病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト。2

病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト。2 看護師4年目、もう辞めたい…編 (いろは出版)
仲本りさ

「病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト」シリーズの第二弾です。

参考:「病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト」シリーズの第一弾
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/hentekohospital/

前作は、「死をどう乗り越えるか」がテーマでしたが、今回は「もう辞めたい」と思うような現実に直面する展開が描かれています。

患者さんのためを思ってやっている処置でも、場合によっては痛がられたり、ムッとされたりして嫌がられ、悪魔みたいな存在になってしまうという現実。

それに対して、一人の看護師としてどう向き合って受け入れていくのかが、分かりやすいイラストとともに丁寧に描かれていました。

「しんどいけどもうちょっと頑張ってみよう」という前向きな気持ちが感じられる終わり方で読後感もよかったです。

以下に印象に残った言葉を抜粋しました。

・医療者は病気になった人の治療のためだけにいるんじゃなくて、その人の人生を大切にするためにいるってことを忘れないようにしたい

・悩み続けて行き着いたのは、失っていくことや解決されない苦しさを抱いたまま、「ただ今日を一緒に居る」とうこと。それだけのことにかけがえのない価値を見出す感受性をもつという姿勢が大切。

本書の執筆期間中に広がった新型コロナウイルスについても、

「仕事だから仕方なく」

「コロナ患者さんに対応するスタッフになんて声をかけたらよいのだろう」

といった本音が描かれていたのもよかったと思います。

苦しみながら考え続ける看護師さんを応援したくなる一冊でした。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]