死ぬまで、働く。

死ぬまで、働く。
池田 きぬ 著

 

戦前から看護婦、保健婦として活躍、その後も婦長など責任者の立場を中心に看護師を続け、88歳からは責任者ではなく一人の現場担当としてサービス付き高齢者住宅「いちしの里」に勤務、97歳の今も現役で働き続ける池田きぬさんの話です。

 

看護師として80年働き続けてきて、97歳の今なお現役看護師として働いている池田さんの言葉は励みになりました。

 

 

サービス付き高齢者住宅で週2回、仕事をすることが生活のよいメリハリになっているという池田さん。

年をとっても、若い人たちと協力しながらしっかりと自分のできる仕事をし、苦手なことは周囲に助けてもらいながらも働き続ける。

若い人だけでなく、ご年配でも元気な方が職場にいることで、どこかのんびりした空気になり、職場は和気あいあいとしているという穏やかな雰囲気が伝わってきました。

 

 

ITスキル、車を使っての送迎、体力仕事などは若い人にやってもらい、その分、人がいない時に率先して働いたり、同世代の入居者さんの話を聴いたり、若い人の相談に乗ったりと、うまく仕事をしていけるのは、池田さんの謙虚な人柄があるからだと思います。

仕事以外でも、

・今日やることをメモする

・野菜と花の世話、草引きをほぼ毎日やる

・新聞を読む

・苦手な料理も楽しみながら時々新しいレシピに挑戦

など、毎日自分の健康や世間の動きを把握することも怠らない姿勢は素晴らしいと思いました。

 

 

仕事は疲れるけれど、うちに帰ったときの「健康で動けた」という充実感は何物にも変えられないという池田さん。

働くことで得られる自分の役割や充実感が、元気で長生きするために必要なことなのだと本書を読んで改めて思いました。

 

 

どうしても頑張れない人たち

どうしても頑張れない人たち ケーキの切れない非行少年たち2
宮口 幸治 著

頑張っている人は支援しやすいが、頑張れない人こそ支援が必要、しかし頑張れない人を支援するのは簡単ではない。

本書では、主に頑張れない人がどんな風に考えているのか、頑張れない人をどう支援していくのかに焦点を当てて描かれていました。

 

 

「みんなと同じでなくてもいい」、「だから言った通りでしょ」、「どうしていつもあなたは…」、「でもな…」など、何気ない言葉や声かけが相手のやる気を奪うかがよく分かりました。

また、頑張れるを支える3つの基本の「安心の土台」、「伴走者」、「チャレンジできる環境」の話や、褒めるタイミングや内容など、勉強になることが多かったです。

 

 

本書の中で、少年院で少年から人気のある法務教官の言葉が特に印象的でした。

「まずは子どもたちに好かれないといけない。自分も学校でそうだったけど、嫌いな先生にどれだけ正しいことを言われても聞きたくない。嫌だと思う。」

「好かれるというのは決して甘やかすとか機嫌を取るということではない。子どもに笑顔で挨拶する、名前を覚えている、最後まで話を聞く、子どものやったことをちゃんと覚えている、そんな人と人との基本的な関係なのだ」

 

 

最終章に支援者への支援に対して述べられていますが、これも重要だと思うので、もう少しページ数を使って解説してほしかったです。

現代社会においては、他者との繋がりや関係性が希薄になっていて、支援者が孤立したり協力相手が見つからないことも多いと思います。

そういった支援者に対して、個人として、専門職として、社会として、どんな関わりが必要となってくるのか、見て見ぬ振りをする人たちを巻き込んでいく対応などについても考察してほしかったと思いました。

 

 

うさぎはなぜかめに負けたのか

藤尾秀昭 (著)「1日1話、読めば心が熱くなる365人の生き方の教科書」(致知出版社)からの紹介です。

落語家・三遊亭圓歌氏の「うさぎはなぜかめに負けたのか」という話が印象に残ったので、ご紹介いたします。(以下、本文から引用)

 


——————————————————————————————————————————
私が、笑いを交えながら人生や経営、子育てなどについて、私なりの考えを盛り込んだ、いまの落語や講演のスタイルを確立したきっかけを与えてもらったのは、遠縁に当たるジュポン化粧品本舗の故養田実社長です。

養田社長から教わった忘れられない話があります。

私が真打ちになったのは昭和62年5月。

林家こぶ平さんと一緒の昇進でした。

 

 

真打ちが発表されると、二人がいる部屋に一斉にマスコミが押し寄せたのです。

ところが、フラッシュを浴びたのはこぶ平さんだけ。
数メートル横に私がいたのですが、どこの社も見向いてもくれませんでした。

考えてみれば、こぶ平さんは正蔵、三平と続いたサラブレッド、一方の私は、いわば落語界には何の縁もない田舎生まれ、田舎育ちの駄馬でした。

私はくやしくて涙を抑えられなくなって走って外に飛び出し、電車に乗りました。そこに偶然にも養田社長がいたのです。

「歌さん(※当時は三遊亭歌之介)、浮かぬ顔してどうしたんだ」

と聞かれ、私は理由を話しました。
すると養田社長はこう切り出したのです。

「うさぎとかめの童話があるだろう。うさぎは、どうしてのろまなかめに負けたのか。言ってごらん」

 

