平均化訓練の講座に参加しました②

先日、「平均化訓練」の講座に参加しました。

①平均化訓練を体験することを目的とした講座と、②体験後に個別に平均化訓練を深める講座があり、両方とも参加したので、2回に分けて感じたことを書きます。

今回は2回目の講座について書いていきます。

今回も平均化体操と背骨を動かすことを中心とした講座でしたが、その内容が前回に比べてより深くなっていました。

(1)平均化体操

前回は、

「力で押しあって相手の姿勢を崩し、そこから自然な体の動きを受け入れていく」

だけだったのですが、今回は

「力の入れ具合に差をつけてみて、それで体の緊張具合や平均化した筋肉がどう変わるか観察する」

というものでした。

全力で押しあった場合、力を2段階に分けて押し合った場合、ただ触れ合って軽く押し合った場合、それぞれやってみました。

全力で押し合っても、軽く押し合っても、最終的には普段使われていない筋肉(私の場合は、左肩~脇の下)が緊張しました。

おそらく、軽く触れ合った場合だけをやっていたら、その変化は分からなかったと思います。

全力で押し合うことを先にやったから、軽く触れ合っても自分の体が変化することが分かり、練習すれば必ずしも全力で力を入れないとできないわけではないということが分かりました。

逆に、ある程度熟練してより細かいことに気付くには、全力でやるよりも、軽くやっていく方が効果的なのだと思います。

(2)背骨の運動

前回は、楷書体と呼ばれる基本の形だけを練習しました。

今回は、2つのことをやりました。

1)楷書体をやりながら背骨に触れる

私自身、患者さんへの施術で体に触れることをやっているので、体に触れながらやれば可動域が広がるのだろうということは分かっていました。

実際にやってみて思ったのは、本当に軽く触れるだけでも、かなり大きく可動域が変化するということです。

また、一度触れたあとは、触れられた場所への意識が残っているため、触れずに同じ動きをやっても同程度の可動域になります。

動きが緻密になると、的確なポイントに触れないと可動域が変化しにくいと思いますが、大雑把な動きなら、どんな触れ方をしても結構動きが変化しました。

案外、自分の背骨が使い切れていないのだなと自覚した経験でした。

2)楷書体の形を連続的に動かしていく行書体

連続して動かすことで、動きの連動の中で使えていない背骨や筋肉に意識を向けていくというものです。

これは結構難しかったです。
動く方に気をとられて、体の緊張や動かしにくい筋肉に気付くといったことまで考えられませんでした。

最後に、2回参加してみて思ったことをまとめてみます。

この講座は「いかに自分自身の体への気付きを高めていくか」がとても重要だということです。

人それぞれ使われていない筋肉、使いすぎて緊張している筋肉は違いますが、他人が見てもなかなか見つけることができません。

では自分自身なら気付けるのか?というと、それも簡単ではありませんでした。

「あれ?なんとなくここが緊張しているな」といったことに気付いていくことを積み重ねることで、少しずつ自分の体への感度を高めていき、それが体の使い方の変化に繋がっていくという感じです。

野口先生が著書で書いていますが、、、

平均化訓練は即効性は求めておらず、ゆっくり着実に変化していくこと、自分自身の気付きによって変わっていくことを重視しています。

今回の講座に参加して、自分自身の体に目を向けることで、新たな気づきを得て、それが患者さんの治療にも繋がっていくのだと思いました。

参考書籍

平均化訓練(春秋社)
野口 晴胤

平均化訓練の講座に参加しました①

先日、「平均化訓練」の講座に参加しました。

①平均化訓練を体験することを目的とした講座と、②個別に平均化訓練を深める講座があり、両方とも参加したので、2回に分けて感じたことを書きます。

今回は1回目の講座について書いていきます。

まず、平均化訓練とは、体が動くとき、無意識に使っている筋肉と使っていない筋肉があり、それに気が付いていくというものです。

講座は実際に体験してみることが中心で大きく二つのことをやりました。

(1)背骨を動かす

脊椎動物の背骨は、脳と体を繋ぐ運動の中心軸となっており、すべての筋肉と繋がっています。
だから、背骨を丁寧に動かすことで、可動性の悪い背骨を見つけて、そこを動かそうとしたときに働いていない筋肉に気付いていくというものです。

背骨を動かす際、体を前後、上下、左右に軸を意識して動かしていきます。
一人でやる練習とペアになって二人でやる練習がありました。

私は左腰に特に重さを感じました。
おそらくこれが普段働いていない筋肉なのだと思います。

(2)体を平均的に動かす平均化体操

これは基本的にペアか複数人でやりました。

力で押しあって相手の姿勢を崩し、そこから自然な体の動きを受け入れていきます。

これはやってみると不思議で、体がいろんな姿勢に自由に動いていくのですが、肩、腰、足など、様々な場所に力が入っていくのが感じられました。

なるほど、これは本を読むだけでは分からないです。

「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない」

というアインシュタインの言葉の通りでした。

さて、これで何か体が変化するのか?

