健康管理の道

森田 洋之 , 加藤 忠相 著「あおいけあ流 介護の世界」からのご紹介です。

本書に出てくるデビッド・ワーナー氏の「健康管理の二つの道」というイラストは医療従事者として考えさせられました。

病院や治療院に来院される患者さんに例えると、

自分の体のことを何も考えずに治療家の指示とおりの治療を受けているのは左の図。

自分の体の調子や変化を意識しながら、治療家と一緒になって治療していくのが右の図。

患者さんの体は、患者さんのもの。病気を治すのは患者さん自身の体がもつ自然治癒力。

患者さんの積極的に病気を治そうという気持ちに働きかけ、患者さんと共に治療をしていく。

そんな右の図のような、治療を目指して今後も精進していきます。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]