 

私は鍼灸マッサージ師ですが、痛みや不調の治療に加えて、いかに不調が出にくくするかを考えているので、本書の考え方は役に立つ内容でした。

 

19番目のカルテ 徳重晃の問診(5)

19番目のカルテ 徳重晃の問診【5】(ゼノンコミックス)
富士屋カツヒト 、 川下剛史

なんでも治せるお医者さんを目指して奮闘する医師の物語の第五巻です。

第五巻では、「病気を診るだけでなく、生きるのを助ける」ということがテーマだったと思います。

奥さんが妊娠していてまもなく出産を迎える中、首と腰の痛み、手足の肌荒れに悩む男性患者さん。

 

 

「掌蹠膿疱症」(しょうせきのうほうしょう)と診断されるものの、この病気に決まった治療法はなく、歯の病気を調べたり、金属アレルギーのテストをしたりと、原因を一つずつ地道に調べていく必要があることが判明します。

お金もない中、銀歯をセラミックに取り替えるのに50万円かかると言われ、途方に暮れてしまいます。

 

 

その結果、仕事もうまくいかずイライラして、掌蹠膿疱症も悪化していきます。

どうすればよいのか分からないことに対して不安や恐怖を感じる患者さん。

そんな患者さんの背景を少しずつ知っていくことで、一緒に病気と闘っていくことが大事だと痛感する話でした。

 

 

また、別のケースですが、司法浪人で1ヶ月後に4回目の司法試験を迎えるという状況で、猛烈な左眼の痛みに苦しむ男性患者さん。

「眼部帯状疱疹」と診断され、きちんと治療しないと視力に影響が出たり神経痛が残ってしまうのですが、司法試験の勉強をするためにすぐに帰りたいと言います。

過労やストレスで免疫力が低下し、体も心もギリギリの状態で休むことも必要なのですが、それを受け入れられない患者さんに対してどう対処していくのか。

 

 

病気を診るだけでなく、患者さんが安心して治療に望めるよう、患者さんの生き方を助ける医師の姿勢が素晴らしかったです。

こんな風に患者さんに親身になって接してくれるお医者さんがいたらいいなと思います。

私自身もできる限り、患者さんが生きることを手助けすることができるよう精進したいです。

 

 

多職種連携と鍼灸マッサージ師

現代の高齢化社会においては、一つの職種でできることには限界があり、多職種で連携して対応することが重要となっています。

 

 

そのため、高齢者が介護保険制度を利用する場合には、まず各地域にある地域包括支援センターが窓口となり、

・介護認定(介護が必要な状態かを役所の専門職員が判断)を行う

・介護認定後、介護サービスを利用するにあたりケアマネージャ(介護支援専門員)を選定

・一人ひとりに合った介護サービスを検討し、関係者でサービス担当者会議を行い情報を共有する

といった流れですすめていきます。

 

 

その際、ケアマネージャーが相談窓口、連絡、調整役を担って、

・医師、歯科医師、看護師、理学療法士、作業療法士などの医療職種

・介護福祉士、社会福祉士、福祉用具専門相談員、ヘルパーなどの介護職種

などの専門職が連携して対応を行いますが、他にも警察、民生委員、役所、保健所、そしてその方が住む地域社会との連携も必要となっていきます。


参考ページ:大阪市中央区在宅医療
https://www.city.osaka.lg.jp/chuo/cmsfiles/contents/0000426/426615/pannfu.jpg

 

 

しかし、現在、この介護保険の枠組みの中に、鍼灸マッサージ師は含まれていません。

鍼灸マッサージ師による訪問施術は、「介護保険」ではなく「医療保険」を使ったサービスだからです。(自由診療のケースもあります)

なお、理学療法士、作業療法士による訪問施術は、「介護保険」のサービスです。(一部医療保険もあります)

そのため、この多職種連携という中には鍼灸マッサージ師は登場しないことが多いのです。

参考ページ:
LIFULL 訪問マッサージと訪問リハビリの違い
https://kaigo.homes.co.jp/manual/homecare/zaitaku_service/visitmassage/

 

 

とはいえ、鍼灸マッサージ師も専門職として多職種連携の枠組みに参加し、患者さんの情報を共有する必要があると思います。

私が現在訪問で伺っている患者さんに対しては、何か気になる変化があった場合には、ケアマネージャさんとお互いに連絡を取り合うようにしています。

今後ますます高齢化が進む社会において、鍼灸マッサージ師としても多職種連携の役割を果たしていきたいと考えています。

 


#ちなみに、医師の往診は基本的に「医療保険」が適応されます(居宅療養管理指導は介護保険)

参考ページ:
京都大原記念病院グループ 往診は介護保険?介護保険が適応になる居宅療養管理指導とは
https://kyotoohara.or.jp/medical/oharazaitaku/blog/5180