介護施設での転倒予防運動のご案内

今年はコロナウイルス感染症拡大の影響で、外出する機会が減って筋力の衰えが気になる方もおられると思います。

そんな方を対象に、9月に北区の介護施設内で実施される転倒予防、筋力アップ体操をご案内いたします。

対象は以下の方々です。

・65歳以上で、医師から運動制限を受けていない方
・介護保険サービスを利用されていない方
・西ヶ原2~4丁目、滝野川1~2丁目にお住まいの方

体操を実施する日は以下の2日間です。

料金はどちらも無料です。

①9月4日 (金)13時30分~14時30分
運動指導員による転倒予防運動を行います。

②9月15日(火)14時00分~15時30分
おたっしゃ教室の説明+体験会です。
簡単なストレッチと筋力アップの体操を行います。

※ 現状、実施予定とのことですが、コロナウイルス感染症拡大の状況によっては延期または中止となる可能性もございますので、ご承知おき下さい。

指導する方は、運動特化型デイサービスのリハビリデイあすかで、運動指導をされている先生です。

私も非常勤スタッフとして約5年間、リハビリデイあすかに勤務して体操の様子を見ていましたが、座りながら、無理のない範囲で、ゆっくりと運動やストレッチをやっていきますので、運動や体操が苦手な方でも安心です。

参加をご希望の方は、以下にご連絡してお申し込み下さい。

①飛鳥晴山苑高齢者あんしんセンター(電話:03-3940-9175)

②北区健康福祉部 長寿支援課(電話:03-3908-9017)

運動不足で何かしたいと考えていらっしゃる方、よかったらご利用下さい。

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]