新しい温灸を導入しました

今回は当院で使用しているお灸について紹介します。

当院ではお灸として、以下の2種類を使い分けています。

①透熱灸
もぐさを皮膚に直接乗せて燃焼させます。
皮膚に直接刺激することで免疫機能を活性化させる効果があります。

②温灸
もぐさが包まれている台座上のものを乗せて燃焼させます。
①透熱灸と比べると刺激が弱くて、体を温める効果があります。

 


上記②温灸については、今まで「せんねん灸 レギュラー 伊吹」という商品を使っていました。

ところが、患者さんの中には

・冷えが強すぎて、せんねん灸の熱さを全く感じない

・脳血管障害や脊柱管狭窄症などによる感覚麻痺で血行が悪くなっている

というケースも見られるようになり、今までの「せんねん灸 レギュラー 伊吹」だけで対応するのが難しくなってきました。

 

 

そのため、今年(2023年)から「ユニコらくらく灸 レギュラー 」という商品を導入し、使い始めました。

それぞれの商品の温度と持続時間は以下の通りです。

商品名:
温度、持続時間

せんねん灸 レギュラー 伊吹:
約43~45°C、約3~4分

ユニコらくらく灸 レギュラー :
約57~60°C、約7~8分

 


当院にいらしている患者さんの中に、脊柱管狭窄症で下肢の痛みとしびれが強く片側が冷えて血行不良になっている方がいらっしゃいます。

こちらの患者さんは「ユニコらくらく灸 レギュラー 」を使うことにより、少しずつ足が温かくなってきて下肢の痛みとしびれが緩和しているので、よい結果が出ています。

ただ、以前の温灸よりも温度が高く、火傷に注意しながら慎重に使っていく必要がありますので、上手に使い分けていきます。

今後も患者さんの症状や状態に合わせて、臨機応変に新しいものを取り入れていきたいと思います。

 

 


ユニコ らくらく灸 レギュラー 48壮 セルフお灸 大きなもぐさで温灸効果が長続き じっくり温熱

定期的にブログを書いて10年目

私は2014年10月に出張専門の鍼灸マッサージのホームページを作ってからブログを書いています。

ブログを始めた2014年当初は週2回、2015年の6月~2019年5月までは週1回、そして開業した2019年6月から現在まで週2回の頻度でブログの更新を続けています。

今年(2023年)で10年目になりました。

今まで書いたブログは、この投稿を含めて730本です。

約10年の間、よくネタを見つけながら書き続けたものです(笑)

今回は私が定期的にブログを書いてきたことを振り返ってみたいと思います。

 

 

当初、私がブログを書いていたのは以下の2つの理由からでした。

①検索サイトで検索した際、専門性や鮮度が高いホームページの方が信頼性が高いと評価されるため

②ブログを書くことで、私の人柄や考え方を知っていただくため

順番に説明していきます。

 

 

①検索サイトで検索した際、専門性や鮮度が高いホームページの方が信頼性が高いと評価されるため

やはり定期的に新しい情報が更新されているホームページの方が信頼感があると思います。

ホームページ作成後、しばらくは更新があってもそのあとは放っておかれたままのホームページでは今も営業しているのか、どんな設備なのかよく分かりません。

また、例えば台風による営業の案内や、コロナウイルス感染症が発生した場合の感染対策や衛生面の対策など、その時々に合わせた環境面の最新の情報提供も適宜必要になってきます。

 

 

Googleは「ホームページの更新頻度が検索順位に直接的な影響を及ぼすことはない」と言っているそうですが、単にホームページを更新すればよいわけではなく、ホームページの専門性や鮮度を高める必要があり、その方法の一つとして私はブログを使っています。

