東京都で自転車の保険加入が義務化されます

2020年(令和2年)4月1日から、東京都内では、条例により自転車保険(自転車損害賠償保険等)への加入が義務化されます。

自転車を利用する方や自転車を事業で利用される事業者の方などが対象となるそうです。

背景には、近年の自転車による事故の増加があります。

未成年が起こした事故であっても高額な損害賠償請求が行われることもあるようです。

参考ページ:自転車利用中の対人賠償事故に備える保険等
https://www.tomin-anzen.metro.tokyo.lg.jp/kotsu/kakusyutaisaku/jitensha/anzennriyou-sokushin/jitenshahoken/index.html

私も訪問による施術の移動は自転車を使っています。

私の場合、加入している鍼灸賠償責任保険の中に「総合生活保険(個人賠償責任保障)」もついていて、自転車事故も対象になっています。

すでに加入している自動車保険や火災保険で個人賠償責任保険を特約として付帯できるケースがあるかもしれませんので、保険会社に確認するのがよいと思います。

事故を起こさないに越したことはないですが、事故の際に自分や相手を守るためにも、必要なものだと思います。

まだ自転車保険に加入されていない方はお早めにご検討下さい。

東京都都民安全推進本部 総合推進部 交通安全課のチラシ
https://www.tomin-anzen.metro.tokyo.lg.jp/kotsu/pdf/koutuu/pdf/chirashi_riyousha.pdf


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]