2022_大相撲五月場所を観戦してきました

先日、久々に大相撲五月場所を観戦してきました。

・座席はマスS・A席は4名使用、B・Cのみ4名用を2名使用、イス席は間引きなしで販売

・大声での声援は禁止。応援は拍手で行う

・地下1階大広間に飲食スペースを設けており、飲食の際は飲食スペースの利用が可能

・規制退場を行う。取組終了後、方向別に4回に分けて退場する

など、まだ制約はありましたが、7割くらいの観客が入っていました。

 

 

来場者へのお楽しみとして、本場所の取り組みだけでなく、それ以外にも楽しめる企画が満載でした。

①ガラポン抽選会

入場者全員が参加できる抽選会です。
力士のサイン入り色紙やストラップ、ラバーバンドなどが当たります。
→残念ながらハズレでした(ーー;

 

 

②相撲博物館

国技館内に相撲博物館があり、今回は「69代横綱白鵬翔」展が開催されていました。

横綱白鵬の偉大な功績や横綱になるまでに軌跡、着物や化粧まわし、優勝トロフィーなどが飾ってありました。

 

 

③フォトスポット

等身大の力士パネルと写真がとれる場所です。
今回から、大関となった御嶽海のパネルが追加されていました。

 

 

④スイーツ親方

スイーツ親方として知られる62代横綱大乃国の芝田山親方が厳選したスイーツを販売するコーナーです。親方ご本人が売り場にいらっしゃっていました。

 

 

⑤規制退場に伴うお楽しみ抽選会

取り組み終了後、一斉に帰ると出入口が混雑しますので、混雑緩和を目的に規制退場を行っていました。


その際、正面、向こう正面、東側、西側と4方向の座席ごとに、チケットの座席番号でのお楽しみ抽選会が行われました。


1日20組に、大相撲商品券(3000円分)、直筆サイン入り手形色紙などが入った相撲グッズの詰め合わせセットが当たります。
→こちらも、残念ながらハズレでした(ーー;

 


取組はやはり見応えがありました。

声援を送ることはできませんでしたが、拍手の大きさや応援タオルの数で、人気度や取組の期待度が分かって楽しめました。

まだ序盤ですが、

・前回優勝の関脇の若隆景

・突き押しが武器で初日に横綱に勝った大栄翔

・幕内最年長の玉鷲

・先場所休場から復帰した横綱の照ノ富士

など、白熱した取り組みが多かったです。

優勝争いがどうなるか、最後まで楽しみです。

 

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]