松坂大輔投手の引退

西武ライオンズの松坂大輔投手が10月19日の日本ハム戦(メットライフドーム)で先発、これが引退試合ということで18番の背番号のユニホーム着て、マウンドに上がるそうです。

引用サイト:YAHOO!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/20ba1118c2d9aaf298b0819a054bb97bdc50105c

 

 

41歳まで現役生活、おつかれさまでした。

 

松坂大輔投手といえば、「平成の怪物」と呼ばれ、

・甲子園春夏連覇

・西武入団一年目で新人王

・WBC(World Baseball Classic)の2大会連続MVP

・大リーグレッドソックスでワールドシリーズ制覇

など、数々の偉業を成し遂げ、同世代の人たちは「松坂世代」とも呼ばれています。

 

 

ちなみに、私も松坂投手と同級生なので松坂世代です。(笑)

プロスポーツの世界では、40歳を過ぎて現役を続けている選手はとても少ないです。

投げる、打つ、走る、跳ぶなど、長年に渡って身体を酷使したことによる怪我や手術、リハビリをしながら現役を続ける選手は本当に大変です。

 

 

一方、一般人の働き手としては、40代は様々な仕事ができるようになり、自分の裁量で仕事ができたり、難しい仕事を任されたりすることもあると思います。

日本政策金融公庫総合研究所が実施する新規開業実態調査によると、2020年度の開業時平均年齢は43.7歳で、独立する人が最も多い年代は「40代」というデータがあります。

引用サイト:日本政策金融公庫 総合研究所 2020年度新規開業実態調査
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_191122_1.pdf

 

 

40代は人生80年と考えると、ちょうど半分くらいでまだまだこれからです。

今後、松坂投手のセカンドキャリアがどうなるのか楽しみですが、まずは現役最後の試合を応援したいと思います。

 

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]