オズボーンのチェックリスト

先日、何かを検索している時に、偶然役に立ちそうなものを見つけたのでご紹介します。

「オズボーンのチェックリスト」というものです。

これは、あらかじめ準備したチェックリストに答えることでアイデアを発想する方法です。

ちなみに、こちらのアレックス・F・オズボーン氏は、相手の意見を否定せず自由にアイディアを出す手法であるブレインストーミングを考案した人物です。

 

 

オズボーンのチェックリストには、以下の9箇条があります。

1.転用(Other uses):
改変・改良すれば(またはそのままで)、他に用途はないか?

2.適合・応用(Adapt):
他にこのようなものがあるか? 過去に匹敵したものは何か?

3.変更(Modify):
色・形・音・匂い・意味・動きなど、新しいアングルはないか?

4.拡大(Magnify):
大きさ・時間・頻度・高さ・長さ・強さを拡大できるか?

5.縮小(Minify):
より小さくできるか?携帯化できるか?短くできるか?省略できるか?軽くできるか?

6.代用(Substitute):
他の材料・他の過程・他の場所・他のアプローチ・他の声の調子・他の誰か・異なった成分など、他の何かに代用できないか?

7.再配置(Rearrange):
要素・成分・部品・パターン・配列・レイアウト・位置・ペース・スケジュールなどを変えられないか?原因と結果を替えられないか?

8.逆転(Reverse):
逆(正反対)にできないか? 後方(前方)に移動できないか? 役割を逆にできないか?ターンできないか?反対側を向けられないか?マイナスをプラスにできないか?

9.結合(Combine):
組合わせられないか?目的や考えを結合できないか?一単位を複数にできないか?

#引用元
KEYENCE:ものづくりの現場 トピックス
https://www.keyence.co.jp/ss/general/manufacture-tips/osborns-checklist.jsp

 

 

引用元サイトにも記載されていますが、電子レンジは軍事用レーダーの研究を行っている最中に、異なる用途への転用に気づいたことがきっかけとなって開発されたそうです。

例えば、当初は大きかったパソコンがノート型になって持ち運びできたり、固定電話機だけでなく子機を作ったり、ベッドが電動で上げ下げできるようにする、などの製品も、もっと役に立つものが作れないかとアイディアを出すことで生まれたのだと思います。

 

 

何か新しいことを始めたいが、闇雲に考えてもなかなかよいアイディアが思いつかない。

そんな時に、このチェックリストを使うと、別の視点から役に立つアイディアが生まれるかもしれません。

私の業種は、ものづくりではなくサービス業ですが、このチェックリストを使って、自分がやっていることを再検証してみたいと思います。

 

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

こんな症状の方が来院されています


関連記事

▶︎ 今時書店

[カテゴリー]