限りある時間の使い方

限りある時間の使い方 人生は「4000週間」あなたはどう使うか?
オリバー・バークマン (著), 高橋 璃子 (翻訳)


「80歳くらいまで生きるとして、あなたの人生はたった4000週だ」

私は40代なので、すでに半分以下になっている中、いかに限られた時間を受け入れるのか、考えることが多くて非常に勉強になりました。

「時間を思い通りにコントロールしようとすればするほど、時間のコントロールが利かなくなる」というのはもっともで、便利な家電や移動手段ができても、常に『時間が足りない』という問題が存在し続けています。

様々な新技術が導入され時間に余裕が生まれるはずが、もっと速く、もっと効率的にを追求するあまり、節約できた時間をありがたく思うことができず、昔よりもずっと短気になっているというのは納得できました。

 

 

日が昇れば起きて日が沈めば眠る中世の農民の生活はゴールや競争がないもので、時間や効率化という概念自体がありませんでした。

産業革命が起こって農民が工場で働くことになり、労働時間を効率的に管理するようになってから、時間に値段がつけられ、時間を「使う」ようになっていきます。

その結果、効率的、生産性、マルチタスクといった言葉が生まれ、時間の管理をするようになったといいます。

多くのタスクをこなせばこなすほど、期待値が上がって仕事が速いと評判になり、さらに多くの仕事が降ってくるという「効率化の罠」にはまっていき、時間は決して余らない仕組みになっているという考えはとても共感できました。

 

 

資本主義の成功者たちは、時間を有効活用して利益を生むための道具として使うことに躍起になるあまり、現在の生活を将来の幸福に向かうための手段としか考えられず、現在を楽しむことができないという意見も興味深かったです。

将来の利益のために人生を道具化しない貧しい国の人たちは、現在の喜びを十分に味わうことができ、幸福度の指標が高いという話も非常に納得できるものでした。

また、「アテンション・エコノミー」という人々の注意・関心に値段がつけられ、SNSなどのコンテンツ提供者がそれを奪い合っている現代において、興味のないことに無理やり注意を引きつけられ、気づかないうちに時間を無駄にしてしまうことは本当によくあることです。

これが単に時間を無駄にして気を散らすだけのものではなく、「自分の欲しいものを欲しがる能力を壊してしまう」というのが何よりも深刻だと思います。

 

 

現代人は、常に不安と焦燥に駆られ、時間に追われています。

そんな中、どうすれば結果を未来に先送りすることなく、現在の行動そのものに満足を感じることができるのか。

本書では忍耐力をつける方法として、「問題がある状態を楽しむ」、「小さな行動を着実に繰り返す」、「人真似だと言われてもくじけずに続ける」ことをあげており、その場に留まって現在地をゆっくり楽しむことを提案しています。

ほかにも、「他人と時間をシェアする」、「抽象的で過剰な期待をきっぱり捨てる」、「ただ目の前のやるべきことをやる」「ありふれたことに新しさを見出す」、「退屈で機能の少ないデバイスを使う」、「何もしない練習をする」など、限られた人生の時間を受け入れる色々な方法をあげているので、時間に追われて困っている人はぜひ本書を読んでみてほしいです。

 


限りある時間の使い方

お客さん物語:飲食店の舞台裏と料理人の本音

お客さん物語:飲食店の舞台裏と料理人の本音
稲田 俊輔 (著)


南インド料理店の総料理長が、飲食店の舞台裏やお店が考えていることを率直に語っていて読みやすかったです。

お客様に喜んでもらえるよう精一杯尽くし、お客様の気持ちを想像し、どうしたらもっと満足していただけるか考える、これは飲食店でなくてもサービス業であれば共通した想いだと思います。

 

 

本書では、お客様とのやりとりを紹介したり、著者がお客さんとしてお店に行ったときの気持ちを書いたり、他のお客さんから聞こえた話を膨らませたり想像したりしながら、飲食にまつわるあれこれが書かれていて楽しく読めました。

