2023_大相撲一月場所を観戦してきました

先日、大相撲一月場所を観戦してきました。

前回、2022年五月場所を観戦した時と比べて、感染症対策はだいぶ緩和されていました。

参考:2022_大相撲五月場所を観戦してきました
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/sumo202205

 

それでも

・マスク着用

・入場時の消毒・検温

・換気のため外気に接する扉や窓を開放

・飲食は可能だが、黙食とする

・規制退場

など、一部の制約がありました。

 

 

今回も力士のサイン入り色紙やストラップ、ラバーバンドなどが当たるガラポン抽選会がありましたが、ハズレでした。
いつか当たる日が来るのでしょうか(笑)

ガラポン抽選会に並んでいる時に、初めてすももちゃんという相撲協会のキャラクターに会いました。

現在、ひよの山をはじめとして、赤鷲、あんこ山、すももと4種類のキャラクターがいるようです。

参考:日本相撲協会のサイト
https://www.sumo.or.jp/Watching/guide/tokyo/room/615/#hiyonoyama

 

 

また、1階の正面通路に初代から73代までの歴代の横綱の写真パネルが飾られていました。

ちなみに、私が相撲を観るようになったのは、第64代の曙からです。

曙が横綱になったのが平成5年(1993年)なので、現在の第73代の照ノ富士まで、約20年間で10人しかいません。

 


さて取組ですが、私が観に行った日は波乱の一日でした。

・十両で全勝だった朝乃山が初黒星

・優勝争いトップの大関貴景勝が黒星

・前日、足首の怪我で休場していた関脇豊昇龍が再出場

個人的には、最近は翠富士と若隆景を応援しています。

どちらも小柄で軽量な力士ですが、技のうまさや粘り強さがあり、土俵際で堪えて逆転したり、大きな力士の懐に入って足技を仕掛けたりと多彩な取り組みが多いのが好きです。

本日が千秋楽(最終日)、11勝3敗で並んだ大関の貴景勝と平幕の琴勝峰、二人の直接対決です。

どちらが優勝するのか、最期まで楽しみです。

 

 

「THE FIRST SLAM DUNK」を観に行ってきました

年末に映画「THE FIRST SLAM DUNK」を観に行ってきました。

私は小学校中学年~中学3年までバスケ部に入っていました。

少年ジャンプにスラムダンクが連載されていた頃から大好きで、コミックスも購入して何度も何度も繰り返し読み返して、内容はほとんど覚えています。私の歴代漫画ランキングトップ3に入ります(笑)

 

 

そんなスラムダンクですが、漫画作品を映画化した場合、声優さんのイメージが合わなかったり、自分が大好きなシーンがカットされていたり、一部変更されたりするのがいやで、今回の「THE FIRST SLAM DUNK」も観なくてもいいかと考えていました。

ところが、私と同世代の患者さんから

「すごくおもしろかった」

「もう一度観に行こうと思っている」

という話を聞いて、せっかくなので観に行ってきました。

 

 

内容を言うとネタバレしてしまうので、あらすじだけ簡単に触れます。

物語はスラムダンクのクライマックスである全国大会2回戦、絶対王者山王高校 vs 湘北高校(主人公たちのチーム)の戦いを描いています。

それだけだと原作と同じなのですが、本映画では湘北高校のある一人の選手の過去を回想しながら、その過去に秘められた想いや積み重ねてきた努力、個人やチームの成長が描かれていきます。

原作では笑えるシーンや恋愛シーンもあるのですが、映画では真剣勝負に焦点を絞っていたためか、一部がカットされていました。

私が大好きな魚住(主人公チームが県大会で最後に対戦したチームのキャプテン)が出てくるシーンもカットされていました。

それでも、すごく熱い戦いが、臨場感をもって、大きな音で伝わってくることが感激でした。

まるで自分がその試合を生で見ているような感覚でした。

 

 

映画館なので歓声をあげることはできませんが、思わず

「湘北がんばれ~!!」

と応援したくなってしまいました。

ちなみに、私が観に行った時間帯が、たまたま轟音(ごうおん)シアター という「音の体感・迫力あるサウンド」を売りにした上映となっていたので、さらに迫力が満点でした。

スラムダンクが好きな方、バスケットが好きな方は楽しめる映画になっていると思います。

参考:映画『THE FIRST SLAM DUNK』公開後PV
https://www.youtube.com/watch?v=ZRlrH_N10aI&feature=emb_rel_end

 

ジャズを聴きに行ってきました

先日、ジャズを聴きに行ってきました。

場所は大田区民プラザで、「下丸子JAZZ俱楽部」が主催している公演でした。

今回の公演は開催29周年でテーマは

「TENOR MADNESS」
最強のテナーサックス奏者を迎えてジャズとラテンとビッグバンドの共演
下丸子JAZZ俱楽部史上屈指のテナーバトル合戦

というものでした。

 

 

