あなたが死にたいのは、死ぬほど頑張って生きているから

あなたが死にたいのは、死ぬほど頑張って生きているから(サンマーク出版)
平光源

 

本書の冒頭から

「あなたは本当にすごいです」

と、そのすごさや頑張りを認める言葉が並び、その存在そのものに価値があることを承認されているようで、引き込まれました。

 

 

本書を読んでいくと、精神科医の平先生自身が、三浪してうつになりながら医学部に入ったり、恩師の精神科医が突然自殺したり、東日本大震災で被災したり、担当している患者さんが自殺したりと、本当に多くの苦労をされています。

そんな平先生が書いた言葉だからこそ、その一つ一つが優しさに包まれているような感覚で胸に響いてきました。

 

心が弱っている時、死にたいという考えが過ぎった時、罪悪感から抜け出せない時、そっと心に寄り添う一冊です。

 

 

以下、特に印象に残った言葉を抜粋しました。

・正しいか正しくないか、自分が悪いのか周りが悪いのか、そんなときただ「違うなぁ」、「合わないんだな」と思うことも大切。今の環境に感謝しながら、罪悪感を感じずに、自分が輝ける場所を探しても良い

 

 

・自然界においてはマイナス思考が正常。不安、緊張警報が発令することで、外敵から身を守る行動をとることができる。だからネガティブでも落ち込む必要はない。

 

・ADHDは障がいではなく能力である。医学でいう異常とはたんに基準値から外れた部分のことを言う。自分の短所と思うところは、実は天から授けられたかけがえのない長所である。アインシュタイン、モーツァルト、ジョブス、フェルペスのような創造的な仕事をする可能性を秘めている。

 

 

・うつは心の骨折のようなもの。なるべく頭や心を動かさず休養と睡眠、栄養をとって心の骨がくっつくのを待つ安静期。骨がちゃんとくっついた後、弱った心の筋肉を散歩や読書で回復させるリハビリ期間。休むことは治療であって、サボることではない。

 

・症状は、厄介ごとではなく、無茶できないようにやる気物質の分泌を抑えたり、体を休ませるためのメッセージ。頑張っている体をいたわってあげることも大事。

 

 

・日本では「人に迷惑をかけないようにしましょう」と教えられて育つ。だが、インドネシアでは「お前も人に迷惑をかけて生きるのだから、人の迷惑をも許してあげなさい」と教えられる。誰にも迷惑をかけずに生きることは不可能。迷惑を不快の連鎖ととらえるのではなく、「お互い様」、「許してくれてありがとう」と感謝の連鎖ととらえることで、見える世界が180度変わる。

 

パラ・スター

パラ・スター <Side 百花>(集英社文庫)
パラ・スター <Side 宝良>(集英社文庫)
阿部暁子 著

 

自分を救ってくれた親友の宝良が交通事故で車いす生活になってしまい、そんな宝良を窮地から救い出すとともに、車いすエンジニアを目指す百花。

無愛想で愛嬌もないが、人一倍負けず嫌いで、百花との約束を胸に車いすテニスでのパラリンピック出場を目指して奮闘する宝良。

 

 

車いすテニスという競技を通して、二人の女性の成長と友情、仕事に対するやりがいや誇りを描いた物語です。

車いすエンジニアの百花、車いすテニスプレーヤーの宝良、それぞれの側面から描かれていて、読み応えがありました。

 

 

まず百花サイド。

ユーザーにとっては相棒とも言える存在である車いすの製作に情熱を燃やす藤沢製作所のエンジニアたちの仕事に対する熱い想いや、車イスを作ることに対する誇りに胸が打たれる場面が多かったです。

 

 

以下に、藤沢製作所の面々が話した中で印象に残った言葉を抜粋しました。

「ここにいいる俺たちはみんな立場は違うが、いい車いすを作りたい、それを使ってる人に笑ってもらいたいって気持ちは同じはずだ。必要としてる人がいるってんなら俺は職人として作りてえよ。最高の競技用車いすってやつを」

 

「仕事ってのは、人に集まるもんだからな。そいつがそれまでにやってきた過去の仕事が、次の仕事と人を連れてくるんだ。おまえもそういう仕事ができるやつになれ」

 

「ねえ、山路(百花)さん、時間がかかってはいけないの?仕事って、時間をかけて自分を育てていく行為でもあると私は思います。時間をかけなければ得られないものをひとつずつ手にして、懸命に磨いて、それを世の中へ還していく。仕事とはそういうものではないかしら」

 

 

そして、宝良サイド。

スランプに苦しみながらも、新しいコーチや車いすエンジニアとともに、車いすテニスに情熱を傾ける宝良の熱い戦いが見所でした。

 

 

「強いって、悩まないことでも、傷つかないことでもないんだと思う。それは、何度でも自分の弱さから立ち上がるってことなんだと思う」

 

自分が決して強くないことを知っている宝良が、自分と同じように車いすになってしまった小学生のみちるにかけた言葉は、宝良が自分自身に常にかけている言葉であり、自分を鼓舞するために必要な言葉なんだと思いました。

また、車いすテニス会の女王である七條玲が、車いすテニスに興味を持ってもらい、車いすでも普通にテニスができる世界を作っていこうと、ひたむきに頑張る姿も好きでした。

 

 

物語の終盤、宝良と百花が同じ場所に立つ機会が訪れるのですが、あえてお互いに声をかけず、全力で自分ができることをやる姿に、信頼関係が感じられました。

スポーツが好きな人には楽しめる内容だと思います。

 