この講座の翌日は全体的に筋肉痛になりました。

激しく運動したわけではなく、ゆっくり体全体を使って動いただけなのですが、普段働いていない筋肉が使えたということかもしれません。

2回目の講座に続きます。

参考書籍

平均化訓練(春秋社)
野口 晴胤

習慣化を継続する

現在、医師の黒丸尊治先生が主催する、意志力・習慣力セミナーを学んでいます。

その学びの中から印象に残ったことや気付いたことを紹介します。

黒丸尊治先生のサイト
https://kuromarutakaharu.com/

「新たな習慣を身につけよう」と思ったとき、どうしたら習慣化できるかについて考えていきます。

今回は習慣化したことを継続していく方法です。

①ご褒美をあげる

習慣行動をしたら、好きなことや嬉しいことをするというものです。
例:英会話の勉強をしたらお菓子を食べる、運動したらスマホゲームをする

②仲間や家族と一緒にやる

一人では続かないことでも、誰かと一緒なら継続できるかもしれません。
例:犬と一緒に散歩(ウォーキング)する、友人と一緒にジムへ行く

③例外ルールを作る

仕事で帰りが遅くなったり、体調が悪くて習慣行動ができないこともあると思います。
その場合、ほとんど労力をかけずにできる課題だけでもやることでOKとするルールを作っておきます。
または一気に2日分やることもOKにしてもよいです。

なかなか習慣化できずに失敗することもあると思います。

大事なのは、失敗を繰り返しながら、よりよい方法を見つけていくことです。

かのトーマス・エジソンも以下の名言を残しています。

・私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ。

・私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

諦めずに、長い目で習慣化に取り組んでいただくのがよいと思います。

習慣化へのきっかけ作り

現在、医師の黒丸尊治先生が主催する、意志力・習慣力セミナーを学んでいます。

その学びの中から印象に残ったことや気付いたことを紹介します。

黒丸尊治先生のサイト
https://kuromarutakaharu.com/

「新たな習慣を身につけよう」と思ったとき、どうしたら習慣化できるかについて考えていきます。

①まず、身につけたい習慣の意味づけをすることが重要です。

何のためにそれをやるのか?
その習慣が身についたらどんないいことがあるのか?

そんなことを意識しながら身につけたい習慣を考えます。

例えば、英会話をやりたいと思ってもその理由が「なんとなくかっこいいから」とか「周りがやっているから」といった意味づけでは習慣化するのは難しいと思います。

一方、「同じ学校にアメリカ人がいて友達になりたい」とか「仕事で半年間海外へ行くことになりそう」といった理由であれば、習慣化できるかもしれません。

②次に、「ほんの小さな一歩」から始めるということです。

いきなり多くのことをやろうとしても、3日坊主で終わってしまいます。

例えば、1日腕立て30回という目標を立てた場合、今まで腕立てをほとんどやっていない人は、おそらく続かないと思います。

これを30回ではなく、3回にしたら、続くかもしれません。

さらに、いつやるか決めておくことも大事です。

「空いている時間」としてしまうと、なかなかやらないことが多いので、起床時、昼食後などとタイミングも考えておく必要があります。

既存の習慣とセットにするのもよい方法です。

通勤電車に乗ったら英会話を聞く、トイレに入ったら本を読む、といった感じです。

③そして、やったことの記録をつけることも次につながりやすいです。

手帳に書く、スマホにチェックする、カレンダーに印をつける、何でもよいです。

やったことを「見える化」しておくと、満足感が高まって継続しやすくなります。

身につけたい習慣がある場合、この①~③のことを考えながらやってみるとよいと思います。

次回は、習慣化を継続する方法について考えていきます。

小さな行動がやる気につながっていく

現在、医師の黒丸尊治先生が主催する、意志力・習慣力セミナーを学んでいます。

その学びの中から印象に残ったことや気付いたことを紹介します。

黒丸尊治先生のサイト
https://kuromarutakaharu.com/

「新たな習慣を身につけよう」と思っても、なかなか継続して実行するのは難しいと思います。

何かをしようとする場合、まず「やる気」があって、そのあとで「行動」と思いがちですが、実は違うそうです。

まず小さなことから「行動」し、それが「やる気」につながっていくと考えるのです。

小さな行動の積み重ねを続けていくと、脳内の神経細胞が新しい結合を作っていき、脳の構造が変化していきます。

その結果、行動が習慣化し、日常でやりたいことが少しずつ明確になっていきます。

自分自身を振り返ってみても、何かやろうと思っても、なかなか手が出ずに先延ばしになってしまうことがよくあります。

例えば、「このブログを書く」というのもそうです(笑)

それでも、

「とりあえずちょっとだけ書いてみるか」

と思って行動すると、なんとなく勢いがついて一気に書き上げてしまうこともよくあります。

やる気が起こるまで待って何もしないよりも、まず小さな行動をすることで、やる気が出てくる。

それが習慣化の第一歩なのだと思います。

おかげさまで週2回のブログ更新もなんとか続いています(^^