個人的には、飲食店側の考えとお客さんの考えの違いや、お互いの思いが伝わらずミスマッチになる話がおもしろかったです。

いくつか印象に残った内容と感想を抜粋。

 

・「ざわつかせるお客さん」で書かれていたお店にとっては、こういうものを、こういう組み合わせで、こういう風に注文してほしいという理想のスタイルがあり、変則的な注文はお店のオペレーションを乱すというのは考えさせられました。

→私はお酒が飲めませんが、量を食べるので、パスタ・シーザーサラダ・コーヒーよりも、パスタ、ピザ(または肉料理)、と注文して飲み物は水でよいタイプ。ランチでセットなら仕方ないですが、わざわざ食べたくないサラダを食べるより、パスタとピザを頼みたいのに、大食いのためのセットはまずありません。

 

 

・「マイナージャンルのエスニック」で書かれていた「もっと普及するといいですね」という言葉の裏側にある本音

→普及しすぎると困るという本音が正直に書かれていたのは共感できました。お店にメリットがある範囲でのほどほどの普及ならよいですが、普及し過ぎると店の希少性が失われるのはもっともだと思いました。

 

 

・「1000円の定食は高いのか?」で紹介されていたミスマッチの典型例

→想定より高いお店は、なぜ高いのかという価値が伝わっていないケースも多いと思いますので、どう価値を伝えるのか考えさせられました。

 


お客さん物語―飲食店の舞台裏と料理人の本音―(新潮新書)

ラブカは静かに弓を持つ

ラブカは静かに弓を持つ
安壇 美緒 (著)


全日本音楽著作権連盟、通称・全著連の職員である橘樹は、音楽教室の不正楽曲使用の裁判のため、上司から音楽教室への二年間の潜入調査を命じられるところから物語が始まります。

本書の読みどころは、以下の二つだと思います。


・子どもの頃にチェロを習っていた時に巻き込まれた事件のトラウマを抱えながら再びチェロと向き合うこと

・音楽教室に通う内にできた人間関係に対する、自分がスパイであることの葛藤

 

 


発表会の演奏曲がスパイ映画の曲である「戦慄き(わななき)のラブカ」という皮肉も楽しめました。

最初はただの仕事の一環だと思っていたのが、音楽教室のレッスンを続けていく内にチェロと真剣に向き合うようになり、同じ浅葉先生に習う他の生徒との交流ができたり、先生を囲む会に呼ばれたりして関係が深まっていく中、自分がスパイであることを隠したまま葛藤し続ける橘の心情が丁寧に描かれていて引き込まれました。

音楽の表現に何が大事なのか、ところどころに描かれている言葉も興味深かったです。


・音楽というのは不思議だ。いま目の前にないはずの情景を呼び起こすことができる

・曲を表現する時に一番、何が重要なのか?それはイマジネーションだ。的確なイマジネーションこそが、音楽に命を与える。プロもアマも関係ない。自分が育てた想像力を、この弦の上に乗せるんだ

・初めての発表会を間近に控えてのアドバイス。本番は、ちょっと遠くの小窓の向こうに音を届けるように弾いてみて

 

 


中盤以降、音楽講師の浅葉先生がコンクールを目指すことになると同時に、潜入調査も終わりを迎える時期になり、橘の心がどんどん揺さぶられていく様子は胸が締め付けられる展開でドキドキでした。

物語の終盤、音楽教室の講師が語った

「講師と生徒のあいだには、信頼があり、絆があり、固定された関係がある。それらは決して代替のきくものではないのだ」

という言葉は特に印象に残っています。

 

 

安全や安心を感じる場でないと自己開示はしにくく、自分の話をしても大丈夫という信頼。

その無数の信頼の積み重ねで構築される人間関係。

信頼を育てるのが時間なのだとしたら、壊れた信頼を修復させるのもまた時間なのだという、心療内科の先生の言葉は心に響きました。

最後まで自分の心に向き合い続けた橘を応援したくなる物語でした。

音楽が好きな方におすすめの一冊です。

 


