望ましくないやり方に気付いてもやめるのは難しい

「アレクサンダーテクニーク ある教師の思索」(幻冬舎)からのご紹介です。

Patrick J.Macdonald 細井史江 訳

アレクサンダーテクニークは、間違ったpostural behaviour(姿勢を伴う行動、振る舞い、習性)に気付き、それを抑制し、よいpostural behaviourに差し替える能力と説明されています。

望ましくないやり方に気付いたら、やめればよい。が、「言うは易く、行うは難し」と言われています。

まず気付くことが難しい。鏡で自分の姿をみても、どれだけ正しく認識できるかは微妙で、実は人は自分の見たいものしか見えていない。

そのやり方が馴染んで習慣化しているので、特に違和感を覚えず、目にうつらない。次に、気付いたとして、それをやめることはさらに難しい。

なぜなら、そのやり方が習慣となったのには、長い時間がかかっており、それなりに「合理的な」理由があって習慣化したのである。

たえとば、歩く、椅子から立つ、座るのような日常的でありふれた動きは、普通、あまり注意を払わず、何気なく行っている。

たとえどんなに不自然な特徴的なやり方をしていたとしても、自分がどのように行っているかを正しく認識しているものは少ない。

それだけに無意識に根ざした習慣なのである。

少なくとも現在行っているそのやり方は、その人にとって馴染んだ、当たり前の日常であり、それを変えることは自分の「常識」を返ることなので、新しいやり方の方がより良い使い方であると頭で理解しても、違和感を覚えたり、間違ったことを行っているような感覚にとらわれたりすることもある。

つまり、姿勢を変えるということは、自分のこれまでの考えや常識を変えることにほかならず、その人自身の意識の深い部分に向き合うことになる。

これは、鍼灸マッサージの治療を行うにあたっても大事なことだと思いました。

まず体を緊張させたり、凝り固まっているということに気付く。

そのあと、それをどう改善していくか、患者さんと一緒に考えていく。

そうやって少しずつ長年の習慣と向き合いながら自分の体のことに向き合っていく。

そんな治療を目指したいと思います。

アレクサンダーテクニーク 「ある教師の思索」から

「アレクサンダーテクニーク ある教師の思索」(幻冬舎)からのご紹介です。
Patrick J.Macdonald 細井史江 訳

本書は、幼少期からアレクサンダー自身にテクニークを学んだマクドナルドさん自身が、自身の勉強のために残した私的なメモや、教師からの質問に真摯に答えた内容になっています。


アレクサンダーテクニークとはなにか?

これを人に説明するのは非常に難しいと思うのですが、本書の中で分かりやすく説明されていたので、いくつかを抜粋しました。

アレクサンダーテクニークは、間違ったpostural behaviour(姿勢を伴う行動、振る舞い、習性)に気付き、それを抑制し、よいpostural behaviourに差し替える能力


さらに具体的にどんなことをしているか、と質問された場合には以下のように説明されていました。


誤った行動パターン(習性)を認識すること、それらをインヒビジョン(抑制)すること。
それらを打ち消すためにダイレクション(方向づけ)を与えること。
自分が実際にしていることに対して感覚はうそをついているかもしれないと認識すること。


単に姿勢という固定的なものを学ぶものではなく、「適切な体勢(姿勢)で行われる動き」を学ぶという考え方も重要だと思いました。

身体を動かす


アレクサンダーテクニークはポジション(型、形、位置)を教えるのではない。


すべての普通のポジション(通常のすべての動きにおけるからだの体勢)における正しいコーディネーションを教えるのである。


アレクサンダーテクニークは「姿勢の規格化」と説明されることがあるが、「姿勢」にはあまり重きをおいていない。
私はむしろ「postural activity 適切な体勢(姿勢)で行われる動き」という言葉を使いたい。


それによって、「姿勢」という言葉からすぐに連想されるような固定的なかたちという発想から逃れたい。

患者さんの動きの観察

先日、アレクサンダーテクニークのレッスンを受けて気がついたことがありました。

私は、患者さんに何か動作をしていただくときに

「○○がどこまでできるか確認したいので、△△を動かしてみていただけますか?」

と言ったお願いをよくしていました。

 

たとえば、

「座った状態で胴体がどこまで曲げられるか確認したいので、身体を前に倒していただけますか?」

と言った感じです。

何のために動作をするのか、その目的を説明したうえで動いてもらった方が患者さんにも伝わると思っているからです。

ところが、アレクサンダーテクニークの先生からは、目的を伝えずに日常動作をするようなつもりでお願いしたがよい場合も多いと言われました。

さきほどの例だと、

「座った状態で、身体を前に倒してみましょうか?」

といった感じになります。

なぜなのか。

「○○したいので」と伝えてしまうと、試験をされているようで、かえって身体が固まってしまうことがあるからだそうです。

そうは思わなくても無意識に身体が緊張してしまうこともあるかもしれません。

目的を伝えないで日常行う動作をそのままやっていただく方が、その患者さんの自然な動きが見られるのです。

ただ、患者さんによっては目的を知りたがる方もいるかもしれないので、そのあたりは状況に応じてやっていくのがよさそうです。

また一つ勉強になりましたので、早速臨床でも生かしていきたいと思います。

アレクサンダー・テクニークにできること

アレクサンダー・テクニークにできること(誠信書房)
D・キャプラン 芳野香訳

アレクサンダー・テクニークによるからだの使い方が非常に分かりやすく解説されていた良書です。

アレクサンダー・テクニークのからだの使い方の基本は以下の4つです。

・頭が前と上にバランスを保つことができるよう首の筋肉を解放してあげる

・胴体が長く広くなれるように解放してあげる

・脚が骨盤から自由になれるよう解放してあげる

・肩が左右に広がることができるよう解放してあげる

いずれも、「~しなければならない」といった強制ではなく、「~解放してあげる」という、不必要な緊張をなくすという考え方であり、共感できるものでした。

 

特に、本を読む、運転する、重いものを運ぶ、床の物を取るなど、日常生活に関わる動作に対するからだの使い方が丁寧に説明されていたのがよかったです。

アレクサンダー・テクニーク完全読本

アレクサンダー・テクニーク完全読本(医道の日本)
リチャード・ブレナン 青木紀和訳

アレクサンダーテクニークに関する書籍は何冊も読んでいますが、本書がもっとも分かりやすく説明されていたと思います。入門書として読むには最適だと思いました。

まず3つのパートに分かれている目次が分かりやすかったです。

1 アレクサンダー・テクニークを知ろう
2 アレクサンダー・テクニークの理解を深めよう
3 アレクサンダー・テクニークを生かそう

インヒビション(抑制)や指示(ディレクション)、エンドゲイニング(結果志向)、プライマリーコントロールなど、アレクサンダーテクニーク特有の言葉についても分かりやすく解説されていました。
ところどころにあるエクササイズも分かりやすくて体に気づく手助けになると思いました。

姿勢や動作という単なる運動という要素ではなく、意識の仕方という要素も含まれており認知行動療法に通じるというのも理解できました。

個人的には「気づきと観察」の章が、自分が何をしているのかに目を向けるのにもっとも役立ちました。

アレクサンダー氏の書籍からの引用が随所で紹介されているのもよかったです。
私がもっとも好きだった言葉は以下の通り。

「あることが、肉体的か、心理的か、精神的かにかかわらず、あなたは全て筋の緊張として翻訳してしまうだろう」

筋の緊張を解放していくことで、体の姿勢だけでなく内面的な姿勢も変えるというアレクサンダーテクニークの本質をついていると思いました。