参考サイト:ホームページの更新頻度が検索順位に及ぼす影響
https://onca.co.jp/column/column/p4262/

よって、ブログの内容についても、話題の本や映画を紹介することもありますし、テレワークやキャッシュレス決済、ChatGPT、カジュアル面談など世間で話題になっていることに触れてみたり、鍼灸に関する疑問や今と昔の鍼灸マッサージ師の人数をまとめてみたりと、新しい話題に触れることも意識しています。

 


②ブログを書くことで、私の人柄や考え方を知っていただくため

これは、私が「どんな人なんだろう」ということを知っていただくことで、親近感を高めたり、警戒心を和らげたりする目的があります。

患者さんの立場で考えたら、全く知らない鍼灸マッサージ院に行くのに、どんな人がやっているのか分からないのは不安だと思います。

そのため、その不安が少しでも解消されるために患者さんから聞いた話や、私が個人的に好きなことの話(本、相撲、落語、ピアノなど)も書くようにしています。

 

 

「ブログの情報だけを見て来ました」という患者さんはいないと思いますが、場所や営業時間、料金などと合わせて、ブログも『行ってみようかな』と思っていただける情報の一つになればと考えています。

ちなみに、以前いらした初めての患者さんから

・相撲のことが書いてあったのを見ました。私も相撲、大好きなんです!

・ピアノのブログを読んで来ました

など、嬉しいコメントをいただいたこともあります。

 

 


さて、ブログを書き続けている中で、最近ではもう一つブログを書く理由ができました。

それは定期的に読んで下さる方や患者さんから感想をいただくのが嬉しいからです。

私は、SNSはFaceBook(以下FB)だけやっているのですが、FBに更新した際にコメントをいただくこともあります。

 

 

また、当院にいらした患者さんから

・ブログで紹介されていた〇〇という本を読みました

・ブログの結婚指輪を失くした話、おもしろかったです

・「二八(ニッパチ)」のブログ、自営業の友人に見るように伝えました

などといった感想をいただいたりするのも嬉しく、そのやり取りを楽しんでいます。

ということで、、、

いつまで続けられるか分かりませんが、今後も定期的にブログの更新をして参りますので、引き続き読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

当院に置いてある扇風機の話

今回は、当院に置いてある扇風機の話です。

こちらの扇風機は2019年6月に開業した際、私がお世話になった先生から開業祝いとして頂いたものです。(先生、ありがとうございます!)

 

Kamomefan リビングファン FKLT-281D/TLKF-1281D

 

開業当初から設置しているのですが、今年の夏は特に暑かったせいか、

「これ何ですか?」

と複数の患者さんから聞かれることが多かったので、改めて紹介いたします。

この扇風機は株式会社ドウシシャという会社の製品で、Kamomefanとうブランド名が付いています。

「Kamomefanは扇風機であり、サーキュレーターでもある」

というのが売りで、新しい羽根を開発し、より遠くへ、そして静かにというコンセプトで作られています。

参考:Kamomefanのホームページ
https://www.kamome-d.jp/kamomefan/

 

当院では主にサーキュレーターとして羽根の角度を上向きにして使っており、院内の空気を循環させています。

色もシンプルで、音が静か、優しい風なので当院の雰囲気にも合っていて重宝しています。

 

 

私が使っているものは2019年製なので同じものは入手しにくかもしれませんが、後継機種がありますので、興味がある方はお試し下さい。

 


カモメファン Kamomefan +c lite (カモメファン プラスシー ライト) リビングファン 扇風機 サーキュレーター 兼用 25㎝ シルバー 最軽量 軽い DCモーター DCファン 首振り リモコン付き 静音 節電 省エネ 上下左右 風量無段階 ドウシシャ

2022年に読まれたブログ-トップ10

今回は、昨年一年間(2022年1月1日~2022年12月31日)で読まれたブログのトップ10をまとめてみました。
(集計方法:Googleアナリティクスで期間指定し、ページビュー数の多いブログページを集計)

 

 

当院は2019年6月に北区西ヶ原で開業したのですが、実は2014年10月から曜日限定で出張専門のはり・きゅう・マッサージを行っており、その時から少なくとも週1回はブログを書いて公開しています。

