治療は患者さんの体の微細な変化に気づいていく作業である

私が手技による治療方法を教えていただいている先生から言われた言葉があります。

「治療は患者さんの体の微細な変化に気づいていく作業である」

微細な変化に気づいていければ、その微細な変化を増幅することも可能となります。
微細な変化をみつけようとすると、介入も、微細になっていきます。

その微細な介入の中で、微細な反応を引き出し、それを増幅して、連動や自発動を導いていく。
そのために、操体や経絡やツボを利用していく。

私自身、まだまだ体の微細な変化を捉えきれないところもありますが、少しずつ分かるようになってきました。
また、動作前後、施術前後で体がどう変わったかを意識して観察するようにしています。

これからも精進していきます。

関連記事


[カテゴリー]