Touching Presence – 存在に触れる

Touching Presence – 存在に触れる: ありのままの今にいるということ
トミー・トンプソン

 

私がアレクサンダーテクニークを習っている先生から紹介された書籍です。

本書は「アレクサンダーテクニークとは何か」という説明はほとんどありません。

すでにアレクサンダーテクニークに関する知識があって、さらにそれを高めたい、深めたいと考えている人に対して、著者の実体験を通して得た知見や気付きを提供した内容になっています。

 

 

いる(being)、する(doing)、させてあげる(let)といった、本当に微妙な言葉の表現の仕方にも気遣いが見られ、意識や意図など、考えさせられることが多かったです。

一度読んだだけではとてもすべてを理解できるものではないので、繰り返し読みたいと思います。

 

 

個人的に特に印象に残った内容を以下に抜粋しました。

 

・定義を保留することについて

刺激に対する習慣的反応を後押ししないという点は「抑制」というコンセプトと同じだが、「定義を保留する」という考え方の方が、次に何をするという強調がなく、よりフィットするやり方で環境や他者と関わっていくこと目指していて、テクニークというより心的態度を表している。

→抑制というと、「○○をしないで、別のディレクション(意図・思考)を送り出す」というイメージだったが、定義の保留の考え方はもっと柔軟性があるように感じられた。

 

 

・教師の役割について

アレクサンダー教師は相手の生徒が吸収できる情報の量と、吸収し終えたタイミングに敏感でいる必要がある。手放すことを生徒に提案するとき、あなたがまだそこにいるか?そこにいてもらっていると感じられない場合、生徒は手放さない。

→ただ自分の考えだけで相手を判断しようとするのではなく、サポートがあるのを感じられる場を保っているという前提があって相手を送り出してあげるという姿勢は、アレクサンダーテクニークはもちろんのこと、他の教える、導くという仕事においても重要な考え方だと思った。

 

 

・プライマリーコントロールについて

頭が首に対して特定の関係性にあることで脊椎が制約なく健やかに機能でき、これが生体全体に影響を与え、私たちが重力に応じてどう動くかにも確実に影響が及ぶというプライマリーコントロールの考え方がある。

よく「頭がリードして身体がついてくる」という言い方をするが、それは正確ではなく、リードするのは注意と意図であり、それ以外の自分全部が活動に入るべく調整される。

→これを説明するための文章があるのだが、それが丁寧で分かりやすく、プライマリーコントロールの理解を深めるものになっていた。以下にそれを抜粋。

 

 

注目すべきは首はそれ自体で存在する何かではなく、頭とそれ以外をつなぐ連結部で、首は頭のための肢体、頭が動き回るための手段なのだ。

 

首の任務は頭、すなわち当人の注意と意図についていくために必要となる大きな可動域を用意することで、何かを見ようとするたびに毎回全身の向きを変えなくても済むようにすること。


首の筋肉は、頭が動けるようにすると同時に、動いている最中の頭を支えてもいて、首の筋肉と関節には圧倒的多数の感覚機構が備わっていて、それらは頭が今どこにありどう動いているかを身体システムに常時レポートしていること。

 

 


これによって、頭・首以外のすべての部位が当人の置かれている状況を把握でき、協調のとれた、サポートとバランスのあるやり方で、当人の注意と意図に沿って活動に入っていけるよう自らを整えられるようになっている。 

 

ピアニストのためのアレクサンダーテクニーク

ピアニストのためのアレクサンダーテクニーク(ヤマハミュージック)
森朝

今まで読んだアレクサンダーテクニークの本は、アレクサンダーテクニークがどんなもので、どういった特徴があって、どう考えていくのか、というところに重点を置いているものがほとんどでした。

本書では体のメカニズムや具体的な練習方法、演奏の悩みなどが分かりやすく描かれていて、実用的でした。

「ピアニストのための」とタイトルにありますが、体への意識付けの基礎練習やクセが反射的に起こるのを防ぐ練習は全てに共通しているし、演奏の悩みについても手を使って仕事をする職業なら本書に描かれていることは役にたつ内容だと思います。

鍼灸マッサージ師としても、とても勉強になりました。

望ましくないやり方に気付いてもやめるのは難しい

「アレクサンダーテクニーク ある教師の思索」(幻冬舎)からのご紹介です。

Patrick J.Macdonald 細井史江 訳

アレクサンダーテクニークは、間違ったpostural behaviour(姿勢を伴う行動、振る舞い、習性)に気付き、それを抑制し、よいpostural behaviourに差し替える能力と説明されています。

