大相撲トーナメントを観戦してきました

今日は、家族で大相撲トーナメントを観戦してきました。

注目は新横綱になった稀勢の里関です。
最近の相撲人気もあり、場内は満員御礼でした。

お昼頃に到着し、まずは腹ごしらえ。
みそ、しお、しょうゆの3種類から選べるちゃんこを食べ、十両のトーナメントを観ながら大相撲弁当でランチ。

その後、相撲普及イベントとして、ちびっこ相撲と、初切(しょっきり)という相撲の技や禁じ手を実演してくれるイベントを観戦。


普段の本場所では見られない興行用のイベントは場内からも笑い声が聞こえるくらい盛り上がりました。

 

そして、メインイベントの幕内トーナメント。
新横綱稀勢の里関が登場すると、場内は大盛り上がり。
初めての横綱土俵入りで雲竜型を披露しました。

 

取り組みは、本場所と違いピリピリした緊張感が少なくて、リラックスした雰囲気でした。
興行という側面もあり、ケガをしないようにやっていたので、土俵際の逆転や粘りが少ないのはちょっと残念でした。

そんな中、横綱白鵬関が、塩を大きく投げるパフォーマンスで場内を盛り上げるサービスが新鮮でした。

白鵬関が初戦で敗退したのはびっくりしましたが、ファンサービスはさすがだと思いました。

幕内トーナメントの結果は、新横綱稀勢の里関の初優勝。
横綱になったばかりでの優勝に、稀勢の里関も嬉しそうでした。

今回も大満足の相撲観戦でした。

関連記事


[カテゴリー]