「甘手型」と「苦手型」

指圧をするときの親指ですが、その形によって、「甘手(あまて)型」と「苦手(にがて)型」に分類できます。

私と妻は、二人ともはり・きゅう・あんまマッサージ指圧師ですが、親指の形が正反対です。


これは「甘手型」です。この写真は私の親指です。

 



これは「苦手型」です。この写真は私の妻の親指です。

 

一般的には以下のように言われています。

「甘手型」は幅が広く多くの面積を押すことができるので、柔らかい圧刺激を与えることができます。

「苦手型」は幅が狭く単位面積あたりが小さいため、強い圧刺激を与えることができます。

どちらがよいというわけではなく、個性の問題です。

妻の親指は「苦手」ですが、親指を使ったマッサージが不得手で、ちょっとやると痛くなるようですぐに悲鳴をあげます。

というわけで、我が家では「甘手」の私が妻のマッサージをすることが多いです。

参考サイト:医道の日本社

http://www.idononippon.com/information/topics/2009/09/21.html

関連記事


[カテゴリー]