松坂大輔投手の引退

西武ライオンズの松坂大輔投手が10月19日の日本ハム戦(メットライフドーム)で先発、これが引退試合ということで18番の背番号のユニホーム着て、マウンドに上がるそうです。

引用サイト:YAHOO!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/20ba1118c2d9aaf298b0819a054bb97bdc50105c

 

 

41歳まで現役生活、おつかれさまでした。

 

松坂大輔投手といえば、「平成の怪物」と呼ばれ、

・甲子園春夏連覇

・西武入団一年目で新人王

・WBC(World Baseball Classic)の2大会連続MVP

・大リーグレッドソックスでワールドシリーズ制覇

など、数々の偉業を成し遂げ、同世代の人たちは「松坂世代」とも呼ばれています。

 

 

ちなみに、私も松坂投手と同級生なので松坂世代です。(笑)

プロスポーツの世界では、40歳を過ぎて現役を続けている選手はとても少ないです。

投げる、打つ、走る、跳ぶなど、長年に渡って身体を酷使したことによる怪我や手術、リハビリをしながら現役を続ける選手は本当に大変です。

 

 

一方、一般人の働き手としては、40代は様々な仕事ができるようになり、自分の裁量で仕事ができたり、難しい仕事を任されたりすることもあると思います。

日本政策金融公庫総合研究所が実施する新規開業実態調査によると、2020年度の開業時平均年齢は43.7歳で、独立する人が最も多い年代は「40代」というデータがあります。

引用サイト:日本政策金融公庫 総合研究所 2020年度新規開業実態調査
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_191122_1.pdf

 

 

40代は人生80年と考えると、ちょうど半分くらいでまだまだこれからです。

今後、松坂投手のセカンドキャリアがどうなるのか楽しみですが、まずは現役最後の試合を応援したいと思います。

 

 

スマホで読める電子図書館人気

産経新聞に掲載されていた記事からのご紹介です。

「スマホで読める電子図書館人気」という記事です。

 

img20211014_電子図書館

 

コロナ禍で、公共図書館の電子書籍の貸し出し数が急増しているそうです。

図書館での電子書籍貸し出しのメリット・デメリットを整理してみました。

 

 

<メリット>

・貸し出し、返却の際、来館する必要がなく、返却期限が来ると自動で返却され端末で読めなくなる

・読み上げ機能があるため、子ども向けの絵本で利用したり、視覚障害がある方でも利用しやすい

・本を紛失したり、破いたり、汚したりという心配がない

・図書館内の人件費が抑えられる

 

 

<デメリット>

・一冊あたりのコストが高く、紙の本の約2~3倍になる

・スマホやパソコンを持っていない場合は利用できない

 


電子書籍の場合、ライセンスを購入するため、紙の本と違って買って終わりではなく、貸し出し回数を増やす都度、コストがかかるということは知らなかったので勉強になりました。

私は個人的には紙の本でじっくり読みたいのですが、来館するのが大変な方や、視覚障害の方のメリットが大きいので、紙の本と電子書籍、どちらも共存できる形になればいいなと思いました。

 

 

家族主義で売り上げ倍増!次世代”働き方改革”の秘密

先日、テレビ東京のカンブリア宮殿という番組で紹介された

「家族主義で売り上げ倍増!次世代”働き方改革”の秘密」

に出てきた万松青果の話が印象に残ったのでご紹介します。

 

テレビ東京のカンブリア宮殿のサイト
https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2021/0909/

 

 

万松青果は京都の一流料亭御用達の仲卸業者です。

取引先も大手スーパーが中心だったのが、時代の変化とともに料亭や個人店に変わり、小口取引やばら売りが増えていったため、野菜の大きさ、見栄え、原産地など、より細かくお客様のニーズに応えるようになってきました。

 

 

評価方法も以前は成果主義だったそうですが、利益や売上を重視するのではなく、お客様を喜ばせることを重視していく中で、年功序列の家族主義経営に変わっていったそうです。

家族主義経営になったことで、困りごとや売上を共有し、皆で考える文化ができていきました。

「お客様を喜ばせる」という信念で仕事をするため、「喜んでもらえた週報」という喜んでもらえたことを1日一つ書いていくというユニークな取り組みをしています。

 

 

また、仕事に対する権限を社員に譲渡することで、個性的で自分で考えて行動する社員が育っています。

万松青果の会長の中路和宏さんがおっしゃっていた言葉が印象的でした。

「期待したよりも『ちょっとだけ』少しずつ期待を上回っていく。
その積み重ねが万松青果の仕事です」

 

 

私も、患者さんの期待を少しだけ上回れるような仕事を積み重ねていきたいと思いました。

 

19番目のカルテ 徳重晃の問診【2】

19番目のカルテ 徳重晃の問診【2】(ゼノンコミックス)
富士屋カツヒト 、 川下剛史

なんでも治せるお医者さんを目指して奮闘する医師の物語の第二巻です。

整形外科の専門医だった3年目の滝野先生が、「なんでも治せるお医者さん」を目指して、徳重先生と共に総合診療科で日々の診療にあたります。

 

 

病院に来る人々は「疾患」と「病い」を抱えているという言葉が印象的でした。

・「疾患」は医学的に説明できる客観的な症状や体の状態

・「病い」はその疾患を通して受ける不便さや感情の変化、患者が受ける様々な影響のこと

 