下丸子JAZZ俱楽部は、プロデューサーとしてテナーサックス奏者の高橋達也さん、監修として音楽評論家の瀬川昌久さん、制作に伊波秀進さんを迎えて、1993年から定期的にジャズの公演を行っています。

高橋達也さん、瀬川昌久さんはお亡くなりになりましたが、伊波秀進さんが2代目プロデューサーとして続けられています。

下丸子JAZZ倶楽部
https://www.ota-bunka.or.jp/event/sponsored/shimomaruko_jazz_club

 

 

ジャズの生演奏を聴くのは初めてだったのですが、壮大な演奏で驚きでした。

サックス(テナーが4人、アルト、バリトン)を中心に、ピアノ、トランペット、トロンボーン、ドラム、ベース、エレキギター、コンボ、コントラバス、マラカスのパーカッションなど、多くの楽器が演奏されていて、それが重なり合うことで、音が響き渡り、なんともいえない心地よさがありました。

 

 

 

特にラテンの演奏では、ドラムとコンボのリズムや即興アドリブなどもあって、とても楽しめました。

最後はジャズとラテンとビッグバンドの共演で、4人のテナーサックス奏者の個性あふれる演奏バトルや、迫力があってテンポのよいリズムに興奮しました。

3時間30分の公演でしたが、あっという間の時間でした。また行きたいです。

 

 

2022_大相撲五月場所を観戦してきました

先日、久々に大相撲五月場所を観戦してきました。

・座席はマスS・A席は4名使用、B・Cのみ4名用を2名使用、イス席は間引きなしで販売

・大声での声援は禁止。応援は拍手で行う

・地下1階大広間に飲食スペースを設けており、飲食の際は飲食スペースの利用が可能

・規制退場を行う。取組終了後、方向別に4回に分けて退場する

など、まだ制約はありましたが、7割くらいの観客が入っていました。

 

 

来場者へのお楽しみとして、本場所の取り組みだけでなく、それ以外にも楽しめる企画が満載でした。

①ガラポン抽選会

入場者全員が参加できる抽選会です。
力士のサイン入り色紙やストラップ、ラバーバンドなどが当たります。
→残念ながらハズレでした(ーー;

 

 

②相撲博物館

国技館内に相撲博物館があり、今回は「69代横綱白鵬翔」展が開催されていました。

横綱白鵬の偉大な功績や横綱になるまでに軌跡、着物や化粧まわし、優勝トロフィーなどが飾ってありました。

 

 

③フォトスポット

等身大の力士パネルと写真がとれる場所です。
今回から、大関となった御嶽海のパネルが追加されていました。

 

 

④スイーツ親方

スイーツ親方として知られる62代横綱大乃国の芝田山親方が厳選したスイーツを販売するコーナーです。親方ご本人が売り場にいらっしゃっていました。

 

 

⑤規制退場に伴うお楽しみ抽選会

取り組み終了後、一斉に帰ると出入口が混雑しますので、混雑緩和を目的に規制退場を行っていました。


その際、正面、向こう正面、東側、西側と4方向の座席ごとに、チケットの座席番号でのお楽しみ抽選会が行われました。


1日20組に、大相撲商品券(3000円分)、直筆サイン入り手形色紙などが入った相撲グッズの詰め合わせセットが当たります。
→こちらも、残念ながらハズレでした(ーー;

 


取組はやはり見応えがありました。

声援を送ることはできませんでしたが、拍手の大きさや応援タオルの数で、人気度や取組の期待度が分かって楽しめました。

まだ序盤ですが、

・前回優勝の関脇の若隆景

・突き押しが武器で初日に横綱に勝った大栄翔

・幕内最年長の玉鷲

・先場所休場から復帰した横綱の照ノ富士

など、白熱した取り組みが多かったです。

優勝争いがどうなるか、最後まで楽しみです。

 

 

誕生日にお寿司を食べました

私たち夫婦は二人とも3月が誕生日です。

誕生日のお祝いに、先日、妻とお寿司を食べに行ってきました。

 

 

今は、注文は全てタブレットで行います。

声を出して店員さんを呼ぶ必要がないですし、店員さんの忙しさを気にせず好きなタイミングで注文できるので、とても便利です。

 

 

また、わさびの有無や、しゃりの量、ハーフカット(小分けにする)の有無なども設定できるのも素晴らしいサービスです。

作る方の職人さんは大変かもしれませんが…

 

 

私はたくさん食べるので、しゃりの量は普通にしますが、妻は少なめにして注文しています。

たまに、妻に寿司のネタの部分だけ取られてしまい、しゃりだけが残ることもあります…(涙)

ちなみに、私はマグロ、トロ、いくらが大好きで、妻はウニ、貝類が大好きです。

 

 

お寿司を食べたあとは、家で妻が買ってきてくれたケーキを食べました。

誕生日にお寿司とケーキが食べられるというのは幸せなことだと実感しました。

 

 

これから先も、二人とも健康でおいしいものがずっと食べられたらいいなと思いました。