診察日記で綴る あたしの外来診療

診察日記で綴る あたしの外来診療(丸善出版)
國松 淳和


「治してあげられないかもしれませんが、何回でも診ます。
それでもよければどなたでも、どうぞ」

そんな木製のプレートがかけられた薄暗い路地裏の雑居ビルにある診療所での、一人の女医と患者さんとの一幕を日記形式で描いた読み物です。

 

 

患者さんとのやり取りと、そのやり取りを振り返ったまとめ、という形で11種類の臨床ケースが紹介されていました。

採血したり、同じ薬で様子を見たり、薬を増減したりと、初回以外はそれほど時間をかけるわけでもなく、ありきたりな診療の様子が描かれています。

 

 

著者自身も書いていますが、

「あまりパッとしないけど、実際の診療ってこんなもんだよね。何しに来てるんだろうかって思うような内容だよね。」

というものが多かったです。

診療というと、毎回何かしら進展があったり、いろいろな検査をしたりと想像していましたが、実際はそうではなくて、ゆるやかに・ゆっくり地味なことを続けていくことなのだと思います。

私は鍼灸マッサージ師ですが、臨床においてはちょっと近いところがあるように感じました。

 

 

また、診療には終結があって治って終わりというのが理想なのだとしても、本書で描かれているような「特別あるいは現実的」というケースが多く、実はそれがリアルであるというのは的を得ていると思いました。

すごく良くするとその反動がきてしまうから、患者さんに協力してもらいながら、ちょっといまいちな状態と折り合いをつけていくことだ大事という言葉は現実的で共感できるものでした。

 

 

本書の女医さんはそっけないようでいて、案外親身になったり、忙しいからと同じ処方を繰り返したり、あえて聞きたいことを聞かなかったりと、色々工夫しながら診療をしていて、人として好感がもてました。

病院での診療に興味がある方、医師がどんなことを考えているか知りたい方ににおすすめです。

 

 

誰がために医師はいる

誰がために医師はいる クスリとヒトの現代論(みすず書房)
松本俊彦

 

アディクション(嗜癖問題、依存症)臨床の専門家として、特に薬物依存症患者の治療に尽力してきた松本先生の半生を描いた実話は読み応えがありました。

 

自らの過去の過ちや後悔についても惜しみなく披露しつつ、それをその後の学びに繋げている姿勢は素晴らしいと思います。

 

 

松本先生が、薬物依存症の患者さんに対して、薬を処方したり、薬物の健康被害を説明し続ける以外のやり方を必死に考え、患者さんに教えられながら、アディクション臨床にのめり込んでいく姿が印象的でした。

 

「自分よりも薬物の知識のない医者のところにどうして俺が来ているか分かるか?それは、クスリのやめ方を教えてほしいからだよ」

 

 

こんな患者さんの言葉に衝撃を受けながら、自助グループによって患者さんが過去と未来の自分に出会う効果や、薬物依存リハビリ施設との関わり、クスリに対する欲求を抑えることができたときのやり方を聞いてみるなど、患者さんとの対話の中で、治療のきっかけを見つけていくところに大きな学びがありました。

 

 

ネズミの楽園という実験の話が例にあげられていましたが、アディクション(依存症)の反対語は、「しらふ」ではなく、「コネクション」(つながり)であるという話は興味深かったです。

 

孤立している者ほど依存症になりやすく、依存症になるとますます孤立するから、まずはつながることが大切であるという考え方は非常に納得できるものでした。

 

 

他にも、精神科臨床に真正面から挑み続けた松本先生の経験談は勉強になることが多かったです。

印象に残った内容を以下に抜粋しました。

・この世には「よい薬物」も「悪い薬物」もなく、あるのは「よい使い方」と「悪い使い方」だけである。「悪い使い方」をするヒトは、必ず薬物とは別に何か困りごとや悩み事を抱えている。

 

 

・精神疾患なんて三つしかない。泣き言と戯言と寝言だ。この偽悪的な言葉は、要するに細かな診断に拘泥するのではなく、患者自身の物語にちゃんと耳を傾けろという意味なのではあるまいか。

 

・「ダメ。ゼッタイ。」という薬物対策の標語について、この誤訳のせいで生きづらさや痛みを抱えて孤立する人たちの視点を失い、「人」の存在を無視し、薬物という「物」の管理・規制・撲滅に特化したものになってしまった。

 

紳士と淑女のコロシアム 「競技ダンス」へようこそ

紳士と淑女のコロシアム  「競技ダンス」へようこそ(新潮社)
二宮 敦人

「競技ダンス」というあまり知られていない世界を描いた実体験を元にした物語です。

 

 

物語は、ダンス経験のない大船がダンス部として過ごした大学時代のパートと、大学を卒業してから10年後の社会人になってダンスを振り返るパートが交互に展開されていきます。

ダンスというと、のんびり楽しくやるというイメージでしたが、単に「ダンスを楽しくやる部活」ではなく、そこには技術や責任、連帯感、犠牲、貢献など、体育会系ならではの決まりや同調圧力があるというのが驚きでした。

 

 

特にパートナーを決める「固定」と「シャドー」という考え方には深い闇があるとともに、決める側、決められる側、それぞれの苦悩や罪悪感が感じられ奥が深かったです。

 

 

ダンスをやる目的も、

・音楽に合わせて体を動かすのが楽しい
・普遍的なものを見つけたい
・感情のまま踊りたい

など人それぞれで、だからこそ最も人を感動させた人が一番になるという主観的な評価になるのも頷けます。

ダンスは社会の縮図、という言葉が印象的で最期まで楽しめました。