 

私は答えました。

「うさぎにはいつでも勝てると油断があったのです。人生は油断をしてはいけないという戒めです」と。

養田社長は

「本当にそう思っていたのか。零点の答えだ」

と語気を強めて、静かにこのように話したのです。

「かめにとって相手はうさぎでもライオンでも何でもよかったはずだ。なぜならかめは一遍も相手を見ていないんだよ。

かめは旗の立っている頂上、つまり人生の目標だけを見つめて歩き続けた。

一方のうさぎはどうだ。

絶えずかめのことばかり気にして、大切な人生の目標をたった一度も考えることをしなかったんだよ。

君の人生目標は、こぶ平君ではないはずだ。賢いかめになって歩き続けなさい」

 

——————————————————————————————————————————

 

これは非常に勉強になる考え方でした。

私もうさぎがかめに負けた理由は、

「油断や慢心、いつでも勝てるという思いがあって手を抜いたから」

だと思っていました。

誰かと比較せず、今自分ができることを一歩一歩着実にこなしてくことで目標に近づいていくことの大切さが身に沁みました。

私も誰かと比べたり、目先のことばかり考えるのではなく、長い目で見て人生の目標や在り方を考えていきたいと思いました。

 

 

会社経営は常に全力疾走である

藤尾秀昭 (著)「1日1話、読めば心が熱くなる365人の生き方の教科書」(致知出版社)からの紹介です。

iPS細胞研究所名誉所長の山中伸弥氏と京セラの稲盛和夫氏の対談での話が印象に残ったのでご紹介します。

山中氏が以下のように話しました。

—————————————————————————————————————————-

 

同じ走るにしても、100メートル走を走るのと、42.195キロのマラソンを走るのとでは、走り方が全く違ってくる。

100メートル走では死に物狂いで全力疾走するが、それをマラソンでやると必ず途中で力尽きてしまう。

だから、いいタイムで完走するためにはペース配分をきちんと考えて、途中で水分や栄養を補給しながら、ペースを乱さずに走りきることが大切。

研究開発もそれと同じで、特に医学の分野では20年、30年と長い歳月を要する。途中で息切れしないよう、ペース配分を考えて毎日頑張っている。

 

 

—————————————————————————————————————————-

 

なるほど、と思って読んでいたら、、、


稲盛氏の考え方は衝撃的でした。

 

—————————————————————————————————————————-

 

「僕は違う。いつも全力疾走だ」

会社経営はマラソンと同じで、全速力で走っては長く続かないと皆さん言うが、それでは本当の競争にならない。

会社経営の経験のない素人がちんたら走っていたら、自分では走っているつもりかもしれないけど、全然勝負にならないだろう。

だから僕は、走りきれなくてもいい、最初の数キロだけでも一流選手に伍していこうという思いで、常に全力疾走してきた。

周りはいつまで続くかと見ていたのだろうが、走っているうちにそれが自分の習い性となり、今日まで続いている。

最初から全力で走ろうと決めて、必死になって先頭集団に追いつこうと意気込んで走り続けてきたからこそ、実を結んだと思っている。

 

 

—————————————————————————————————————————-

 

プロの世界の厳しさやプロとはどうあるべきかを示してくれた教えだ、と山中氏は言っていました。

私自身も個人事業主であり経営者ですが、山中氏のようにペース配分を考えて長く続けられるようにと考えていました。

 

 

とはいえ、ただ漠然と事業運営していてもうまくいかずいつの間にか取り残されてしまうと思いますので、稲盛氏のように何事も全力疾走でやり続ける姿勢も大事だと考えています。

これらの考えを参考にしながら、何事にも全力で取り組みつつ、自分自身の体調を損なわないよう、気を付けながらやっていきたいと思います。

 

 

一橋桐子(76)の犯罪日記

一橋桐子(76)の犯罪日記(徳間文庫)
原田ひ香

人に迷惑かけない老後を送るためには、どう生きればいいのかをテーマにした小説です。

76歳になり、同居していた親友も亡くなり、途方に暮れる一橋桐子(ひとつばしきりこ)。

人に迷惑をかけないように老後を過ごすには、刑務所に入ればよいのでは?と考え付きます。

あんまり人に迷惑をかけずに重い罪になる犯罪は何だろうと模索しながら、どうやって老後を生きていくか考える物語に引き込まれました。

 

 

万引、偽札、闇金、詐欺、誘拐、殺人と章が後半になるほど、重い罪となる犯罪について検討していく展開です。

身寄りもなく頼れる親族もおらず、わずかな年金と清掃のパートでは毎日を過ごすのがやっとで貯金もできません。

そんな桐子が、犯罪を犯すべきか葛藤する様子がリアルで、不安な老後をどう過ごしていくのか、心に響く内容でした。

 

 

特に、誰にでも丁寧に接する桐子の人柄の良さが好きでした。

終盤はどうなるかとハラハラしながら読みましたが、桐子の人柄や真面目さ、責任感が伝わってくる終わり方で読後感もよかったです。

ドラマ化するなら市原悦子さんがぴったりの配役だと思いました。