1日誰とも話さなくても大丈夫

1日誰とも話さなくても大丈夫
精神科医がやっている 猫みたいに楽に生きる5つのステップ(双葉社)
鹿目 将至 (著), 鳥居 りんこ (著, その他)

精神科の医師が書かれた本です。

コロナ禍でテレワークが多くなり、1日中誰とも話さず、強い不安を訴える患者さんが増えているそうです。

以下の5つのステップで、不安や孤独と付き合っていく方法が紹介されていました。

step1
まずは気持ちを落ち着かせる(不安な夜をやり過ごす方法)

step2
ひとりの時間を味方につける(ぼっちの昼間を紛らわす方法)

step3
自分をケアする(クタクタの心身をいたわる方法)

step4
思考法を変えてみる(ネガティブな自分にさよならする方法)

step5
ひとりだけど、ひとりじゃない(猫みたいに楽に自分を生きる方法)

「こんなことならできそうかも」ということが色々と紹介されていて読みやすかったです。

・散歩は1日1時間早朝に
→時間帯を問わず気軽に5分だけ

・1日6時間以上眠らないと疲れがとれない
→部屋を暗くしてベッドの上で目をつむるだけでも休まる
 眠くないなら起きていればいい

・深呼吸は腹式呼吸でないと
→テキトーに酸素でも取り入れてみるかくらいの気楽さでやる

といった感じで、医学的にきちんとやる必要はなくて、できることから「気軽に」やってみようというスタンスだったのがよかったです。

うつに効く何かに熱中する「熱中効果」、自己否定はせずストレスから逃げる、さあ次にいくよーと終わったことは気にしないなど、勉強になる考え方も紹介されていたので、できそうなことから実践してみたいと思いました。




【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]