 

病気になった時、人は色んなことを考えるし、生活や人間関係も変わらざるを得ないかもしれない。

だから、病気だけではなく、家族を含めて患者がどんな影響を受けるのかを考える必要がある。


ただ疾患を診ればよいのではなく、その疾患が患者さんにどう影響しているのかを見定めて解決策を探っていくところが、総合診療医の腕の見せ所なのだと思いました。

 

 


また、第二巻では、総合診療医の徳重先生の師匠でヒゲパン先生こと、赤池先生が登場します。

赤池先生は、医師として技術や知識ではない、大事なことに気付かせてくれます。

 

 

ある日、徳重先生は自分が主治医をしていた亡くなった患者さんの日記を見て、実は患者さんが病気への不安や、排泄介助の申し訳なさ、痛みに苦しんで耐えていたことを知ります。

なぜ自分に言ってくれなかったのか、自分に何ができたかを悩み、考える徳重先生に、赤池先生はこんな話をします。

 

 


あらゆる知識を覚えても、どんな技術を身に付けたとしても、望まれなければ俺たちは何もできないんだ。

俺たちが見ているのは「人間」だから。

例えば医学書を全部覚えてどんな手術でもできる奴になったとして、それだけじゃ機械みたいなもんだ、本当に役に立てるかね。

 

 

俺はそうはなりたくない。

俺はどこまでいっても、ちょっと色々知っているおせっかいな隣のおじさんでいたいね。

お前が周りからどう思われたいかは知らないよ。

けどな、俺もお前も人間だ、できないことはあるよ。

 

 

だったら人間として使える武器はなんだって使ってけばいい。

まずは顔、そんな顔した奴に本音なんて話せないだろ。

誰が相手でも否定せず、じっと話を聞き、寄り添い優しく包む。

この広い海のような、なんでも受け止める医者になれよ、徳重。

 

 


このやりとりにじーんときました。

自分にできることは少ないですが、少なくとも相手を否定せずじっと話を聞くことはできます。

私も日々の臨床で、こんな姿勢を忘れずにいたいと思います。

 

福祉に経営のノウハウを

先日、NHKの知恵泉で放送されていた

「福祉の世界に新たな風を!小倉昌男」

という話をご紹介します。

先人たちの底力 知恵泉(ちえいず) 「福祉の世界に新たな風を!小倉昌男」
https://www.nhk.jp/p/chieizu/ts/R6Z2J4WP1Z/episode/te/ZZPPRRG67Z/

 

 

小倉昌男さんはヤマト運輸の元社長で、儲からないといわれた個人宅配の市場を切り開き、「宅急便」によって人々の生活の常識を変えた方です。

ブログ:小倉昌男 経営学
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/oguramasaobusinessadministration/

 

 

そんな小倉さんは、晩年は福祉に携わっており、その取り組みの内容が紹介された番組でした。

福祉の現場で障がい者が働く共同作業場を見学した小倉さん、その工賃が月1万円であることに驚きます。

 

 

自分にできることは寄付をすることぐらいだ、と考えていましたが、福祉に携わる方から経営を教えてほしいと依頼を受けます。

そこで、小規模作業所パワーアップセミナーという経営セミナーを各地で開催し、「福祉に経営のノウハウを」という講演をします。

 

 

ところが、セミナーの内容が共同作業所の経営者に響きません。

・障がい者を大切に手厚くすることが大事だ

・福祉にお金儲けの考え方は合わない

・仕事の内容的に工賃をあげるのは無理だ

 

 


そんな想いの経営者たちに、

「儲けることは悪いことではない」

「病院でも経営がうまくいかないと潰れる」

「医療でも福祉でも経営は大事だ」

と、一生懸命経営の大切さを説明します。

 

 


また、作る商品も「牛乳パック→はがき」、「廃油→石けん」といったリサイクル商品だけでなく、市場が求めているものを作るべきだと提案し、障がい者が求めていることを話します。

障がい者が求めているのは何か。

それは「生きがい」だ。

健常者のように働くことで、仕事が喜びとなり生きがいになっていくのだ。

 

 


だからこそ、賃金を上げる必要があると考え、工賃を月10万にすることを目指していきます。

とはいえ、工賃を月10万にすることを簡単なことではありません。

そこで小倉さんは自ら行動し、パン作りを行うことを考えます。

 

 

パンを作る作業工程を消費者に見せること、袋に入れず直接店頭に並べることで、目と鼻に訴える戦略です。

1998年6月、銀座にベーカリーショップを開店し、障がい者も積極的に雇用します。

その結果、ベーカリーショップは大成功を収め、フランチャイズ展開して全国に広げていきました。

障がい者の工賃も月10万を達成することができました。

さらに、2015年にはベトナムでもベーカリーショップを開店しました。

 

 


「工賃を月10万にするのは無理だ」

と口をそろえる共同作業場の経営者たちに、小倉さん自らが行動しやってみせることで、

「福祉にも経営は必要だ」

と経営者たちの意識を変えることに成功するという話でした。

 

小倉さんというと宅急便というイメージが強かったのですが、福祉の分野にも経営の必要性を訴え、障がい者の生きがいに繋げていく活動をしていたことに感銘を受けました。

 

 

#興味がある方は、「9月14日(火)午後0:00」から再放送の予定ですのでご覧下さい。