長生きの秘訣

聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生。

 

日本で最初に人間ドックを開設し、早くから予防医学の重要性を説き、従来は「成人病」と呼ばれていた一連の病気の名称を「生活習慣病」に改めた。
100歳を超えてなお、スケジュールは2、3年先まで一杯という多忙な日々を送っている。
(出典:Wikipedia)

 

医師の村上智彦さんの著書「ささえる医療へ」の中で、村上さんが日野原先生に

「どうやったら先生みたいに長生きできますか?」

という質問をしたということが書かれていました。

 

食べ過ぎない

よく動く

くよくよしない

生きがいをもつ

 

健診を受けたから長生きなわけではなく、健康意識が大事であると日野原先生も言っています。

たった4つのことですが、非常に分かりやすく、簡潔にまとまっています。

平均寿命ではなく健康寿命を延ばすため、この4つのことを患者さんにもお伝えしようと思います。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]