不動産屋さんから聞いた話

先日、不動産屋さんに行ってきました。

現在借りている、はり・きゅう・マッサージの店舗物件がまもなく2年を迎えて、その更新手続きをするためです。

 

 

無事に更新が終わったのですが、その際に不動産屋さんから聞いた話を紹介します。

当院は定休日が水曜日のため、水曜日に不動産屋さんに伺いたかったのですが、不動産業界の慣例として水曜日が定休日なんだそうです。

 

 

それはなぜか?

契約が「水」に流れることを連想させるからだそうです。

そのため、水は縁起が悪いと考えて水曜日が休みのところが多いようです。

 

 

そのほかにも

・土曜日、日曜日にお客さんが多いから、土日から離れた水曜日がちょうどよい

・月曜日、火曜日は土日の契約処理がある

といった理由もあるそうです。

 

ちなみに、私が水曜日を定休日にしたのは、

・働いている世代のために土曜日、日曜日を営業したかった
(自分自身がシステムエンジニアとして働いていた頃、土日にお世話になっていたため)

・開業前に勤めていた介護施設の副業が水曜日だった

という、縁起を担いだ理由ではないです。

 

 

鍼灸マッサージの治療院を開業した先輩の話では、必ずしもずっと同じ定休日や営業時間にしているわけではなく、その時の状況に応じて変更しているそうです。

私も今後の社会情勢や自分自身の状況を見ながら変更するかもしれませんが、しばらくは水曜日を定休日としてやっていこうと思います。

 

 


参考サイト:各業界の定休日。不動産屋はなぜ水曜休みが多いの?

各業界の定休日。不動産屋はなぜ水曜休みが多いの?


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]