自分で動ける希望を生み出す魔法の車いすの秘密

先日、テレビ東京のカンブリア宮殿という番組で紹介された

「自分で動ける希望を生み出す ”魔法の車いす”の秘密!」

に出てきた常識を覆す車いすの話がおもしろかったのでご紹介します。

テレビ東京のカンブリア宮殿のサイト
https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2022/0825/

 

 

車いすというと、足の不自由な人が乗るというのが常識ですが、その常識を覆す足こぎ車いす「コギー」を開発したのがTESS社です。

参考:TESS社のサイト
https://www.h-tess.com/

TESS社を2008年に創業した鈴木堅之社長は、お金も技術もない中で「コギー」が足の不自由な方の役に立つと信じて、普及に向けて活動しています。

当初は50kgあった重さも、パラリンピックの競技用車いすを手がけるメーカーの協力を得て15kgと軽量化に成功、コンパクトになり使いやすくなりました。

 

 

「コギー」は、脳血管障害や交通事故などで下半身に麻痺が残っていて足が動かない状態であっても、歩行反射を利用して自力で漕ぐことができます。

また、小回りが利いて、低い段差であれば自力で乗り越えることができます。

高齢者施設でも、筋力低下のリハビリとしても活用されているそうです。

 

 

実際に「コギー」を使った人の声として、

・動かない足が動かせる

・自分の力で移動できる

・筋力が戻る

ということを実感しているそうです。

足の機能は一度失ったらそれまでで、上半身で補うという考え方しかなかった常識を覆し、足で漕ぐ車いすという発想が斬新でした。

お値段は通常の車いすより高いですが、足の筋力をつけるとともに、利用する方が自力で移動できる喜びを実感できる素晴らしい商品だと思いました。

 

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]