黄金の刻 小説 服部金太郎

黄金の刻 小説 服部金太郎 (集英社)
楡 周平

世界的時計メーカー「セイコー」創業者・服部金太郎の丁稚奉公の時代から、セイコーを創業して苦難の末に大成功を収めるまでの一代記です。

本書は史実をもとにしたフィクションとのことでしたが、読みごたえ満載でした。

 

 

丁稚の時代、主人の粂吉がもっていた懐中時計を見たことをきっかけに、金太郎は時計商の道に進むことを考えます。

時計は本体の販売、修理、手入れと3つの商機があるうえ天候に左右されず、最小限の人手と資金で開業できる。

その点に目をつけた商売がどうやって広がっていくのか楽しめました。

 

 

本書の最大の魅力は金太郎の誠実さ、実直さで、それが多くのよい縁を育むきっかけになったのだと思います。

最初にお世話になった洋品問屋の辻粂吉には商売のイロハと人としての在り方を教わります。

その次の亀田時計店では、修理技術は教えてもらえませんでしたが、一流の修理の腕を見て学びます。

さらに次にお世話になった坂田時計店では、時計の修理技術を教わります。親方が親戚の請人になり、借金で店を失うことになった際、金太郎がとった誠意ある行動は後々までの語り草となりました。

 

 

自分のお店を持ってからは、卓越した技術を持ち盟友となる吉川鶴彦との出会い、外国商館との取引における信用や商慣習を教えてくれた吉邨英恭との出会い、東京商業会議所の渋沢栄一との出会いなど、誠実な態度から多くのよいご縁に恵まれていきます。

しかし、せっかく開業した店が火事で焼け、さらに関東大震災でも店や工場を全て失い、二度も店を失う危機に直面します。

 

 

それでも、生きる力を失わず、お世話になった方への恩を忘れず、誠実にお客さまや社員へ対応を行う、金太郎の生き様は本当に素晴らしく勇気付けられました。

個人事業主やこれから独立しようと考えいる方には、とても勉強になる内容だと思います。

 

 

以下に、本書で印象に残った言葉を以下に抜粋。

・腕のいい職人になるためにはどんな修業が必要か。まず、本人の修理を身につけようという意志と熱意。次に熟練の技を持った職人の修理をどれほど見るか。その上で、基本技術を徹底的に繰り返し、指先が自然に動くまで体に叩き込む。そして、修理する時計がどこを、どう直してほしいのか、時計の声を聞く。つまり、想像力と勘を鍛えることだ。

・思い通りにならないのは、何とももどかしく感じるものだし、不幸な目に遭えば己の運を、神様を呪いたくもあるものだ。でもね、今があるのは、あの時の失敗や挫折があればこそ。あの時、思い通りに事が進んでいたならば、今の成功はなかった。後で振り返ってみると、そう思えることが多々あるものなんだよ。だから人生は面白いんだ。

 

 

・自分で考え、こたえを見出すのは大切なことだし、価値ある行為には違いない。しかしね、先人が考え、見出したこたえには、耳を傾けるべき点があるのもまた事実。人生は長いようで短いものだ。白紙の状態から考えるよりも、先人の教えに従い、さらによりよいこたえを見つけるべく、そこから先を模索する方が、時間を有効に活用できるんだが、これができる人間は、そういないものだ。

・天災じゃあ仕方ないで済ませて下さるお客さまも中にはおられるだろう。だがね、商売で最も大切なのは信用だ。時計はお客さまの財産、つまりおカネと同じなんだ。これは損得の問題ではない。お返ししなければならないものは、たとえ損をしてでもお返しする。それが服部時計店のあり方なんだ。

 

 

「売る気がない」のになぜか自然と売れてしまう繁盛の法則

「売る気がない」のになぜか自然と売れてしまう繁盛の法則(clover出版)
櫻木隆志

家電量販店やネットショッピングに負けず、街の電器屋さんが生き残るために何が必要なのか、実践を通して描かれた一冊です。

 

 

売り手は利益と効率ばかりを考え、買い手は価格と利便性ばかりを考える。

いつしか商売はたんなる「モノとお金の交換」になってしまった昨今、人の心や精神、笑顔など幸せ目的へのビジネスの転換の必要性が丁寧に説明されていた良書でした。

消費者が店を選ぶ理由として、

①価格や品ぞろえ

②サービス

③人

がありますが、本書では人に着目し、お客様との信頼や好感、愛着などの関係をいかに築いていくのかが分かりやすく説明されていました。

 

 

また、サイモン・シネック氏のWhy、How、Whatの関係性を説明したゴールデンサークルについて、動画でも見たことがありましたが、本書で改めて解説されるとWhyという信念や存在意義、仕事への想いをまず伝えることがいかに大切かよく分かりました。

今までのマーケティングの遷移として、

「モノ中心の時代」から「消費者の顧客満足中心の時代」へ、

さらに現在では「人や社会の幸せを考える人間中心の時代」

に変化しているというのも納得できるものでした。

 

 

損得や利益を目的とした「商売」ではなく、信頼や好意、愛着などの絆を大事にした「笑倍」への転換の例として、本書では街の電器屋さんのやり方を紹介していましが、他の業種でも十分に役に立つ内容だと思いました。

個人事業主の方や小規模店舗の方にぜひ読んで頂きたい一冊でした。

 

使命観を持つ

松下幸之助氏の「思うまま」という本に出てきた「使命観を持つ」という内容が心に響いたので、紹介いたします。

 

 


使命観を持つ

商売というものは、利益を抜きにしては考えられない。
しかし、利益を得ること自体が商売の目的ではないと思う。

大切な事は、人々の暮らしを高めるために、世間が求めている物をよく吟味して仕入れ、
真心こめたサービスをもって顧客に提供してゆく、つまり社会に奉仕してゆくこと、
そこに自分の店が存在する意義についての確信とともに、使命観が生まれてくる。

