2018年を振り返って

2018年の最後のブログになります。

今年も1年間お付き合いいただき、ありがとうございました。

さて、最後は2018年を振り返ってみたいと思います。

今年は色々なことに悩んだ1年でした。

・整形外科内科のリハビリ室の業務多忙により満足な施術ができない
・往診患者さんの死や相次ぐ入院、病状悪化、施設入居
・リハビリデイの同僚の病気療養休暇に伴う業務負荷増加

 

特に、もっとも多くの時間を使っている整形外科内科の仕事が流れ作業に身を委ねるように感じになってしまい、一人ひとりの患者さんときちんと向き合うことができないのがつらかったです。

そこで、1つ大きな決断をしました。

2019年5月15日で整形外科内科の勤務を退職して開業することにしました。

私はリハビリ室の室長という立場のため、できるだけ病院に迷惑をかけないよう早めに退職の意思を伝えようと考えました。

私の前のリハビリ室の室長は1ヶ月前に突然退職を伝えて辞めてしまったため、その後はスタッフが足りず、患者さんにも迷惑をかけ、苦労した経験があるからです。

そこで、半年前の今年の11月中旬に退職したい旨を伝えました。

半年あれば、後任スタッフの採用や引継ぎ、業務のやり方の検討などに十分な時間をかけられると考えたからです。

2019年は私にとって新たな挑戦の1年になりそうです。

ちなみに、今年は自分自身の体調管理がしっかりできた1年でした。
昨年のように風邪をこじらすことはなく、概ね調子がよかったです。

2019年も、新たな環境のもとで、より多くの患者さんの手助けができるよう、引き続き精進して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事


[カテゴリー]