開業前にも関わらず営業電話が毎日かかってくる

私は2019年6月7日に、はり・きゅう・マッサージの店舗を開業いたしました。

5月中旬に電話・インターネット工事が完了、5月下旬に店舗の内装工事が完了しました。

その後、ベッド、赤外線機器、タオル、枕、胸当て、PC、プリンタ、待合イス、デスクワゴン、収納ボックスなど、様々な道具の搬入のため、多くの時間を院内で過ごしていました。

また、保健所の手続き、エキテンサイトへの登録、ホームページ作成、印鑑、診察券、名刺、パンフレット作製なども並行して行っていました。

一人で集中して多くの仕事をこなしていたのですが、立て続けにかかってくる営業電話にうんざりでした。

多いときは1日で10件以上電話がかかってきましたし、お店に直接訪問してくるケースもありました。

・タウンページ
・NTT子会社
・電柱に広告をつける会社
・区内のお店紹介サイト
・カモメール
・LINEとインスタグラムを使ったサービス
・会社の福利厚生で使うための施設登録
・集客サービス会社
・SEO対策会社
・電気代がお得になるサービス
・地元の信用金庫
・地元の宅配業者
・・・まだ色々ありましたが、多すぎて忘れました(--;

まだお店の電話番号は公開していないにも関わらず、あっという間に色々なところに情報が漏れていることが分かりました。

皆さん、だいたい言うことは同じで

・オーナー様でしょうか?
・今、2~3分お時間よろしいでしょうか?
・無料で掲載できます
・多くの方が当社のサービスを利用されています

といった感じです。

皆、押しが強く一方的に話してくる感じなので、電話に出るたびに疲れました。

ひどいところだと、同じ会社で違う担当者といったケースもありました。

また、0120…のような番号なら出ないでおこうと思えるのですが、業者もそれを知っているのか、080…や070…といった携帯電話からの着信も多くありました。

開業前だからまだよいですが、これが開業後だと業務に支障をきたすかもしれません。

開業後は治療院に一人でいる時間帯が結構あります。

もし施術中に電話が鳴った場合、患者さんからの新規の依頼や変更などの連絡の可能性もあるため、電話に出ようか悩むところです。

あまりに営業電話が続く場合には、

・施術中は留守番設定にして電話に出ない
・携帯のメールに連絡してもらう

といった対応も考えていこうと思います。

整形外科内科クリニックを退職しました

昨年末のブログでもお知らせしました通り、2019年5月15日で勤務している整形外科内科クリニックを退職しました。

整形外科内科クリニックには約3年半勤務しました。

勤務最終日、院長先生に最後のご挨拶をしたのですが、快く送り出して下さいました。

院長先生から、お花を贈りたいから開業日時が決まったらハガキで知らせてほしいと言われた時は、感慨無量でした。

また、治療院が休みの日は、整形外科内科クリニックで働いてもいいよ、とのお気遣いのお言葉も頂戴しました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

さて、整形外科内科クリニックも円満退職させていただき、次の一歩を踏み出していきます。

現在、はり・きゅう・マッサージ治療院の開業にむけて内装工事を実施中です。

内装工事後、ベッドや赤外線、待合イス、PC、プリンタなどの機材を搬入します。

そのあと、保健所の開設審査を行って、開業の運びとなります。

開業日は6/7(金)を予定しています。

場所は都電荒川線西ヶ原四丁目の停留所を降りて30秒、
都営三田線西巣鴨駅から徒歩6分のところです。

 

詳細は以下のホームページをご参照ください。
https://nishigahara4-harikyu.com

今後ともよろしくお願い申し上げます。

現金よりキャッシュレス

産経新聞に掲載されていた記事からのご紹介です。

「現金よりキャッシュレス?」という現金を使わずに買い物ができる技術の話題です。

世界的にみると、日本のキャッシュレス比率は遅れているそうです。

2015年経済産業省のデータによると、韓国では89.1%、中国では60%、アメリカでは45%に対して、日本は18.4%だそうです。

 

普及しない理由について、記事では

・キャッシュレスに対応したお店が少ない
・現金を使う感覚がないから使いすぎを心配する
・ATMが全国にあってすぐに現金が手に入るから不便を感じない

と解説されていました。

国では2025年までにキャッシュレス比率を4割に引き上げようとしているそうですが、まだ時間がかかりそうとのことでした。

 

最近は、スーパーでも無人レジが少しずつ増えてきています。

先日、ご年配の往診患者さんと、この話題について話をした際、

「確かに便利かもしれないけれど、お店の人と会話できないのは寂しい」

とおっしゃっていたのが印象に残っています。

人とのふれあい

 

以前に、別の記事で牛丼の吉野家が券売機を導入しない理由について、以下のように説明されていました。

「お客とのコミュニケーションを大事にしたい」
「券売機を置かないことで大事にしたいことがある」

私は、鍼灸マッサージという仕事柄、人とのふれあいを大事にしていますので、吉野家のこの考え方には共感しています。

効率を追求して便利になる反面、失われるものもある。

そんな時代に、いかにふれあい、コミュニケーションを大事にしていくか、今後も考えていきたいと思います。

コミュニケーション

しもたや

私が訪問マッサージをしている患者さんから聞いた言葉です。

昔はこのあたりは商店街だったけど、うちは「しもたや」だったのよ。

 

私は「しもたや」という言葉を知らなかったため、

「何のお店ですか?」と聞いてしまいました(笑)

家

商店街の中にある商売をしていない家のことを指す言葉だそうです。

現代国語例解辞典[第二版]で「しもたや」を引くと以下の意味でした。

町中の、商店などでない一般住宅。
商売をやめた家。
しもうたや(仕舞屋)の変化した語。

最近は、町の商店街も少なくなってきたので、あまり使わなくなってきた言葉なのかもしれません。

チキンラーメン

来週で最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「まんぷく」。
 
日清食品株式会社の創業者であり、世界初の即席麺を開発した安藤百福さん夫妻の生涯を描いた物語です。

本ドラマに出てくる「まんぷくラーメン」こと「チキンラーメン」が開発されたのは昭和33年。

私は食べたことがなかったのですが、テレビを見てなんとなく食べてみました。

単に手軽に食べられるだけでなく、以下の5つの条件を満たすのはものすごい試行錯誤の連続だったと思います。

・美味しいこと
・安いこと
・簡単に出来ること
・常温で保存出来ること
・安全であること

今でこそ当たり前のインスタントラーメンですが、60年たっても売れ続けているのはそれだけ素晴らしいものだからだと思います。

日本の食に多大な貢献をした安藤百福さん夫妻に敬意を払いながら、インスタントラーメンをおいしく頂きました。