望ましくないやり方に気付いたら、やめればよい。が、「言うは易く、行うは難し」と言われています。

まず気付くことが難しい。鏡で自分の姿をみても、どれだけ正しく認識できるかは微妙で、実は人は自分の見たいものしか見えていない。

そのやり方が馴染んで習慣化しているので、特に違和感を覚えず、目にうつらない。次に、気付いたとして、それをやめることはさらに難しい。

なぜなら、そのやり方が習慣となったのには、長い時間がかかっており、それなりに「合理的な」理由があって習慣化したのである。

たえとば、歩く、椅子から立つ、座るのような日常的でありふれた動きは、普通、あまり注意を払わず、何気なく行っている。

たとえどんなに不自然な特徴的なやり方をしていたとしても、自分がどのように行っているかを正しく認識しているものは少ない。

それだけに無意識に根ざした習慣なのである。

少なくとも現在行っているそのやり方は、その人にとって馴染んだ、当たり前の日常であり、それを変えることは自分の「常識」を返ることなので、新しいやり方の方がより良い使い方であると頭で理解しても、違和感を覚えたり、間違ったことを行っているような感覚にとらわれたりすることもある。

つまり、姿勢を変えるということは、自分のこれまでの考えや常識を変えることにほかならず、その人自身の意識の深い部分に向き合うことになる。

これは、鍼灸マッサージの治療を行うにあたっても大事なことだと思いました。

まず体を緊張させたり、凝り固まっているということに気付く。

そのあと、それをどう改善していくか、患者さんと一緒に考えていく。

そうやって少しずつ長年の習慣と向き合いながら自分の体のことに向き合っていく。

そんな治療を目指したいと思います。

アレクサンダーテクニーク 「ある教師の思索」から

「アレクサンダーテクニーク ある教師の思索」(幻冬舎)からのご紹介です。
Patrick J.Macdonald 細井史江 訳

本書は、幼少期からアレクサンダー自身にテクニークを学んだマクドナルドさん自身が、自身の勉強のために残した私的なメモや、教師からの質問に真摯に答えた内容になっています。


アレクサンダーテクニークとはなにか?

これを人に説明するのは非常に難しいと思うのですが、本書の中で分かりやすく説明されていたので、いくつかを抜粋しました。

アレクサンダーテクニークは、間違ったpostural behaviour(姿勢を伴う行動、振る舞い、習性)に気付き、それを抑制し、よいpostural behaviourに差し替える能力


さらに具体的にどんなことをしているか、と質問された場合には以下のように説明されていました。


誤った行動パターン(習性)を認識すること、それらをインヒビジョン(抑制)すること。
それらを打ち消すためにダイレクション(方向づけ)を与えること。
自分が実際にしていることに対して感覚はうそをついているかもしれないと認識すること。


単に姿勢という固定的なものを学ぶものではなく、「適切な体勢(姿勢)で行われる動き」を学ぶという考え方も重要だと思いました。

身体を動かす


アレクサンダーテクニークはポジション(型、形、位置)を教えるのではない。


すべての普通のポジション(通常のすべての動きにおけるからだの体勢)における正しいコーディネーションを教えるのである。


アレクサンダーテクニークは「姿勢の規格化」と説明されることがあるが、「姿勢」にはあまり重きをおいていない。
私はむしろ「postural activity 適切な体勢(姿勢)で行われる動き」という言葉を使いたい。


それによって、「姿勢」という言葉からすぐに連想されるような固定的なかたちという発想から逃れたい。

患者さんの動きの観察

先日、アレクサンダーテクニークのレッスンを受けて気がついたことがありました。

私は、患者さんに何か動作をしていただくときに

「○○がどこまでできるか確認したいので、△△を動かしてみていただけますか?」

と言ったお願いをよくしていました。

 

たとえば、

「座った状態で胴体がどこまで曲げられるか確認したいので、身体を前に倒していただけますか?」

と言った感じです。

何のために動作をするのか、その目的を説明したうえで動いてもらった方が患者さんにも伝わると思っているからです。

ところが、アレクサンダーテクニークの先生からは、目的を伝えずに日常動作をするようなつもりでお願いしたがよい場合も多いと言われました。

さきほどの例だと、

「座った状態で、身体を前に倒してみましょうか?」

といった感じになります。

なぜなのか。

「○○したいので」と伝えてしまうと、試験をされているようで、かえって身体が固まってしまうことがあるからだそうです。

そうは思わなくても無意識に身体が緊張してしまうこともあるかもしれません。

目的を伝えないで日常行う動作をそのままやっていただく方が、その患者さんの自然な動きが見られるのです。

ただ、患者さんによっては目的を知りたがる方もいるかもしれないので、そのあたりは状況に応じてやっていくのがよさそうです。

また一つ勉強になりましたので、早速臨床でも生かしていきたいと思います。