ラブカは静かに弓を持つ (集英社文芸単行本)

スピノザの診察室

スピノザの診察室
夏川 草介


主役の消化器内科医のマチ先生こと、雄町(おまち)哲郎を筆頭に、外科医の鍋島と中将、内科医で元精神科医の秋鹿、大学の准教授の花垣、医師5年目で勉強中の南など、個性溢れる面々が繰り広げる医療のあり方を問う物語です。

著者の夏川さん自身が医師でもあるため、病気の検査、患者さんへの対応の内容がものすごくリアリティがあって、引き込まれました。

 

 

家族を失った甥を引き取るために大学病院を辞め、地域の小さな病院に転職したマチ先生の穏やかで自分の芯がしっかりしている人柄に加えて、甘党なことに好感がもてます。

大学病院では、目の前にある病気の治療を考えればよかったのが、地域の小さな病院では食事をとれない患者への点滴の有無、がんの終末期患者への言葉かけ、認知症患者のがんの治療方針など、万人が納得する正解のない問題を考える必要があります。

90代の肺炎と心不全の女性患者に「動けなくなったらどうする?」と聞かれ、『静かにおじいちゃんを待ちますか」と和やかに答えたり、70代の膵臓がん患者が「もうがんばれない」という言葉に対して、『がんばらなくて良いのです、ただ、あまり急いでもいけません』と答えたり、正解のない医療の難しさがよく分かります。

 

 

どれほど医療が進歩しても技術に人の哀しみを克服する力はなく、勇気や安心も処方できませんが、「私たちにできることは暗闇で凍える隣人に、外套をかけてあげることなんだよ」という、マチ先生の温かく優しい言葉が胸に響きました。

以下に印象に残った言葉を要約して抜粋。

・世の中の医者ってのは、心の中に二種類の人格を抱えているんだ。科学者と哲学者という二種類だ。どんな医者でもこの二つの領域を行ったり来たりしながら働いている。人によって比重は違うと思うし、大半が中道派だがね

・時代は細分化と専門化をすすめとるが、俺はそれを少しばかり元に戻したいと思うとる。外来にいても、入院になっても同じ医者が診れば安心やろう。そしてできれば往診になっても看取りになっても、ずっと診てきた医者が患者のもとに足を運ぶ医療や。時代に逆行しとるから、採算も厳しいし、病院も古いまんまやけど、それでも「安心」ちゅう一番大事なものは提供できる

 


スピノザの診察室

猫を処方いたします。

猫を処方いたします。
石田 祥 (著)


メンタルヘルスと猫を題材にした物語です。

本書では、京都を舞台に

・ブラック企業でパワハラを受ける若手社員

・突然外部から来た女性社員が上司になってイライラする中年男性

・小学四年生の娘との関係に悩む母娘

・しっかり仕事をしないと気がすまないデザイナーの女性

・祇園で芸妓をしている女性

という5つの視点で物語が描かれていますが、共通しているのが猫。

 

 

こころの病院を訪れた患者に「猫を処方します。しばらく様子を看ましょう」といって処方されるのは本物の猫なのです。

猫を処方されて戸惑う患者ですが、なんとか猫の世話をしているうちに、問題となっている症状や人間関係が変化していきます。

短編としても楽しめますが、物語の中盤からは「こころの病院」の謎が深まっていき、最後は猫が処方される理由が明らかになっていきます。

 

 

猫のちょっとした仕草で癒されたり、猫を愛する飼い主の想いにほっこりする話でした。

実際には薬を処方したり、カウンセリングをするのがメンタルクリニックですが、回復に時間がかかるため、治療の一環として猫を処方するというのは案外いい考えかもしれないと思いました。

 


猫を処方いたします。 (PHP文芸文庫)