森川すいめい_お互いによく出会っているから助けられる

その島のひとたちは、ひとの話をきかない(青土社)
精神科医、「自殺希少地域」を行く

森川すいめい

「お互いによく出会っているから助けられる」の話が印象に残りました。

旧海部町のひとは、他の地域に比べると「特別支援学級反対」と考えるひとが多いそうです。

なぜか。

障がいをもつひととそうでないひとを子どもの頃から分けると、お互いにお互いのことがよく分からなくなってしまう。

すると、どういった場面で助けが必要なのか、分からない。

思いやり

それを自然とできるようになるためには日常の中にお互いがいなければならないと考えているからです。

最も重要なことはお互いに助け合えることで、困っているひとがいたら、困っている部分を助ける。

その当たり前のことができないのはお互いをよく知らないからです。

旧海部町のひとたちは、お互いによく出会っていて、どういう手助けがあったらいいのか、何をしなくてもいいのかをよく知っています。

ひとは多様であることを受け入れ、違う意見や考え方があってもそれを排除しない。

それだけでもっと解決できることが多くあると思いました。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]