なんで僕に聞くんだろう。

なんで僕に聞くんだろう。(幻冬舎)
幡野広志

2017年に多発性骨髄腫を発病し治る見込みがない著者が、真摯に、誠実に、人生相談に応える実話で、心に響きました。

「悩み相談で一番大切なことは、相手の答えを探ることだ。答えは悩む言葉のなかに隠されていて、悩み相談は相手を分析する作業だ。男性がやりがちな「問題解決」だけでも、女性がやりがちな「共感」だけでも足りないのだ。この二つがうまくミックスされたものが悩み相談に必要だとおもっている。」

著者のこの言葉は悩み相談の本質を突いていると思いますが、これがどれほど難しいことか。

「言葉で人の歩みを止めることも、背中を押すこともできるならば、できる限りぼくは背中を押す人でありたい。」

この言葉に象徴されるように、相談者に共感しつつも時に厳しく、時に鋭く問題の本質に迫る著者の言葉は、じーんと胸に響くものが多かったです。

なにかに悩んだとき、立ち止まったときに、背中を軽く押して「君ならきっと大丈夫だよ」と笑顔で言われたら、どんなに心強いか。

何度も読み返したい一冊でした。

以下に、特に印象に残った言葉を抜粋しました。

・ガン患者さんに安易に声をかけるのはリスクの高いことです。声をかけるのではなく、ガン患者さんの声に耳を傾けることが正解なんです。なぜなら患者さんは話を聞いてほしいからです。そして否定せずに、できる範囲でやりたいことの手伝いをしてあげてください。否定されるって本当につらいのよ、やりたいことや生きがいを奪われるぐらいなら死にたいもん。

・対応力だとか共感力だとかコミュニケーション能力だとか、いろいろありますけど、ぼくは問題解決能力が大人になるうえで必要な力のひとつだとおもっています。こぼれないコップを使えば失敗することもなくて簡単なんだけど、どんなに注意しても失敗やトラブルって絶対に起きるので、大切なのは解決する能力です。

・子どもが選ぶべきことを親が選んでしまうと、子どもが大人に成長したときに自分で選ぶことも自分で考える力も培われず、失敗を恐れて行動しない、好きなことや自分がやりたいこともわからなくなってしまう大人になります。失敗をさせないことが、子どもの人生を壊す行為だとぼくはおもいます。子供のためをおもってのことかもしれないけど、とても優しい虐待です。