そのため、2019年以前に作成したブログも多く閲覧されています。

2022年に閲覧されたブログのトップ10は以下の通りです。


①知らなかった言葉「はばったい」 1320回
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/habattai/

②「甘手型」と「苦手型」 202回
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/amatenigatetype/

③知らなかった言葉「いざる」 199回
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/izaru/

④都電荒川線(東京さくらトラム)の乗車料金豆知識 137回
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/tokyosakuratram-trivia/

⑤平均化訓練の講座に参加しました① 131回
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/equalized-lecture1/

⑥初めて当院にいらした患者さんとの接し方 128回
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/firsttime-contact/

⑦刺した鍼を抜くという行為 112回
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/acupuncture-removed-act/

⑧知らなかった言葉「やばちい」 98回
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/yabatii/

⑨ひなちゃんの日常_ハルミさんのぎっくり腰 96回
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/hinachan-strainedback/

⓾ひなちゃんの日常の一コマ 52回
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/daily-hina-chan/


集計した結果、知らなかった言葉や調べたいことに関するブログの回数が多い結果となりました。

当院のホームページやFaceBookからブログを参照するより、調べたい言葉を検索した際、当院のブログが上位に表示されて閲覧されるケースが多いようです。

私が気合を入れて時間をかけて書いたブログより、知らなかった言葉のブログが多く参照されていたのは残念ですが(笑)、ブログの内容が誰かの役に立てているのなら幸いです。

 

 

#以下、ご参考までに2022年に私がわりと時間をかけて書いたブログです。

・福祉用具専門相談員研修①
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/hukushiyougu-training1

・福祉用具専門相談員研修②
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/hukushiyougu-training2

・ネット予約について
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/online-reservation

・黄金の刻 小説 服部金太郎
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/goldtime-kintaro-hattori

防火対象物使用開始届について

皆さんは「防火対象物使用開始届」という書類をご存じでしょうか?

店舗や事務所として建物や建物の一部をこれから使用しようとする方は、使用を始める7日前までに、その内容を消防署に届出なければならない決まりがあるそうです。

#防火対象物の使用開始の届出をしよう – 東京消防庁
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/lfe/office_adv/bouka/02.html

 

先日、当院の地域を管轄している滝野川消防署から連絡があり、初めてこのような書類の存在を知りました。

 

 

すでに開院して4年目でしたが、事後でもよいので「防火対象物使用開始届」を提出してほしいとのことでした。

基本的に火を使う前提がある飲食店では、内装工事の際に業者さんから聞いて事業者が提出することが多いそうですが、飲食店以外の店舗では知らない人が多い、と滝野川消防署の担当の方もおっしゃっていました。

これは消防が防火対象物の使用状況を把握し、防火の専門家の立場から届出内容の確認や消防用設備(消火器や自動火災報知設備など)の設置状況などを事前に審査・指導することにより、建物の安全性を確保するために必要とのことです。

ということで、当院でも「防火対象物使用開始届」を記入するとともに、内部の図面が分かる資料を持参し、滝野川消防署へ提出しました。

 

 

提出後、滝野川消防署の担当の方が当院へ来て、

・消火器設置の確認

・誘導灯の確認

・火災報知器の確認

などを行いました。

もし店舗に上記の設備が備わっていない場合、消防署の指示に従って設置する必要があります。

鍼灸マッサージの専門学校では、開業に必要な書類や設備は教わりましたが、「防火対象物使用開始届」や消防に必要な設備については今まで知る機会がありませんでした。

店舗や事務所の経営を行っている方は「防火対象物使用開始届」について、確認してみた方がよさそうです。

 

 

参考:防火対象物使用開始届について、以下のサイトが分かりやすく紹介されていました。

防火対象物使用開始届について│書き方と注意すべき点
https://tsunagu-office.net/archives/10163