こころと身体の法則_ものごとがうまくいかない時

「こころと身体の法則」という書籍からの紹介です。

「こころと身体の法則」(PHP研究所)
ジョン・A・シンドラー、伊藤真 訳

現在では不定愁訴や心身症など、体の病気に心が大きく関係していることは広く認知されていますが、著者は、今から約70年前にすでに「体の病気の50%は心に起因する」という持論を提唱していました。

今回は、本書の「ものごとがうまくいかなくなってきたら」の話を紹介します。

ものごとがうまくいかないとき、イライラしたり、悔やんだり、人に当たったりすることはよくあると思います。

そんな時にどんな心構えで乗り越えるかが解説されていました。

まず、いつでも心にとどめておく言葉があります。

「いつでも落ち着いた、明るい考え方や態度をとろう。今、この瞬間も。」

この言葉によって、意識的に思考をコントロールします。

次に、望ましくない感情や気持ちを、入れ替えるようにします。

心配、不安、恐れ、落胆 → 落ち着き、勇気、決意、謙虚さ、明るさ

その際、表向きは、他人に対する優しさや笑顔、ちょっとしたユーモアなどで、気持ちを少しでも軽くすることが大事です。

そして、以下のような明るい気持ちを自分に言い聞かせることです。

落ち着き :「平常心でいこう」
謙虚さ  :「この逆境を潔く受け入れよう」
勇気   :「だいじょうぶ、まだまだいける」
決意   :「この敗北も勝利に変えてやろう」
明るさ  :「確かにやられた。でも終わりじゃない」
快活さ  :「それでも善意と誠意を失わず大切にしよう」

つらい時に明るい気持ちにするのはなかなか難しいと思いますが、起こった出来事に対して、どんな気持ちで向き合っていくのかが大切なのだと思いました。

こころと身体の法則_からだの不調をわざわざ探さない

「こころと身体の法則」という書籍からの紹介です。

「こころと身体の法則」(PHP研究所)
ジョン・A・シンドラー、伊藤真 訳

現在では不定愁訴や心身症など、体の病気に心が大きく関係していることは広く認知されていますが、著者は、今から約70年前にすでに「体の病気の50%は心に起因する」という持論を提唱していました。

今回は、本書の「からだの不調をわざわざ探さない」という話を紹介します。

どこか痛いところがないかと探して心配することで、なんでもないちょっとした痛みが、本当にひどい痛みになっていくという話です。

本書は1954年にアメリカで出版されたのですが、その時点でも病気に関する情報があふれていて、現代人は絶えず病気の心配をしているという記述があるのですが、インターネットで誰でも何でも検索できるようになり、昨今ではそれがさらに加速していると思います。

もちろん本当に病気が隠されているかを検査する必要はありますが、根拠もなく常に不安を抱いていることが心因性のからだの病気につながっていきます。

「無用な心配をせず、自分は健康だと思って暮らす」というのも、考え方の一つとして大切なことだと思いました。

青天を衝け 大河ドラマ館が開館しました

2021/2/14(日)から大河ドラマ「青天を衝け」が始まりました。

主人公のモデルとなる渋沢栄一は、2024年に新一万円札の肖像画となる人物です。

「日本資本主義の父」と呼ばれており、政府を尊んで人民が虐げられることのない社会を実現させようとしました。

みんなが幸せになることを目指した栄一は、電気、ガス、水道、銀行、鉄道など、私たちの暮らしを支える大切な企業を興しました。その数は、500社に及びます。

本ドラマは、江戸後期から明治、大正、昭和の時代を駆け抜けた渋沢栄一の物語です。

さて、渋沢栄一は当院がある東京都北区の飛鳥山に本邸を構え、生涯を過ごしました。

ドラマが始まることを記念して、

「東京北区渋沢栄一プロジェクト」

が発足し、2021/2/20(土)に大河ドラマ館が開館しました。

興味がある方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

#東京北区渋沢栄一プロジェクト
http://shibusawakitaku.tokyo/

#大河ドラマ館公式サイト
https://taiga-shibusawa.tokyo/

昼寝効果で仕事も街も活性化

産経新聞に掲載されていた記事からのご紹介です。

「昼寝効果で仕事も街も活性化」という記事です。

img20210204_powernap

福岡市が、寝具メーカーの西川と共同で昼寝を充電として前向きにとらえて推奨する運動を展開しているそうです。

英語で昼寝を意味するナップ(nap)とパワーアップ(powerup)を組み合わせた

「パワーナップ」(PowerNap)

プロジェクトと称して働く人の健康づくりを支援する活動を始めました。

記事では、

「本当に眠い時は昼寝をするとリフレッシュして仕事に集中できる」

と書かれていますが、実は私も以前からたまに昼寝をしています。

時間帯は固定していませんが、だいたい12時~15時までの間で、20分~30分くらいです。

もちろん毎日ではないですし、仕事が忙しいと昼寝する時間がとれないこともあります。

疲れがたまっていてすっきりしない時に、「ちょっとひと休み」という感覚で昼寝をすると、頭と体がすっきりして楽になります。

ただ、私の実感では1時間くらい寝てしまうと逆効果で、かえって寝足りない感じが出て、ぼーっとしてしまいます。

この記事に記載されている「ナップる」という言葉が流行るかは分かりませんが、、、

ちょっとひと休みという意味合いのお昼寝、おすすめです。


#こういった動きは日本だけでなく、海外でもあります。

・スペインをはじめとする主にラテン系諸国ではシエスタというお昼寝時間もあります
参照元:FORZA
https://forzastyle.com/articles/-/53740#a3


・アメリカでも昼寝を推奨している企業も出てきているようです
参照元:Worker’s Resort
https://www.workersresort.com/jp/culture/napping/

「ちょっと」でもよい年に

産経新聞に掲載されていた記事からのご紹介です。

「ちょっと」でもよい年に

直球&曲球というコーナーで落語家の春風亭一之輔さんのコラムに出ていた言葉です。

img20210117

「去年よりもちょっとでも良い年になりますように」

こんなことを年賀状に書いてみたそうです。

日常のできごとでも、「ちょっと」いいことを見つけていくことで、「いいこと貯金」をためるというのは、とても大事だと思いました。

私も今のいいことを考えてみました。

・自分や家族が元気で仕事ができている

・コロナ禍でもいらして下さる患者さんがいる

・空き時間にゆっくり本を読むことができる

・夜はぐっすりと眠れる

・おいしいお菓子を頂いた

 

できないことを心配したり不安に思ったりするよりも、今できていること、少しでもいいことに注目することで、心が穏やかになって日々が過ごしやすくなると思います。

そんな気持ちを大事にしながら、コロナ禍を乗り越えていけたらと思いました。