少しでもよさそうなことをしていくのが治療

「神田橋條治 医学部講義(創元社)」からのご紹介です。

神田橋先生は治療について、以下のようにお話されています。

病を消すとか、病の状態を持ち上げるというのではなく、自分でなんとか持ち上げていこうとする生体の営みに対して、少しでもよさそうなことをしてみようというのが本当の治療。
全ての病気は、特有の自然経過があって、その自然経過を把握して、それを少しでも応援するのが治療である。

はり・きゅうは、まさに、患者さんの自然治癒力を促進させる治療です。
どこに、どうやって、どの程度の強さで刺激を加えたらよいか。
患者さんの年齢、性別、生活状況、疾患などによっても変わってきます。

「少しでもよさそうなこと」を追求していく治療を目指します。

関連記事


[カテゴリー]