すがも巣ごもり寄席に行ってきました

先日、久々に落語鑑賞に行ってきました。

会場は「すがも巣ごもり寄席」です。

http://www.studiofour.sakura.ne.jp/event.html

 

ここは巣立ちの時を待っている若手芸人さんが出演している場所で、料金も1回1000円と安くなっています。

 

 

マスク着用、検温、アルコール消毒を徹底し、換気をしたうえで、席も密集しないよう工夫して開催していました。

会場には定員の三分の一くらいのお客さんが入っていました。

 

 

演者は3人いて、若手らしく勢いよく楽しそうに話していて、見ている方も楽しくなりました。

その中でも私は「強情灸」の演目が好きでした。

強情っぱりの江戸っ子が見栄を張った結果、大変なお灸をすることになる話です。

 

 

私は「灸(きゅう)師」の国家資格を持っているので、もぐさを直接皮膚に乗せて火をつけて、それを途中で止めずに燃やすことがどれだけ熱いかよく知っています。

熱さと強情さ、負けん気の強さの駆け引きが楽しめました。

昨年は一度も落語を観に行くことができませんでしたが、今後は少人数開催であればまた観に行きたいと思います。

 

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]