介護の3段階のステップ

森田 洋之 , 加藤 忠相 著「あおいけあ流 介護の世界」からのご紹介です。

本書に出てくる、介護の世界の3段階のステップという話が印象的でした。

①誰かのお世話になるんじゃなく
→療養上のお世話ではダメ

②自分でできることは自分でやって
→できることに焦点をあてた自立支援

③できればボランティアや仕事もして
→地域との関わりをもつ

この考え方は非常に分かりやすくて、共感できました。

年をとっても、誰かにお世話してもらうのではなく、自分でできることをやりながら、地域との関わりももっていく。

今後ますます高齢化社会が加速する中、どのように高齢者と接していくのか、勉強になりました。

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]