家電のお医者さんから学んだ心構え

先日、NHKのプロフェッショナルで紹介された「家電のお医者さん」の話が素晴らしかったのでご紹介します。

古くから使っている家電が壊れてしまい、メーカーに修理を依頼しても、サポート期限切れとか、部品の在庫がないとかで修理できず、止む無く廃棄することはよくあると思います。

そんな中、見放された家電に再び命を吹き込む仕事をしているのが、三重県の山奥に佇む小さな電器屋の店主・今井和美さんです。

全国各地から修理の依頼が殺到し、その成功率は95%超というからものすごいです。

長年使ってきた家電は愛着がわき、家族のようなもの。
10年、20年と大切に使っている家電をなんとか直したい、という強い想いが感じられました。

どんな依頼も楽しそうに、愛おしそうに取り組む姿が素晴らしかったです。

「修理をするために生まれてきた」と笑いながら語る今井さんの姿が印象的でした。

私が特に印象に残った今井さんの言葉や考え方を以下にまとめました。

・仕事を選ぶとき、経験したことのないものを選ぶようにしている。
 常に新しいものを研究して進化していくことが次の仕事にもつながっていく。

・直して終わりではなく、壊れそう、壊れてきそうを見つけて治す「予防修理」が大事。
 この先も使い続けていくことを見据えて、長持ちするようにしっかり直す。

・古い家電は一ヶ所直してOKということはない。故障の原因は複合している。
 どれくらい時間がかかるか分からないが、直して直して、直る限り直していく。

この考え方、人間の体を治療する際にも、とても重要なことだと思いました。

常に新しい疾患、新しい情報に目を向けていく。

痛い場所が改善したから終わりではなく、まだ痛みは出ていないけれどつらそう、痛くなりそう、という所を見つけて治していく。

慢性疾患やご年配の方の症状は、原因が1つではなく、複合している。
痛い場所だけを見るのではなく、全体的に見ていく。

どれも簡単にできることではないですが、そういう心構えで日々の仕事に取り組んでいきたいと思います。

参考:

https://www4.nhk.or.jp/professional/x/2019-07-29/21/24147/1669542/

 

北区おたがいさまネットワークへ参加しました

先日、高齢者あんしんセンター様からお声かけ頂きまして、「北区おたがいさまネットワーク」の協力団体になりました。

「北区おたがいさまネットワーク」は、高齢者の方が住み慣れた地域で安心して生活をおくれるように地域にお住まいの方々、民生委員、高齢者あんしんセンターが連携して高齢者を見守る活動のことです。

協力団体の役割は、高齢者の方のちょっとした変化や日常生活に関する相談を受けた場合、高齢者あんしんセンターに連絡することです。

微力ながら、地域の皆様が安心して暮らせる街づくりに貢献できたらと思います。

参考:高齢者地域自立支援ネットワーク推進事業~北区おたがいさまネットワーク~
https://www.city.kita.tokyo.jp/choju/kenko/koresha/kenkozukuri/network.html

しゃしょくの仕事

先日来院されたご年配の患者さんから聞いた言葉です。

わたしは昔、「しゃしょく」の仕事をしていたのよ。

とおっしゃったので、「社員食堂」で働いていたのですね。

と返したら、

「社員食堂」ではなくて、出版業界の「写植」(写真植字)のことでした。

現代国語例解辞典[第二版]で「写植」を引くと以下の意味でした。

写真植字の略。母型の文字を陰画にした文字盤の文字を、一字ずつ写真に撮る方法により印字し、版下をつくること。

私は「写植」という言葉を知らなかったのですが、昔の活字は写植が主流だったのですね。

ただ、今ではDTPが主流になっており、写植はほとんど使われていないようです。

DTP(Desktop publishing)
日本語で卓上出版を意味し、書籍、新聞などの編集に際して行う割り付けなどの作業をパーソナルコンピュータ上で行い、プリンターで出力を行うこと
※ Wikipediaから引用

一つ勉強になりました。

独学のすすめ

産経新聞に掲載されていた記事からのご紹介です。

「独学のすすめ」というベストセラー小説を書いた加藤秀俊さんの「学ぶ心なければ人生は面白くない」という記事が印象に残りました。

学校に入らなければ学問はできないという思想はわりと最近の思想であって、人間の知識の歴史のうえで「独学」こそが唯一の学問の方法であったのではないかと説いて、教育の核となる知識欲を育む重要性を訴えています。

現在、大学は就職のための通過機関となってしまっている。

学生は学問や勉強がしたいのではなく、早く卒業して就職したいけど、周囲が行けと言うからとりあえず行く。

その結果、肝心の学生の学習意欲は下がっているという加藤さんの意見には共感できました。

また、インターネットが普及して調べ物が飛躍的に便利になった現在においても、勉強の主体はあくまでも個人であり、みんなで独学しようというのはあり得ない。

学ぶ心は個人のものだから、いくつになっても学ぶ心があれば独学で学ぶことができる。

90歳になられる加藤さんを見習って、私も独学を続けようと思いました。

開業前にも関わらず営業電話が毎日かかってくる

私は2019年6月7日に、はり・きゅう・マッサージの店舗を開業いたしました。

5月中旬に電話・インターネット工事が完了、5月下旬に店舗の内装工事が完了しました。

その後、ベッド、赤外線機器、タオル、枕、胸当て、PC、プリンタ、待合イス、デスクワゴン、収納ボックスなど、様々な道具の搬入のため、多くの時間を院内で過ごしていました。

また、保健所の手続き、エキテンサイトへの登録、ホームページ作成、印鑑、診察券、名刺、パンフレット作製なども並行して行っていました。

一人で集中して多くの仕事をこなしていたのですが、立て続けにかかってくる営業電話にうんざりでした。

多いときは1日で10件以上電話がかかってきましたし、お店に直接訪問してくるケースもありました。

・タウンページ
・NTT子会社
・電柱に広告をつける会社
・区内のお店紹介サイト
・カモメール
・LINEとインスタグラムを使ったサービス
・会社の福利厚生で使うための施設登録
・集客サービス会社
・SEO対策会社
・電気代がお得になるサービス
・地元の信用金庫
・地元の宅配業者
・・・まだ色々ありましたが、多すぎて忘れました(--;

まだお店の電話番号は公開していないにも関わらず、あっという間に色々なところに情報が漏れていることが分かりました。

皆さん、だいたい言うことは同じで

・オーナー様でしょうか?
・今、2~3分お時間よろしいでしょうか?
・無料で掲載できます
・多くの方が当社のサービスを利用されています

といった感じです。

皆、押しが強く一方的に話してくる感じなので、電話に出るたびに疲れました。

ひどいところだと、同じ会社で違う担当者といったケースもありました。

また、0120…のような番号なら出ないでおこうと思えるのですが、業者もそれを知っているのか、080…や070…といった携帯電話からの着信も多くありました。

開業前だからまだよいですが、これが開業後だと業務に支障をきたすかもしれません。

開業後は治療院に一人でいる時間帯が結構あります。

もし施術中に電話が鳴った場合、患者さんからの新規の依頼や変更などの連絡の可能性もあるため、電話に出ようか悩むところです。

あまりに営業電話が続く場合には、

・施術中は留守番設定にして電話に出ない
・携帯のメールに連絡してもらう

といった対応も考えていこうと思います。