便利さと人間の能力低下


今日は「便利さと人間の能力低下」について書いてみました。

最近、電動自転車に乗っている人が増えています。

先日いらした患者さんが、自転車屋さんに行って電動自転車を買おうとしたところ、

「あなたは電動に乗ったらさらに足腰が弱くなるから、普通の自転車の方がいいよ」

と言われたという話をしていました。

私も自転車を買う際、電動自転車にするか、普通の自転車にするか迷ったのですが、最近はあまり運動をする機会がないため、あえて普通の自転車を買いました。

訪問施術で坂道が多い経路を往復するのは結構きつく、多少は運動になっていると思っています。

確かに電動自転車は便利なのですが、それに慣れてしまうと普通の自転車に乗ったときに、以前のように力強くペダルを漕ぐことが難しくなるかもしれません。

他にも、最近漢字が思い出せなくなっていることに気が付きました。

私は今年から3年日記を始めて、日々のできごとを手書きで書いているのですが、漢字が思い出せずパソコンに入力して確認することが増えています(笑)

メールを書いたり、文章を書いたりするのに、手書きで書くことが減って、キーボードで入力することが増えてから、以前は書けたはずの漢字が書けなくなっていました。

他にも、子供の頃は、知り合いの電話番号を10個くらいは覚えていたのですが、今は自宅、お店、実家、自分の携帯を覚えるのがやっとです。

別に暗記していなくても、登録している名前を呼び出せば番号が表示されて通話できるので、平常の時は特に困らないのですが、昔に比べて覚える能力というのは明らかに低下しているように感じます。

このように、様々なことが便利になっている反面、人間の能力というのは低下していることを実感しています。

最近増えているテレワークも、自宅で仕事ができるという便利さの反面、通勤や寄り道という歩く時間が失われています。

便利さに頼りすぎるとどんどん自分の能力が失われていくので、あえて不便や面倒なこともやってみる。

そんな意識も必要だと思っている今日この頃です。

産経新聞に投書が掲載されました

先日、産経新聞の談話室に私の投書が掲載されました。

今までにも、「行列」、「図書館」、「風邪」などのテーマの時に投稿したのですが、採用されたことがありませんでした。

今回、鍵をなくして困った話を投稿したところ、初めて採用されました。

自分の不注意による間抜けな話だったのですが、人の善意に助けられました。

以下に掲載された内容を抜粋しました。

20200924_産経新聞投書

よかったらご覧ください。

———————————————————————————–
マンションで1人暮らしをしていた10年ほど前の出来事です。
仕事が終わって午後10時過ぎに帰宅したらマンションの一室の鍵が見つからず、困りました。
かばんや上着、ズボンのポケットなどを何度も確認したのですが、どうしても見つかりません。
夜遅かったので、大家さんに電話したら迷惑になると思い、やむなく近所のホテルに泊まることも考えていました。
そのとき何気なくマンションの郵便受けを開けたら何と探していた鍵が入っていたのです。
驚きました。
おそらく、鍵穴に鍵がさしっぱなしになっていたのに気づいた方が郵便受けに入れてくださったのだと思います。
結局、誰が鍵を郵便受けに入れてくださったのかは確認できませんでしたが、その親切な方にお礼を申し上げたいです。
その節はありがとうございました。
それ以降、鍵は決まった場所に入れて、なくさないように気を付けています。

副業への注目が高まっている

産経新聞に掲載されていた記事からのご紹介です。

「副業 大手も制度続々」という内容です。

コロナをきっかけに、企業が業務を外注したり、働く側が空き時間を活用したりで、副業への注目が高まっているそうです。

私も開業前は副業をしていたので、その時のことを書いてみました。

私は、鍼灸マッサージの免許を取得したのが30代になってからでした。

そのため、より多くの経験を積むために、休みの日もボランティアや勉強目的で、介護施設や鍼灸院に行っていました。

それを続けていたことで、介護施設から仕事を紹介して頂いたり、鍼灸院でも手当てを頂けるようになり、いつの間にか副業となっていました。

私の場合、副業といっても本業と同じ業種の仕事だったので、世間一般でいう副業とは違うかもしれません。

鍼灸マッサージという一つの仕事の中で、幅広い年代の患者さん、利用者さんを見ることができたのが、とてもよい経験になりました。

副業をすることで、労働時間が長くなる、本業に支障が出る、情報漏洩のリスクがあるなど、デメリットも指摘されますが、

私自身の経験ではデメリットよりも多くのメリットがあり、ご縁を頂いた多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

・本業以外の現場での技術や業界知識の習得

・介護施設、病院、鍼灸院など多くの繋がりや関係の構築

・所得増加

・新たな患者さんや地域ネットワークとのご縁づくり

現在は、自営業で鍼灸マッサージ治療院を開業していますが、それ以外でもできることを探していきたいと考えています。

より多くの皆様のお役に立てるよう、今後も研鑽していきたいです。

「さまぁ~ず×さまぁ~ず」が2020年秋で終了

テレビ朝日「さまぁ~ず×さまぁ~ず」(月曜深夜2・21)。

深夜のため、オンタイムで見ることはできないのですが、毎週録画して楽しみに見ていました。

・さまぁ~ず×さまぁ~ずのサイト
https://www.tv-asahi.co.jp/summers2/

14年続いた番組ですが、9/7(月)の番組内で、突然あと3回で終了!と発表されとても残念です。

番組の内容は、さまぁ~ずの二人が「日々のできごとの話をする」というものなのですが、

このゆるーい感じがなんともいえず、ストレスなく見ることができます。

家族、飛行機や車での移動、海外ロケ、コンビニ、居酒屋、番組スタッフの話など、どれも他愛のない話なのですが、聞いていて飽きないのがさまぁ~ずの二人の魅力なのだと思っています。

「こんなコンビニ店員いるなぁ」

「え?三村さん、そんなことも知らないの?」

「大竹さん、いくらなんでも神経質すぎる…」

「二人とも絵が上手!」

などと、共感したり、なんとなく聞いたりしながらも楽しめる番組でした。

番組終了は残念ですが、最期まで見届けたいと思います。

今時書店

先日、ラジオを聴いていたら、珍しい本屋さんが紹介されていました。

その名も「今時(いまどき)書店」。

場所は新潟県で、平(たいら)さんという高校生が2019年10月から始めたお店です。

なにが「いまどき」なのか、その特長を簡単にまとめてみました。

・店員不在の無人店舗、ゆったりした空間

・入店時に各自に割り振られた暗証番号を入力し、来店情報を管理

・店内はリアルタイムで映像監視

・店内で座って読書可能

・支払いはキャッシュレスのみ

・本棚ひとつに、1名の選書家ブックオーナーが選んだ本を陳列

これ、ネットショップでもいいのでは?

と考えましたが、私なら本を選ぶときは実際に中身を確認したいですし、いつもと違う空間で本を選ぶという楽しさがあります。

ネット販売で増えている昨今、無人やキャッシュレスといういまどきの仕組みで、あえて実店舗を有効利用するという考え方が斬新だと思いました。

今時書店
https://imadoki-shoten.com/index.html

Things
https://things-niigata.jp/other/imadokisyoten/