一瞬で良い変化を起こす10秒・30秒・3分カウンセリング

一瞬で良い変化を起こす10秒・30秒・3分カウンセリング―すべての教師とスクールカウンセラーのために(ほんの森出版)
半田一郎

子どもたちと関わることが多い職業で使える工夫が満載の一冊で読みやすかったです。

これらの技術は、子どもたちだけでなく、大人相手にも使えると思います。

10秒、30秒、3分と、それぞれで工夫できるレベルが段階的に分かれていて、すぐに実践できるようになっていたのがよかったです。

・不適切な行動を減らすより、適切な行動を増やす

・どんな気持ちになったか本人の言葉で感情を言語化する

・事実関係に対してではなく、子どもの心の動きに対して支援を行う

・出来事、認知、感情を分けて考える

・カウンセリングは、共に眺める、共に考えるというのが基本姿勢

など、勉強になる考え方が多かったです。

また、なんて声をかけてよいか分からない時に

・どんなことが起きたら少しは楽しい?

・そのあとはどうしたの?

・もし声をかけるなら、どんなことを言いたい?

・どうやってその状況を切り抜けたの?

といった具体的な質問の仕方も参考になりました。

単に問題を解決して終わりという関わり方ではなく、

「子どもが問題状況に自分で対処していくことを支援する」

という子どもの成長を支援する関わり方になっているのが素晴らしかったです。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]