一橋桐子(76)の犯罪日記

一橋桐子(76)の犯罪日記(徳間文庫)
原田ひ香

人に迷惑かけない老後を送るためには、どう生きればいいのかをテーマにした小説です。

76歳になり、同居していた親友も亡くなり、途方に暮れる一橋桐子(ひとつばしきりこ)。

人に迷惑をかけないように老後を過ごすには、刑務所に入ればよいのでは?と考え付きます。

あんまり人に迷惑をかけずに重い罪になる犯罪は何だろうと模索しながら、どうやって老後を生きていくか考える物語に引き込まれました。

 

 

万引、偽札、闇金、詐欺、誘拐、殺人と章が後半になるほど、重い罪となる犯罪について検討していく展開です。

身寄りもなく頼れる親族もおらず、わずかな年金と清掃のパートでは毎日を過ごすのがやっとで貯金もできません。

そんな桐子が、犯罪を犯すべきか葛藤する様子がリアルで、不安な老後をどう過ごしていくのか、心に響く内容でした。

 

 

特に、誰にでも丁寧に接する桐子の人柄の良さが好きでした。

終盤はどうなるかとハラハラしながら読みましたが、桐子の人柄や真面目さ、責任感が伝わってくる終わり方で読後感もよかったです。

ドラマ化するなら市原悦子さんがぴったりの配役だと思いました。

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]