就労デイサービス

産経新聞に掲載されていた記事からのご紹介です。

「昔取った杵柄でデイサービス」という就労デイサービスに関する記事です。

デイサービスというと、介護認定を受けた高齢者が日中、ゲームや折り紙をしたり、軽い体操をして過ごす場で、引きこもりを防いだり、活動を促すのが狙いです。

しかし、男性や若年認知症の方には人気がないそうです。

そこで考えられたのが「就労デイサービス」

軽度認知症やアルコール依存症、引きこもりの人などに、現役時代の仕事や特技、趣味の腕を「仕事の場」として発揮してもらおうと考えました。

これがドンぴしゃりだったそうです。

 

元調理師で認知症の男性には刃物研ぎを、和菓子職人だった男性には菓子作りを頼んだりするうちに、仕事は午前9時からといった時間感覚が出始めたり、明日は仕事だから早く寝ようとアルコールを控えたりする効果が出てきました。

認知症や障がいで介助が必要になっても、仕事で何かを生み出したり、地域に貢献したりすることが喜びであるのは変わらず、それが生きがいとかやりがいにつながっていくのだと思います。

介護事業所が、地元企業などと協力して「ちょこっと仕事」を生み出し、若年性認知症の人などが携わるといった取り組みが、本当にわずかですが、始まっているようです。

これは高齢者も同じで、「何もできない」と決め付けるのではなく、「できないこともあるけれど、できることもある」と考えて、何ができるのかアイディアを出し合っていく。

そんな介護が、各地で広がっていくといいなと思いました。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]