三河のエジソン

日本講演新聞の記事からのご紹介です。

※ 2020年から、新聞の名前が「宮崎中央新聞」から「日本講演新聞」に変わりました。

宮崎中央新聞社のサイト
https://miya-chu.jp/

本新聞で小説家の森沢明夫さんが紹介していた

「指を失ったからありがとうと言われる人生になれた」

という、愛知県に住んでいて三河のエジソンと呼ばれている加藤源重さんの話が印象に残りました。

1991年3月、機械工として働いていた加藤さんは、機械の修理中の事故で、利き手である右手の5指を失ってしまいました。

そんな中でも、

「わしの右手は、使い勝手が悪くなってしまった。なんとか使いやすくしたいものだ。
故障した機械だって、使いにくい機械だって、工夫したり、直したりして、使いやすくしてきたじゃないか。できる。きっとできる。」

と自分を励ましました。

まず始めに作ったのは、右手の働きを助ける器具です。

使い慣れたハンマーもペンチもドライバーもスパナもうまく使えず、一度は挫折しそうになります。

しかし、そんな時には、頑張っている左手に「焦らなくてもいい、失敗したっていい、そのうちうまくできるさ」と働きかけながら楽しそうに作業を続けました。

作業を続けて6ヵ月後、ついに「万能フォルダー」という右手の働きを助ける器具が完成しました。

その後、同じように手が不自由な人に頼まれて、片手用で力がいらない、洗濯ばさみを開発することになりました。

「わしも怪我をする前は、体が不自由な人のことなど、気が付かなかったもの。でも、この手になって、今まで気が付かなかったことに気が付くんだ」

と、自分自身が不自由だからこそ気が付く着眼点があるのだと言っています。

この仕事をきっかけに、

「もし不自由を自由に変えられるなら、わしがいっぱい考えて、工夫することで、嬉しくなる人ができるなら頑張らないといけない」

と決心し、発明家への一歩を踏み出します。

その後も、

・持ちにくいものをしっかり固定できる「万能固定器」

・手の弱い人が使う「くるくるフォーク」

・洋服を着られない人のための「らくらくきられーる」

・足腰が不自由でも外出時のトイレに困らない「折りたたみ式便座イス」

・手や目が不自由な人のための「らくらくシャンプー」

など、不自由で困っている人のために開発した様々な作品が注目され、作った作品が発明大会のグランプリを受賞し、新聞やテレビでもたちまち放映されるようになり、ひっきりなしに依頼が舞い込むようになります。

それらは、全て依頼してきた「その人」のために作るもの。

「障害は一人ひとり違う、だから自助具もその人に合ったものでなければ意味がない」

という考えで一つひとつ実績を積み重ねて、いつしか「三河のエジソン」と呼ばれるようになったそうです。

本新聞の記事で、森沢さんがした

「もし右手が健在だったら、もっといろんな発明品が作れたんじゃないかと考えることもあるのではないですか?」

という質問の答えがまた素敵でした。

『全くありません。今はこの指のない右手にこそ一番感謝しています。ここに指がないからこそ、自分は人から「ありがとう」と言われる人生になれたんです」

参考文献:
三河のエジソン―障害を克服する自助具の発明家 加藤源重

日本講演新聞_学びと試行錯誤

日本講演新聞の記事からのご紹介です。

※ 2020年から、新聞の名前が「宮崎中央新聞」から「日本講演新聞」に変わりました。

宮崎中央新聞社のサイト
https://miya-chu.jp/

本新聞に紹介されていた、栄光学園数学科講師でいもいも教室を主宰されている井本陽久さんの「あそびの中には学びがいっぱい」に出てくる試行錯誤の話が印象に残りました。

「学び」とは、「きっとこうやればうまくいくだろう」と予測して、それを実際にやってみて失敗しまた考え直す、という繰り返しで、この繰り返しのことを「試行錯誤」といいます。

この試行錯誤には、ポイントが二つあるそうです。

一つ目は「失敗すること」です。

人はうまくいっている時は自分の考え方を問い直すことはしないので、うまくいっていない時こそ人は考え自らを問い直すからです。

二つ目は「自分のやり方でやる」、「自分の考え方で考える」ということです。

「こうなるんじゃないか」と自分で予測して、それがうまくいかなかった時は、「自分の考え方・やり方のどこが悪いのか」と振り返ることができます。

これが誰かに教えられたやり方でやった場合、うまくいかないとすぐネットや教科書でやり方を探したり、人に聞いたりしてしまいます。

自分のやり方でやらないと試行錯誤がなかなか起こらないという話でした。

この話を読んで、いかに試行錯誤が大事かを改めて認識しました。

失敗しながら何が悪かったのか考えて、また試してみる。

この繰り返しが学びとなって成長していくのですが、つい安易に検索したり、人に聞いたりしている自分に気が付きました。

自分で考えて、苦労して、失敗して、また考えるということを繰り返さないと、なかなか成長に繋がっていかないのだと思いました。

しっかり試行錯誤しようと改めて考えさせられました。

日本講演新聞_ペップトークの捉え方変換

日本講演新聞の記事からのご紹介です。

※ 2020年から、新聞の名前が「宮崎中央新聞」から「日本講演新聞」に変わりました。

宮崎中央新聞社のサイト
https://miya-chu.jp/

本新聞に紹介されていた、トレーナーズスクエア株式会社代表取締役社長の岩崎由純さんの「奇跡を起こす励ましの言葉」の話が印象に残りました。

スポーツの世界では、試合前のロッカールームで監督やコーチなどの指導者が

「さあ、いよいよ本番だ。力いっぱい頑張ってこい」

と激励のショートスピーチをして選手たちを送り出しますが、この前向きな背中に一押しのスピーチを「ペップトーク」といいます。

ペップトークには

①事実を受け入れる
②捉え方を変換する
③背中の一押しをする

という3つのステップがあるそうです。

大学生の寄せ集めでつくったアイスホッケーのアメリカ代表が、1980年のレークプラシッドオリンピックで金メダルを獲るまでを描いた映画「ミラクル」のコーチのスピーチが紹介されていたのですが、これが心に響きました。

