氣の臨床研究会に行ってきました

先日、三丹塾という氣の臨床研究会に行ってきました。

三丹塾

https://3tan.jimdo.com/

この勉強会では「感覚」を高めることを重視しており、

「気を感じること」
「気の滞りを見つけること」
「気を流すこと」

などを目的としています。

研究会では、体を診て、まずどこが悪そうか、どこに滞りがありそうか、などを見つけていく練習をしましたが、自分では気付かないことも多くあり、勉強になりました。

普段は自分の感覚だけでやっていますが、ベテランの先生と同じ着眼点に気付けたときはちょっと嬉しかったです。

今年は、患者さんの体の状態を観察することを意識して感覚を研ぎ澄ましていきたいです。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]