量をこなし体で覚えろ

前回のブログに引き続き、「落語家のもの覚え」という書籍から感じたことを書きます。

落語家のもの覚え(ちくま文庫)
立川談四楼

本書は落語の入門から、前座、二つ目、真打、そして弟子を育てていくところまで、修業時代の思い出話や、苦労話などが語られています。

前回の「声に出せ、音で覚えろ」と似ているのですが、前座時代に言われた

「量をこなし体で覚えろ」

という言葉が印象に残っています。

落語も、とにかく量をこなし反復するのが大事なのだそうです。

これを読んで、私が鍼灸あん摩マッサージ指圧の仕事を始めたばかりの頃を思い出しました。

最初の勤務先で習ったのは「吉田流あん摩」というもので、弦楽器の弦を弾くように筋線維を弾く「線状揉み」という独特の揉み方が特長の手技です。

私は、学生の時から揉捏(じゅうねつ)という揉む手技が苦手だったので、とても苦労しました。

30歳を過ぎてから鍼灸マッサージの専門学校に通い始め、それ以前はシステムエンジニアの仕事を10年やっていたので、手の動きが固く、思ったように動かせなかったのです。

毎日のように、先輩スタッフに練習させて頂きましたし、自分のふくらはぎや腕に何度も練習していました。

当然上手くできないので、受け手も気持ちよくないですし、変なやり方をすると痛いので、受け手になることを拒否されることもありました(涙)

あまりに何度もお願いしていたので、途中からは呆れられて断られたりもしましたが、それでもめげずにお願いし続け、様々なアドバイスを受けました。

・手首が動いていない

・揉みのリズムが悪い

・強さが一定ではなくバラバラ

・背骨に当たっている

・体重がのっておらず手押しになっている

など、色々なことを言われながら練習していた日々を思い出します。

毎日のようにやっていたので、指や手も痛くなり、その都度、冷やしたり温めたりしていました。

でも、繰り返し、繰り返しやっていると、少しずつ分かってくることがあるのです。

・頭の中で1,2,3と数えながらやるとリズムがとりやすい

・まず、しっかり押さえて筋肉を捉えてから揺らす

・手や指だけでなく、体全体でうまく姿勢を保ちながらやった方がいい

体が動くようになってくると、もっとこうした方がいいかもということが出てきて、そこからまた新たな気付きが生まれてきました。

そして、いつも「誰でもいい」とおっしゃっていた患者さんから、

「あなたの施術がすごくよかったから名前教えて」

と言われたときは、逆に「え?」と驚いてしまいました。

徐々に手や指が痛くなることもなくなってきて、私のことを指名して下さる患者さんも増えていきました。

このときの練習で「量をこなし体で覚える」ことをしたからこそ、今につながっているのだと思います。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]