リハビリデイサービスを退職しました

2020年3月末で、機能訓練指導員として非常勤で勤務していたリハビリデイサービスの仕事を退職しました。

2015年7月より約5年間勤務し、当初は週2回、2019年6月に治療院を開業してからは週1回、働かせて頂きました。

在職時は多くのスタッフ、利用者さんと関わってきました。

利用者さんは介護の認定を受けており、片麻痺の方、股関節や膝が悪く歩くのが大変な方、認知機能が低下し始めている方など、様々な方がいらっしゃいました。

そんな中で、機能訓練やマッサージだけでなく、ベッドからの起き上がりやイスからの立ち上がり、歩き始めのケアの大切さを学ぶことができたのは非常に勉強になりました。

また、口腔体操や集団体操において、何の目的でどんなことをしているのかを身近で見て学ぶことができたのもよかったです。

これらの経験が現在の治療院での患者さんへの施術や体の動かし方の助言、自分でできる運動のサポートなどに、大いに役に立っています。

この経験を生かして今後も患者さんの力になれるよう精進していきたいと思います。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事

▶︎ しもたや

[カテゴリー]