治療と直接関係ないけれど心がけていること

出張治療を行うにあたり、治療と直接関係ないことで心がけていることがあります。

●約束の時間を守る。(電車遅延等で遅れる場合も必ず電話で連絡する)

この仕事だけでなく、すべての仕事で大事なことだと思います。

●治療の開始時、終了時にきちんと礼をする。

以前に参加した勉強会の先生から学びました。
治療をさせていただくという気持ちが大事だと思います。
その先生は「これだけで患者さんとのトラブルの多くは回避できる」とおっしゃっていましたが、私もそう感じています。

●お釣りは新札でお返しする。

以前に勤めていた治療院で実施していたことで、私も真似しています。
患者さんからも新札だと気持ちがよいと言われています。

いずれも治療の効果とは直接関係がないことですが、

自分が患者だったらどう思うか?

を常に意識して治療に臨みたいと思います。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]