大相撲初場所を観戦してきました

1/16(水)に大相撲初場所を観戦してきました。
 
横綱・稀勢の里が、この日に引退することになりました。

土俵で稀勢の里の姿を観ることができなかったのが残念でした。

さて、相撲観戦前には懸賞袋やひよの山との写真撮影を楽しんで、ちゃんこを食べました。


 

本日の取り組みですが、
 
阿炎  対 遠藤
貴景勝 対 御嶽海
白鵬  対 北勝富士
 
など、熱戦が多くて楽しめました。

最近は、若手とベテランの力の差が少なくなってきたなと思います。
 
以前は上位の番付の力士が圧倒していたのに、最近は横綱、大関が負けるのが珍しくなくなりました。

40歳という現役最年長の安美錦や、序の口まで陥落してから再び十両まで番付をあげてきた豊ノ島などのベテラン力士も活躍も見応えがありました。
 
初場所の今後の展開も楽しみです。

横綱の取り組み前、稀勢の里の不戦敗がアナウンスされました。

すると、たくさんの「稀勢の里」の横断幕が掲げられ、「ありがとう」、「よく頑張った」という声が響き渡りました。

最後の方は怪我に苦しみながらも、ファンのために頑張ってきた稀勢の里。


17年間、おつかれさまでした。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]