多職種連携と鍼灸マッサージ師

現代の高齢化社会においては、一つの職種でできることには限界があり、多職種で連携して対応することが重要となっています。

 

 

そのため、高齢者が介護保険制度を利用する場合には、まず各地域にある地域包括支援センターが窓口となり、

・介護認定(介護が必要な状態かを役所の専門職員が判断)を行う

・介護認定後、介護サービスを利用するにあたりケアマネージャ(介護支援専門員)を選定

・一人ひとりに合った介護サービスを検討し、関係者でサービス担当者会議を行い情報を共有する

といった流れですすめていきます。

 

 

その際、ケアマネージャーが相談窓口、連絡、調整役を担って、

・医師、歯科医師、看護師、理学療法士、作業療法士などの医療職種

・介護福祉士、社会福祉士、福祉用具専門相談員、ヘルパーなどの介護職種

などの専門職が連携して対応を行いますが、他にも警察、民生委員、役所、保健所、そしてその方が住む地域社会との連携も必要となっていきます。


参考ページ:大阪市中央区在宅医療
https://www.city.osaka.lg.jp/chuo/cmsfiles/contents/0000426/426615/pannfu.jpg

 

 

しかし、現在、この介護保険の枠組みの中に、鍼灸マッサージ師は含まれていません。

鍼灸マッサージ師による訪問施術は、「介護保険」ではなく「医療保険」を使ったサービスだからです。(自由診療のケースもあります)

なお、理学療法士、作業療法士による訪問施術は、「介護保険」のサービスです。(一部医療保険もあります)

そのため、この多職種連携という中には鍼灸マッサージ師は登場しないことが多いのです。

参考ページ:
LIFULL 訪問マッサージと訪問リハビリの違い
https://kaigo.homes.co.jp/manual/homecare/zaitaku_service/visitmassage/

 

 

とはいえ、鍼灸マッサージ師も専門職として多職種連携の枠組みに参加し、患者さんの情報を共有する必要があると思います。

私が現在訪問で伺っている患者さんに対しては、何か気になる変化があった場合には、ケアマネージャさんとお互いに連絡を取り合うようにしています。

今後ますます高齢化が進む社会において、鍼灸マッサージ師としても多職種連携の役割を果たしていきたいと考えています。

 


#ちなみに、医師の往診は基本的に「医療保険」が適応されます(居宅療養管理指導は介護保険)

参考ページ:
京都大原記念病院グループ 往診は介護保険?介護保険が適応になる居宅療養管理指導とは
https://kyotoohara.or.jp/medical/oharazaitaku/blog/5180

患者の話は医師にどう聞こえるのか

患者の話は医師にどう聞こえるのか 診察室のすれちがいを科学する(みすず書房)
ダニエル・オーフリ

 

医師と患者のコミュニケーションの問題を徹底分析した良書でした。

 

・同じタイミングで同じ量の薬を投与されたにも関わらず、知らないうちに点滴された患者群よりも、注射を医師自身が手作業で行うようにした患者群のほうが鎮痛効果た常に高い

 

・医師が行う儀式として、ベッドサイドまで来て患者の痛みを認め、注射器に薬を吸引し、患者に見えるように点滴ラインに注入し、予想される効果について話し合い、実際に誰かがそばにいて気にかけ心を配ることは、薬の量を二倍にすることと同じくらいの痛み緩和効果があった

 

 

医師と患者のコミュニケーションが大事とは誰しもが思っていることですが、こうした具体的なデータがいくつも示されると説得力があります。

プラセボが発揮されるための必須要素として、医師と患者のコミュニケーションがあり、その効果として不安の軽減や期待感を高めること、患者と一緒に治療の方向性を決めることが必要だという話も共感できました。

 

 

また、「害をなすなかれ」の章で紹介されていた、ミスをした時にはミスを犯した本人がミスを認め、責任をとり正直に謝罪し、その誠意がきちんと患者に伝われば訴訟のリスクは減るという話は興味深かったです。

ミスを認めて謝罪することがどれほど困難なことであるか、ミスを恥じる気持ちや自信の喪失など、受け入れがたいことがあると思いますが、患者が自分たちのことをいかに気にかけてくれていると感じることが重要であることがよく分かりました。

 

 

最後に、「チーフ・リスニング・オフィサー」の章で紹介されていた、オランダ政府が傾聴の医療保険コードを承認したという話は驚きました。

話を聞くことは診察上必要ではありますがが、それ自体で報酬を請求できないため、処置や検査のほうが優先されてきました。

 

 

しかし、話を聞いて意見を交換することが検査と同じように保険請求する価値があると判断されたことは、コミュニケーションが医学に必須であることを認めることの大きな一歩だと思いました。

