実習生の治療院見学

先日、私が治療を教えていただいてる先生の治療院に実習生が来ました。

その実習生は盲学校の理療科(鍼灸マッサージ)の学生で、2週間、治療院を見学し、

「治療院ではどんな治療をしているのか」

を学んでレポートにまとめるそうです。

勉強

私が通っていた専門学校では、学校の附属鍼灸院の見学はありましたが、1時間だけでした。

2週間という長期間、それも外部の治療院を見学するという実習はありませんでしたので、羨ましかったです。

さて、この日は先生と私と実習生の3人で実習をやりました。

3人いると、1人が患者役になって、残りの2人で確認できるのでやりやすかったです。

相手の体を触りながら、どこに問題があるか、どのように指圧するか、どう動かすと動かしやすいかといったようなことを確認しました。

実習生が何が分からなくて、それをどう伝えるか、、教える側の勉強にもなったので、よい経験ができました。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事

▶︎ 今時書店

[カテゴリー]