金澤翔子さんの個展「つきのひかり」

年末に、書家の金澤翔子さんの個展「つきのひかり」を観に行ってきました。

https://k-shoko.org/

 

 

金澤さんは、「ダウン症の書家」として知られ、 伊勢神宮や東大寺をはじめ、名だたる神社仏閣の総本山にて奉納揮毫を行ったり、海外での個展も成功されている方です。

さて、「つきのひかり」では今まで金澤さんが手がけた作品が、3つの章に分かれて展示されていました。

※ 写真撮影、SNS投稿など、全て自由にやって下さいとのことでしたので、いくつか写真を紹介いたします。


第1章のテーマは「飛躍」です。

5歳から書道を始め、20歳で初めて個展を開きました。

そこから一気に書家として有名になったのですが、その時の初期の作品が公開されていました。

 

 

 

第2章のテーマは「自立」です。

現在36歳の金澤さんは30歳で目標としていた一人暮らしを始めました。

今回初めて公開される一文字シリーズや、本人の手記、手紙などが公開されていました。

 

 

 

最終章のテーマは「旅立ち」です。

今回の個展が始まってから新たに書いた作品や、今までにない作品が出てきます。

 

 

 

金澤さんの作品は、文字そのものに力強さが感じられるとともに、文字が想いを伝えているようで、惹きつけられました。


展示だけでも見応えがあって楽しめたのですが、私が観に行った日の時間帯はなんと金澤さん本人が登場して、目の前で揮毫するというイベントがありました。

事前に調べて行ったわけではなかったので、なんてラッキーなタイミング!!

金澤さんが大きな筆を使って一文字ずつ書いていく様子が、インスタライブでも生配信されていたそうです。

 

 

この日に書いた文字は「飛翔」。

みんなが羽ばたいていけますように。

来年(2022年)がよい年でありますように。

そんな願いが伝わる渾身の作品でした。

 

 

素晴らしい作品に触れられて大満足の1日でした。

個展は1/8(土)までやっているそうなので、興味がある方は足を運んでみて下さい。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]