心の中のジュブナイル

先日、ラジオを聴いていたら、投稿者からのリクエストで、

「世界でいちばん熱い夏」 PRINCESS PRINCESS

が流れてきました。

この時期にちょうどよい選曲ですね。

懐かしいなぁと思って聴いていたのですが、今更ながら二番の歌詞で疑問に思った言葉がありました。

(一部、歌詞を抜粋)
モノトーンの時間が いつの間にかうばっていった
心の中のジュブナイル とりもどすのよ あなたといっしょに

「ジュブナイル」ってどういう意味??

皆さん、分かりますか?

ちょっと調べてみました。

「ジュブナイル」は、ティーンエイジャーを対象とする修飾詞だそうです。

Juvenileの本来の意味は「少年期」であり、日本では、児童あるいはヤングアダルト向けジャンルの呼称として使われているそうです。

つまり、まだ大人にはなっていなくて、純粋無垢な子供、またそういう少年時代の時期のことをジュブナイルと言うそうです。


なるほど、そうすると上記の歌詞は、

「単調で代り映えのない日々がいつのまにか奪ってしまった、心の中にある少年時代の気持ちを、あなた一緒に取り戻そう」

こんな感じの意味になるのですかね。

何気なく聴き流していましたが、なんとなく心に残る歌詞でした。


◆引用元

・Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%96%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AB

・毎日読む英英辞典
https://e2dic.net/archives/97


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]