運の良くなる生き方_ 謙虚さがないと運が逃げる

西中務 著「 1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運の良くなる生き方」 」からのご紹介です。

立派なことをしたのに運を落とすことがあるという話にドキッとしました。

「私は立派なことをした。大変に苦労した」

と思うことで高慢な態度となり、それが人間関係を悪くして運を遠ざけるという話は、私も経験したことがあります。

自分が周りのために何かをやると、

「皆のために、やってあげている」

という高慢な気持ちが出てしまいます。

「やってあげている」ではなく、「やらせてもらっている」と思う謙虚な心を忘れない。

良いことをしたときにこそ、謙虚でいられるようになりたいものです。

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]