日本講演新聞_クスっと笑うために

日本講演新聞の記事からのご紹介です。

※ 2020年から、新聞の名前が「宮崎中央新聞」から「日本講演新聞」に変わりました。

宮崎中央新聞社のサイト
https://miya-chu.jp/

本新聞に紹介されていた精神科の医師で日本笑い学会四国支部代表の枝廣篤昌先生の「つらい時もクスっと笑うために」の話が印象に残りました。

この記事で、笑いには大きく四つの効用があると書かれています。

①誘引する力
人を引き付ける力のことです。笑っている人たちがいると、人のその輪の中に入りたくなります。

②親和する力
笑い合うといつの間にか親しくなる力です。
初対面でも、最初に笑いが出ると話しやすくなります。

③浄化する力
笑いは百薬の長といい、病気が良くなったり、体内の毒素を浄化させる力があります。

④解放する力
心を解放してゆとりを生み出す力です。
どうにもならない状態に追い込まれた時、それを笑い飛ばすことで人間は解き放たれます。

枝廣先生は笑うことで元気が出て、「明日もまた頑張ろう」という力が湧いてくるとおっしゃっています。

そのために、つらいことがあった日でも寝る前に「今日あった楽しいこと」を一つ思い出す習慣を身に付けるよう勧めています。

こんなご時勢だからこそ、笑っていやなことを忘れて楽しい気持ちでいたいです。

ちなみに、以前のブログにも書きましたが、指圧で有名な浪越徳次郎先生も、笑いの効能について説明しています。


参考までにこちらもご覧ください。

浪越徳次郎 指圧一代記_笑いの効能
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/smile/


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]