認知症予防のキーワードは生きがい

産経新聞に掲載されていた記事からのご紹介です。

「集合型と個別型のハイブリッド予防がカギ」という記事の、認知症の予防の話が印象に残りました。

img20210228_dementia

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、高齢者の方の外出の機会や運動、会話が減少しています。

 

 

認知症の予防として、医療的な対応や運動習慣、食事なども大事ですが、知的活動や社会交流といった「通いの場」の重要性について書かれていました。

 

そのキーワードが「生きがい」。

 

メモリークリニックお茶の水の院長である朝田隆先生は、人から愛される、人から必要とされる、人から感謝される、人から褒められることが生きがいとなり、それが認知症の予防に不可欠であるとおっしゃっています。

 

 

この話、どこかで聞いたことがあるなぁと思ったら、以前に私もブログで書いていました。

宮崎中央新聞_人間の幸せ:
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/humanhappy/

 

「人間の幸せ」というテーマで、幸福を感じるのはどんな時かという内容です。

①人に愛されること
②人にほめられること
③人の役に立つこと
④人に必要とされること

 

 

人が幸せだと感じることをしていくことが、認知症の予防にもつながっていくのだと思います。

改めて人とのつながりの大切さを実感しました。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]