書店員の選書宅配

先日、産経新聞に掲載されていた「書店員の選書宅配」の記事を紹介いたします。

コロナウイルス感染症による外出自粛をきっかけに、書店員が客の好みに合いそうな本を選んで送り届ける「選書宅配サービス」が広がっているそうです。

https://www.sankei.com/life/news/200727/lif2007270002-n1.html

来店できないお客様をつなぎ留める策であると同時に、読書好きな方の新しい発見にもつながるということで、需要も高まっているそうです。

以前に、当院のブログでも紹介しましたが、私も選書の先駆けである北海道のいわた書店の「一万円選書」に応募して、運よく当選いたしました。

一万円選書に当選しました

ただ、この選書サービス、どの書店でもできるわけではないと考えています。

「誰に選んでもらうか」がとても重要で、選ぶ方の読んでいる本の多彩さや本のセンスに左右されるからです。

単に好みを聞いて、良さそうな本を選ぶだけのサービスなら、機械的に誰でもできてしまうので、おそらく長続きしないと思います。

選書を注文された方が、どんな仕事をしていて、どんな家族構成で、どんな考え方をしていて、どんなことに幸せを感じるのか。

そのあたりをしっかり確認して本を選んでもらうからこそ、今までにない新しい発見や、未知の本でも読んでみようという気になります。

当然、時勢や経済状況、トレンドなども年々変化しているので、それに合わせて常に新しい本を読み続けなくてはいけません。

いわた書店の「一万円選書」は、2007年に始まって2020年現在も続いており、申し込み件数も増えているというのは、いわたさんに選んでもらうことの価値を感じます。

良質な選書ができる書店が増えて、新しい本との出会いを楽しむ方が増えたらいいなと思います。

最近の営業電話について

以前に、

「営業電話が毎日かかってくる」

という投稿をしました。

開業前にも関わらず営業電話が毎日かかってくる

その後も、毎日ではないですが、たびたび営業の電話がかかってきます。

「090」や「080」で始まる番号からかかってくるので患者さんの可能性もあるのですが、営業電話の場合は電話に出ると、

「オーナー様でしょうか?」
「責任者の方はおられますか?」

と言われるので、すぐに分かります。

『勧誘は間に合っていますので、結構です』
『今、忙しいので、勧誘でしたら結構です』

と言って電話を切っています。

こういったお電話の内容が本当に必要な方もおられるかもしれませんが、少なくても現在の当院では不要なので、すぐに電話を切ることにしています。

ところが、最近かかってくる営業電話は、ちょっと話を長引かせようとするものが出てきました。

例えば、以下のような感じです。

「インターネットの口コミを見てお電話したのですが」
「友人からそちらで腰痛が良くなったと聞いてお電話したのですが」

このように言われると、こちらもまず

『お電話ありがとうございます』

と応じることになります。

そのあとに、

「院長先生でしょうか?」

と聞かれると、患者さんの可能性もあり、症状の相談というケースもあるので、

『はい、そうですが、どういったご相談でしょうか?』

と、会話を続けていきます。

そのあと、

「わたくし、〇〇マーケティングの××と申します」
「集客サービスを行っている〇〇社です」

などと言われると、がっくりきます(笑)

結局、

『集客は間に合っていますので、結構です』

と言って電話を切ります。

少しでも話を長引かせて聞いてもらおうという戦略なのだと思いますが、残念な気持ちになります。

こんなことでイライラしても損なので、

『よし、ブログのネタにしよう』(笑)

と思って、今回は直近の営業電話の話を書いてみました。

こういうことも何回か続くと、電話に出た直後に営業電話っぽいなというのは分かってきます。

もし私と同様に、営業電話でお困りの方の参考になれば幸いです。

ラジオ聴取で右脳活性化

産経新聞に掲載されていた記事からのご紹介です。

「ラジオ聴取で右脳活性化」という内容です。

インターネット上でラジオ配信をしているradiko(ラジコ)の運営会社が、ラジオ聴取と脳の働きの関係性をMRIを用いて検証しました。

調査は、大学生を対象に1日2時間以上、1ヶ月にわたってラジオを聞き、聴取前後の脳の状態を観測。

その結果、ものの形や人の顔などイメージ記憶をつかさどる右脳の一部が活性化している様子が見られたそうです。

監修をしている脳内科医の加藤俊徳医師は、

「耳から入ってきた情報を聞き分け、意味や情景を想像することで脳の働きが活性化している」

と分析しています。

まだ調査対象人数は少ないのですが、今後人数を増やしてどうなるか期待したいです。

今回はラジオ聴取による検証でしたが、耳から入ってきた情報という意味では、「絵本の読み聞かせ」や「音楽を聴く」といった行為でも、同様に脳の働きを活性化させる可能性があると思います。

それが今後どう生かされるかは分かりませんが、医療や介護の現場で何かしら活用できたらいいなと思いました。

ネットの履歴書

先日、定期的に読んでいるブログで「ネットの履歴書」という話がありましたので、紹介します。

経営者必須!「ネットの履歴書」の普及が誹謗中傷を抑止する?
https://brain-gr.com/tokinaika_clinic/blog/management-plan/internet-resume-to-protect-the-company/

最近は、インターネット上の書き込みや動画が炎上し、風評被害が発生する事例が増えています。

また、テレビ番組の出演者がインターネット上の誹謗中傷に耐えられず、自殺した事件もありました。

ネットは匿名が多いので、人に知られないということで、過激な書き込みをする方がいるのだと思います。

企業としては、採用した人材がインターネットで炎上するような事件を起こすことで、会社のブランド名を傷つけて損害を与えてしまうというリスクがあります。

そこで、通常の履歴書や職務経歴書、面接だけでは分からない、インターネット上の姿を明らかにする「ネットの履歴書」というサービスが登場しました。

これは、SNSや本人が書き込んだインターネット上のデータを、ITの専門家が収集して解析するそうです。

個人が気軽に情報を発信できることができるようになった反面、それがきっかけで特定の個人や会社に損害を与えることが増えてきた現代社会。

こういったサービスが、インターネット上の誹謗中傷や風評被害を防ぐきっかけになればいいなと思いました。