37の病院・医師をまわり、僕はがんを治した

37の病院・医師をまわり、僕はがんを治した(WAVE出版)
福島正伸 著

ガンという病気の治療法は正解がありません。
ガンに関しては医師の言うことがみな違うため、自分の価値観や信念にあわせて最後は自分で判断するしかない状況で、多くの方に支えられながらガンと闘ってきた著者の記録。

これだけ多くの病院をめぐったり、情報収集するのがどれだけ大変だったか。どの医師も「すぐに治療をはじめましょう」ということは共通していますが、副作用や後遺症なども考慮しながら決断するにはそれなりの時間が必要となります。

そんな中、社会復帰を信念とする著者が手術を選択肢から除外する場面は命の選択という覚悟が感じられました。

想像をはるかに超える副作用や後遺症がある中でも、諦めずに生きる活力をみつけ、最後まで闘い続けた著者に、読者としてこれからもエールを送り続けたいです。

関連記事


[カテゴリー]