針に糸を通すのが大変

先日、訪問マッサージに伺っている90代の患者さんから、

「裁縫をするのに、針に糸を通すのが大変なのよ」

というお話を聞きました。

昔から裁縫をやっていて、針仕事が得意な方なのですが、縫う時間よりも針に糸を通すのに時間がかかって大変なのだそうです。

高齢になると、老眼がすすんで近くのものが見えにくくなるのですね。

 

 

ご家族に糸通しを買ってもらったようなのですが、糸通しを針穴に入れるのも大変で使いこなせません。

苦労して通すか、小学生のひ孫さんがいるときにいくつか通しておいてもらうかで対応しているそうです。

 

 

その話を聞いて何気なく検索していたら、便利なものを見つけました。

 

針の穴に糸を通すのが苦手な人へ… 衝撃の事実を描く漫画に「マジか」「知らなかった」
https://grapee.jp/978346

 

クロバー株式会社が販売している『セルフ針』というもので、糸を針頭部の溝にのせ、引き下ろすだけで誰でも簡単に糸を通せる便利な針だそうです。

クロバー株式会社のサイト
https://clover.co.jp/products/13305

 

世の中には知らないだけで意外と便利なものが開発されているのだなと思いました。

 

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]