仕事で大切なことはすべて尼崎の小さな本屋で学んだ

仕事で大切なことはすべて尼崎の小さな本屋で学んだ(ポプラ社)
川上徹也

 

出版取次の会社に就職した新入社員の大森理香が、転勤先の大阪で出会った小さな本屋さんとの触れ合いを通して成長していく物語です。

 

 

本書に登場する小さな本屋さんの「小林書店」は実際に存在するお店で、小林由美子さんが話したエピソードも実際にあったノンフィクション。

そこに出版取次の社員を絡めながら、仕事で大切な姿勢や考え方を学んでいく展開で読みやすかったです。

阪神・淡路大震災で被災した本屋を復旧しようとして始めた傘売りをした話が紹介されていましたが、副業としてではなく本業の一つになるくらい一生懸命に売り尽くすという信念が素晴らしかったです。

 

 

小林さんは、傘を売るときにこんな説明書きをしていたそうです。

傘は愛情です。
あなたが冷たい雨に濡れないように、
あなたが暑い日差しに疲れないように。
考えて考えて作られたこの一本。
傘は愛情だとつくづく思います。

 

 

また、小さな本屋さんが生き残るためにした様々な工夫や、人との繋がり、あなたのお店で買いたいと思わせるような熱意や優しさは勉強になりました。

実話として泥棒に入られた話があるのですが、お店を大切に思うお客さんの温かい優しさが伝わってきました。

 

 

由美子さんのご主人の口癖も商売をやる身としては、素直に感心できます。

特に好きな1つを以下に抜粋しました。

「世の中、こんだけたくさんの本屋があるんやで。うちらが商売できているのは、買ってくれるお客さんあってのことや。それやったら、何べんでも何べんでも何べんでもありがとうございます!と頭下げて言い続けることや。どれだけ感謝しても感謝しすぎることはないで」

 

 

こんなご時勢だからこそ、どんな心構えで仕事をするのか、改めて考えさせられる一冊でした。

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]