 

ボクもたまにはがんになる

ボクもたまにはがんになる(幻冬舎)
三谷 幸喜 、頴川 晋

人間ドックで腫瘍マーカーのPSA(前立腺に特異的なタンパク質の一種)の数値が高いことをきっかけに、経過観察をしながらも前立腺がんの手術を受けることになった脚本家・三谷幸喜氏と、慈恵医大の泌尿器科教授で主治医の頴川晋先生の対談をまとめた一冊です。

 

 

告知、転移、ステージ、治療方法、退院後の経過など、要点を抑えながらもおもしろおかしく展開される対談は読みやすかったです。

三谷幸喜氏の肛門やひげの話、射精や尿漏れの話など、着眼点がおもしろかったと思います。

 

 

以下に、印象に残った内容を抜粋します。

・手術をするってことは、病気を治すためにやっていることであって、手術前とまったく同じ状態に戻るわけではない。

・どんな病気も、治療をしてそれで終わりじゃない。治療が本当にうまくいったかどうか、きちんと確認していかなきゃいけない。そこの部分が結構長い。真田丸で言うと、全50話のうち、手術は第5話くらいの段階。手術がゴールではなく、術後も定期検査を積み重ねながら、日々の生活、健康にしっかり気をつける。

・がん治療の未来として目指すところは「慢性疾患」である。予防できなくても、がんになってしまった後、がんと共存しながら寿命をまっとうすることができる未来、つまり慢性疾患にすることがひとつのテーマだと思う。

 

 

その中でも特に印象に残ったのは、「がん治療の未来として目指すところは「慢性疾患」である」という頴川先生の言葉です。

これは、腰痛や膝痛にも同じことが言えると思いました。

特に高齢者の場合、痛みをなくすことはなかなか難しく、

・痛みが少しあるけれども日常生活は問題なく過ごせる、

・起床時は腰が痛いけれど、ベッドで簡単な運動を行えばそのあとはスムーズに動ける

といったように、症状と共存しながらうまく付き合っていくことも大事だと考えています。

 

 

がんとの付き合い方や前立腺がんに興味ある方におすすめの一冊でした。

 

福祉とは何か

昨年、ある講座を受講した際に聞いた話です。

「福祉」とは何か?

という話題になりました。

ちょっと答えにくい質問ですよね。

 

 

ウィキペディアでは、以下のように書かれていました。

・「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉であり、すべての市民に最低限の幸福と社会的援助を提供するという理念を表す。
(ウィキペディアから引用)

また、現代国語例解辞典だと以下のようになっています。

・幸福。特に、社会の成員の物的、経済的、または文化的欲求の充足を言う。
(現代国語例解辞典[第二版]から引用)

 

 

さて、その講義ではどう説明されたか。

ふ・く・しの頭文字をとって

ふだんの
くらしを
しあわせにする

と説明されていて、なるほどと思いました。

普段の暮らしを幸せにするのが「福祉」という考え方。

ざっくりしたものですが、こうした標語のようなものがあると、子どもにも説明しやすいし、分かりやすいと思いました。

 

未来の医療で働くあなたへ

未来の医療で働くあなたへ (河出書房新社)
奥真也

コロナウイルス感染症拡大の影響により、オンライン診療の範囲が拡大する中、未来の医療がどうなっていくのかを描いた良書です。

 

 

本書では、未来の医療の様子を予測しつつ、それでも医師という職業がなくなるわけではなく、いかに患者さんに寄り添う医療が大事かが記されていました。

これからは病気を治すことに加え、病気を防ぐための医学・医療が重要になってくるという話は共感できました。

 

 

今後はコンピューターが中心になって診断し薬が処方される診察風景が増えてくるとは思いますが、それでも患者さんが病院に行って、医師が目の前の患者さんを直接診るという今までの診療スタイルがなくなることはないと思います。

継続診療で薬を処方してもらうだけのケースや、体調が悪くて動くのも大変な場合にはオンライン診療はすごく便利で使い勝手もよいと思うので、状況によって使い分けができるとよさそうです。

 

 

とはいえ、直接会って体に触れてもらい、声をかけてもらうことで安心感や期待感が高まり、病気が快方に向かう患者さんは少なくないと思います。

AIの医師による自動診察が増えれば、手の空いた医師は動くのが大変な患者さんの往診をするというやり方も考えられます。

 

 

他にも、遺伝子解析や手術補助ロボット、血管を浮き立たせる特殊ライト、ドラッグデリバリーシステムなど、これからも医学はどんどん発展していきます。

大事なのは、たんに効率化や機械化を目指すのではなく、患者さんのための医療を行うということだと思います。

医療に興味がある方にはぜひ読んでいただきたい一冊です。