宮崎中央新聞_新しい働き方

宮崎中央新聞の記事からのご紹介です。

宮崎中央新聞のサイト
http://miya-chu.jp/

本新聞で紹介されていたサイボウズ社の「新しい働き方」という記事が印象に残りました。
 
サイボウズではITベンチャー企業ですが、2005年頃までは離職率が28%と高くて人材が定着しないという問題がありました。

そこで、

・残業したくない人は残業しない制度
・子どもの送迎、大学に通いたい人にむけた短時間勤務
・会社に来たくない人のための在宅勤務

など、「100人100通りの働き方」を目指した個性を重んじた働き方を認めたことで、現在の離職率は4%になったそうです。

また、副業を解禁したことでカレー屋を始めたり、農業をやる社員が現れて、社内に新しいビジネスが生まれる事例も生まれました。

さらに働き方の多様化は進み、ほかの会社も見てみたいという理由でサイボウズ社を一度退職しその後、再入社を保証する「育自分休暇」という制度ができました。

外で新しい知識を得た人が会社に帰ってきてくれることで社員と会社、双方にメリットがあるそうです。

今年(2019年)から国で導入された「働き方改革」は主に残業時間の抑制や多様な働き方を目的にしたものです。

長時間労働の見直し、非正規労働者の待遇改善、ダイバーシティだと騒いでいますが、もっと早くから社員一人ひとりに合わせた働き方を実現している会社がありました。

サイボウズ社の取り組みをみて、個性を重んじた働き方について考えさせられました。

宮崎中央新聞_「きょういく」と「きょうよう」

宮崎中央新聞の記事からのご紹介です。

宮崎中央新聞のサイト

http://miya-chu.jp/

本新聞の記事で紹介されていた水谷編集長の社説「今日も書くことがある幸せを」という話で思い出したことがありました。
 
その記事で、いくつになっても情熱的に生きられるコツは「きょうよう」「きょういく」という話を聞いたことがあると書かれていましたが、私は鍼灸のご年配の患者さんから同じ話を聞いたことがあります。

みんな

その患者さんは高齢者向けのある講座に参加されていたそうなのですが、元気に長生きする秘訣として、「きょうよう」と「きょういく」が大事であると聞いたそうです。

つまり、

「きょうよう」は「今日用事がある」
「きょういく」は「今日行くところがある」

ということで、家でぼーっとしているのではなく、予定を入れたり外出しましょうという内容でした。

この記事を読んで患者さんとの会話を思い出しました。

私も患者さんにこの話を伝えていきたいと思います。

宮崎中央新聞_強いチームには笑い声がある

宮崎中央新聞の記事からのご紹介です。

宮崎中央新聞のサイト

http://miya-chu.jp/

本新聞の記事で紹介されていた「強いチームには笑い声がある」という話が印象に残りました。

表情
 
この記事は、元女子マラソン選手でスポーツライターをやっている増田明美さんが、高橋尚子さんを育てた小出義雄監督に取材に行ったときの話です。

「うちの選手はすごいよ。だから監督は楽だ。酒だけ飲んでればいいんだ。選手はみんな勝手にやるから」

という感じの明るい監督ですが、選手一人ひとりの個性をよく見抜いていて、どういう言葉を掛けたら頑張るか、どう接したらやる気になるか、よく知っているそうです。

そんな小出監督が、増田さんにこう言ったそうです。

「明美さんよ、あんた、駅伝チームを取材しているんだってな。強いチームというのは近くに行ってみると分かるけど、笑い声が聞こえてくるぞ。雰囲気が明るいチームは間違いなく結果を出すよ」

「あんたの時代には汗と涙でオリンピックに行ったんだろうけど、今は違うよ。何が一番大事かというと、笑いだよ」

だからこそ、力んでやるのではなく、明るい雰囲気づくりが大事だと思ったそうです。

人

これはマラソンだけでなく、職場でも当てはまると思いました。

誰かが怒っていたり、イライラしてたりするよりも、みんなで楽しく仕事をしている方がよい結果が出ます。

いかによい雰囲気をつくって仕事をするか、自分の職場でも考えてみたいと思いました。

宮崎中央新聞_非常識な旅行会社

宮崎中央新聞の記事からのご紹介です。

宮崎中央新聞のサイト

http://miya-chu.jp/

本新聞で紹介されていた(有)ベルテンポ・トラベル・アンドコンサルタンツの高萩徳宗さんの記事が印象に残りました。
 
ベルテンポ・トラベル・アンドコンサルタンツ(以下ベルテンポ)は東京の小さな旅行代理店なのですが、旅がしたいけどできない方や障害やご高齢の方に多く利用されている会社です。

旅行

そのやり方は旅行業界の常識に縛られない独自ものです。

1.盛りだくさん(150種類バイキング、10箇所めぐりなど)
2.お得(早割り、直前割)
3.オマケや値引き(食べ放題、取り放題)

 

これらは、安い値段で気軽に旅行ができる反面、融通が聞かなかったり、時間に余裕がなかったりします。

ベルテンポは、お金になるかどうかではなく、旅というツールを通じてお客様の人生によい影響を与えることを目的としているそうです。

例えば、「末期がんの父を旅行に連れて行きたい」といった大変な要望にも丁寧に答えていきます。

朝は起きたい時間に起きる。
朝食も時間をかけて、出発は遅め。
観光地は絞り込み、昼食もゆっくりと。
午後は1ヵ所だ観光して早めに宿へ。
おいしい夕食の前にお風呂に入ってひと休み。

ゆっくり・ゆったりの旅をして、心から旅行を楽しみたい方にオススメです。

機会があったら私も利用してみたいと思いました。

宮崎中央新聞_野村克也元監督の選手の育て方

宮崎中央新聞の記事からのご紹介です。

宮崎中央新聞のサイト

http://miya-chu.jp/

本新聞の記事で紹介されていた「野村克也元監督の選手の育て方」という話が印象に残りました。
 
元阪神タイガース監督の野村さんは、新庄 剛志選手に聞きました。

「なぜおまえは必ず初球から振っていくんや。配球をどのように考えとる?」

新庄選手は野村監督のこの質問に「配球ってなんですか?」と答えたそうです。

その翌年の春のキャンプで、野村監督はなんと新庄選手にピッチャーをやらせたそうです。

なぜか。

「人を見て法を説け」という言葉があるやろう。
10人いれば10人とも考え方や野球観、人生観も違う。
同じことを言っても分かるやつと分からんやつがおる。
まして新庄の場合は日本語も通用せん。だからピッチャーをさせたんや。
ピッチャーというのは、ボールを握り、マウンドに立ち、キャッチャーのサインを覗き込む。
そしたらおのずと野球には配球があるってことが分かるんや。

野球

その後、眠っていた新庄選手の素質は見事に開花し、大リーグに挑戦するまでになりました。

これからの人材育成は、「どこをどうすれば潜在能力を目覚めさせることができるのか」を考えることが重要で、指導者やリーダーにはそうした指導力が望まれます。

同じことを説明しても、理解してすぐに実践できる人もいれば、何度言っても分からない人もいます。

そんな時、あの人は物覚えが悪いからダメだと諦めるのではなく、どうしたら理解できるのか、人を見て教え方を工夫する野村監督のやり方は勉強になりました。