ボーリングのスコアを手書きする

先日、70代の患者さんからボーリングに行った話を聴きました。

 

 

その際、一時的に点数計算をする機器が使えなくなり、久しぶりに紙に手でスコア(点数)を書いたそうです。

その患者さん曰く、

「昔は、全部手書きで書いていた」

とのことで、今でも書き方を覚えているそうです。

実は私も初めてボーリングをした10代前半の頃、古いボーリング場だったため、スコアを手書きしていました。

だから、ストライクやスペアのあとのスコアの付け方も知っています。

 

 

ただ、スコアが自動計算されるのが当たり前の世代の方だと、手書きはできないかもしれません。

他にも麻雀やダーツの点数計算なども、今は自動的にやってくれるようになりました。

 

 

自動計算は便利なのですが、たまには手で計算したり、書いたりすると、脳の機能が活性化されてよいかもしれないなと思いました。

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]