ホーム > 施術の流れ

施術の流れ

flow

1.医療面接

flow
はじめに現在の症状、経過、日常生活で困っていることなどを伺います。
また、現在の症状に関係がある可能性があるため、既往歴、服用しているお薬なども伺います。

2.身体診察

flow
主に、首、肩、背中、腰、足の状態を観察し、体のゆがみ、凝りの状態を確認します。

必要に応じて、肩や膝、体全体を動かしながら、痛みや違和感が起こる状態を再現します。

これは、患者さんがどんな動作がつらいのかを把握するとともに、治療前後で体の状態がどう変化したかを確認するためです。

※通常は着てきたお洋服で施術をします。ゆったり目のお洋服でいらしてください。
 必要な方にはお着替えも準備してありますので、お気軽にお声かけください。

3.施術

flow
あんま・マッサージ・指圧、はり・きゅうを用いて施術を行います。

どの治療手段を用いるかは患者さんの体の状態をみながら決めていきます。

例えば、

・凝りが強い場合 →
マッサージで体全体の緊張を緩和してから鍼を行う

・冷えがある場合 →
お灸とマッサージを併用して血流を改善していく

という感じです。

4.施術後の確認

flow
治療前後でお体や症状がどう変化したか確認します。
慢性の症状の場合は1回の治療で大きく変化しないこともありますが、患者さんの主観的変化と、施術者側の客観的変化の双方を確認します。

5.アフターケア、養生に関するアドバイス

flow
体の使い方や、症状を悪化させないポイント、簡単なストレッチなど、 ご自身でできる養生を助言させていただきます。
また、必要に応じて置き鍼やテーピングも行います。

病気を治すのは患者さん自身の体です。
私はそのきっかけを提供するだけです。

そのため、患者さん自身が積極的に病気を治そうという気持ちに働きかけ、 患者さんと施術者が協力して治療を行っていきます。


 

お問い合わせはこちらへ!

ページトップに戻る