この使命観に基づいて商売を進めてゆくならば、そこに非常に力強いものが生じてくるのである。

だから商売にあたる者は、つねに自分は何のために商売をするのかと自己反省し、
みずから使命観を持つとともに、従業員や人々に訴えていく事が大切である。
そうすれば、いわばその報酬として、おのずと適正な利益が世間から与えられてくるのだと思う。


 

 

商売を行っている者の一人として、深く心に響きました。

商売の在り方、考え方は今も昔も変わっておらず、たんに利益を得ることが目的ではなく、使命観を持って真心こめたサービスの提供、自己研鑽が必要だということが改めて身に沁みました。

今後も使命観を忘れずに励んでいきたいです。

 

 

一万円選書 北国の小さな本屋が起こした奇跡の物語

一万円選書: 北国の小さな本屋が起こした奇跡の物語 (ポプラ新書)
岩田 徹


「僕がなんのために本屋をやっているのかと言えば、ひとりでも多くのお客さんに、1冊でも多くのおもしろい本をすすめるため。おもしろい本を書いてくれた作家からもらったパスを読者につなげるのが本屋の役目。死に際まで、子どもの頃にしていた「おもしろい本の教えっこ」をしていたい」

この想いの結果、偶然たどり着いたのが「一万円選書」です。

 

 

14年前から始めた取り組みが突然ブレイクしたのは7年前。

出版不況が始まり、何をしても打開策が見つけられず、廃業まで考えた日々。

そんな中でも、「読者が今何を読みたいか」に耳を傾けて本をすすめる、ということをやめなかったからこそ起きたブレイクだと思います。

 

 

私も一万円選書に応募して、実際に岩田さんに本を選んで頂きました。

なぜ岩田さんに本を選んで頂きたいと考えたか。

小さな本屋で新しいことを色々試し、試行錯誤しながら、もうダメだと思いながらも、自分が本当におもしろいと思う本を書店に並べるというやり方を貫き通してきた岩田さんだったからです。

様々な苦労をしてきて、多くの本を読んできた岩田さんだからこそ、

「自分が新しい何かに気付くことができるかもしれない、そんな本に出会えるのではないか」

と思って一万円選書に応募しました。

#以前書いた「一万円選書に当選しました」というブログ
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/bookselect-tenthousand/

 

 

本書は、そんな岩田さんの一万円選書に対する想い、出版業界に対する想い、本屋の仕事に対する想いが描かれた一冊でした。

私が特に印象に残っている内容を以下に抜粋。

・Needsを探すのではなく、Wantsを創造する
Needsは「これがほしい」といったお客さんの顕在化している欲求で、Wantsは提供されたときにお客さんが「そうそう、これがほしかったんだ」と思うような潜在的な欲求のこと。一万円選書でやっているのは、まさに潜在的なWantsを引き出すこと。

・本には、実際に自分で読んでみないと味わえない体験がある。その人が歩んできた人生によって、読むタイミングによっても響く言葉も印象もまったく異なるものになる。実際に読んではじめて動かされる感情があるはずだ。

 

 

・もっと長い時間お店を開けていたら、もっとたくさん選書をしたら、売上は立つし、収入も増えるかもしれない。でも、僕はそこを目指していない。無闇やたらに売上を増やそう、収益を上げようとは思わない。売上や規模、目に見える数字を指標にナンバーワンを目指すんじゃなくて、誰かにとってのオンリーワンでい続けるために、長い目で自分にできることを積み上げている。

・おもしろい本を読みたくて、おもしろい本を人にすすめたくて本屋をやっているのに、仕事が忙しくて本が読めないなんて、そんな皮肉なことはない。本を読むことから1日を始めて、本に囲まれながら全国の読者に本を届け、1日の終わりに家族とともにある時間がかけがえのないものであることに感謝する、という毎日をできるだけ長く続けて生きたい。

 


「一万円選書」という小さな本屋さんの取り組みに興味がある方はぜひ読んでみて下さい。

#ちなみに、一万円選書で選んで頂いた10冊の本のうち、現在8冊が読み終わりました。
 残りの2冊も時間を見つけて読んで、全て読み終わったらどんな本が選ばれたのか紹介いたします。自分の手元に本があるといつでも読める思って、図書館で借りた本を優先してしまうせいか、案外読めないものです(笑)

 

生きるように働く

生きるように働く(ミシマ社)
ナカムラケンタ

毎月10万人が閲覧する、求人サイト「日本仕事百貨」を運営する著者の書籍です。

日本仕事百貨のサイト
https://shigoto100.com/

 

 

本書のキーワードは「自分ごと」と「贈り物」です。

・自分ごととしてはじめた、やりたいことを必要としてくれる人がいて仕事になっていく

・誰かに求められたことに、求められている以上のお返しをすること。

・生きるように働いている人たちの仕事を丁寧に観察し、いいことばかりを書くのではなく本当に共感してくれる人を集める

・大事なのは、できる限りすれ違いのない出会いをつくっていくこと

 

 

そんな著者の想いが自分の仕事になって、多くの人へ贈り物を届けるようになっていく架け橋となる「日本仕事百貨」ができるまでと、その後の展開が穏やかに描かれていました。

私はこんな求人サイトがあることを初めて知りましたが、雇用する側が、どんなことを考えて、どんな想いで仕事をしているのかをきちんと伝えるというのは、仕事を探す方にとっても大事なことだと思います。

 

 

1件1件職場を訪ねて聞いた内容を、職人のように正確にわかりやすく編集して、人と人とをつなぐ素晴らしい仕事でした。