 

偉大な瞬間は偉大なチャンスから生まれる。
お前たちのチャンスは今夜だ。
それをその手で掴みとるのがこの試合だ。
10試合戦えばソ連が9回勝つだろう。
ただこの1試合は、今日は違う。
必ずできる。
今夜は俺たちが世界で最も偉大なチームだ。
お前たちはホッケーをやるだけに生まれてきた。
今夜お前たちがここに来たのは運命だ。
そのときが来た。
ソ連の時代は終わった。
どこへ行ってもソ連はすごいという話ばかり聞かされ続けて、いい加減聞き飽きた。
彼らをひねりつぶせ。
時代はお前たちのものだ。さぁメダルを奪い取ってこい!

 

当時史上最強といわれていたソ連代表に勝ったこの試合は「氷上の奇跡」としてアイスホッケーの歴史に刻まれているそうです。

さすがにここまでの名スピーチを考えるは難しいのですが、、、

「捉え方を変換する」というのは誰かを励ましたり元気づけるのに役に立つと思いました。

「難しい」と言わず「やり甲斐がある」。

「ミスをするな」ではなく、「今の力で思い切りやってこい」。

こんな風にポジティブに変換する例が紹介されていました。

また、「悪かった点」を伝えるのではなく、「良くなる点」を伝えるというのもなるほどと思いました。

悪かったではなく、これから「良くなっていく」と伝えることで、ポジティブなイメージを持たせることができます。

「まだここが悪いですね」ではなく、「ここがもっと良くなっていきますよ」

こんな風に言われた方が、なんとなく良くなっていきそうな気がします。

ちょっとした言い回しでも、捉え方を変換して、前向きな気持ちになれるような声掛けができたらいいなと思いました。

日本講演新聞_残心の精神

日本講演新聞の記事からのご紹介です。

※ 2020年から、新聞の名前が「宮崎中央新聞」から「日本講演新聞」に変わりました。

宮崎中央新聞社のサイト
https://miya-chu.jp/

本新聞に紹介されていた、中部支局長の山本孝弘さんの「日本人の中に生きる残心の精神」の話が印象に残りました。

「残心」とは、日本の武道や芸道において、技を終えた後も気を緩めず最新の注意を払っている状態をいいます。

これは余韻を残すことを美徳にした日本の美学でもあると書かれていました。

武道、芸道だけでなく、日本には

・電話を切るときに相手が受話器を置いたことを確認して受話器を置く

・お客様の姿が見えなくなるまでお見送りする

など、今でもいろんなところに「残心」の精神が見られるという話でした。

「残心」を文字通り解釈すると、心が途切れないという意味もあります。

何かを終えると気を抜いてしまったり、安堵してしまうことが多く、「残心」というのは自分が意識しないとできないと思います。

少なくとも仕事においては、心を途切れさせず、最後まできちんと注意を払うという残心の精神を大事にしたいと思いました。

日本講演新聞_自分大好きの育て方

日本講演新聞の記事からのご紹介です。

※ 2020年から、新聞の名前が「宮崎中央新聞」から「日本講演新聞」に変わりました。

宮崎中央新聞社のサイト
https://miya-chu.jp/

本新聞に紹介されていた、しちだ教育研究所 代表取締役の七田厚さんの「自分大好きの育て方」の話が印象に残りました。

この話の中で、子どもに愛を伝える三つの方法が紹介されていました。

一つ目は「スキンシップ」。

これは肌刺激だけでなく、優しい目で見つめるとか、優しい言葉をかけるとか、「優しく接する」こと全てが含まれます。

スキンシップによって、子どもに「自分はお母さんに大切にされている。お父さんに大切にされている。」という思いが伝わります。

二つ目は「話を聴くこと」です。

子どもが大きくなっていくと、スキンシップが難しくなってくるので、そのときにはこの方法が有効です。

子どもの1日に興味を持ち、「今日どんなことがあった?」と聴いてあげる。

「私の話をたくさん聴いてくれた」ということが、子どもにとっての安心感になり、愛を感じることに繋がります。

三つ目が「絵本の読み聞かせ」です。

子どもを叱ったあとに不機嫌になったまま寝るより、絵本の世界に浸って幸せな気持ち眠れます。

これらの方法はいずれも、「自分は親から愛されている」という自己肯定感を高める働きがあります。

自己肯定感が高まると、周りの友達や動物、植物に対しても優しくでき、愛が外に向かっていきます。

子どもに愛が伝わると、人間性が豊かな子に育つそうです。

子どもと関わる場合には、これらのことを意識して関わっていきたいと思いました。