介護の3段階のステップ

森田 洋之 , 加藤 忠相 著「あおいけあ流 介護の世界」からのご紹介です。

本書に出てくる、介護の世界の3段階のステップという話が印象的でした。

①誰かのお世話になるんじゃなく
→療養上のお世話ではダメ

②自分でできることは自分でやって
→できることに焦点をあてた自立支援

③できればボランティアや仕事もして
→地域との関わりをもつ

この考え方は非常に分かりやすくて、共感できました。

年をとっても、誰かにお世話してもらうのではなく、自分でできることをやりながら、地域との関わりももっていく。

今後ますます高齢化社会が加速する中、どのように高齢者と接していくのか、勉強になりました。

 

関連記事


[カテゴリー]