ジャズを聴きに行ってきました

先日、ジャズを聴きに行ってきました。

場所は大田区民プラザで、「下丸子JAZZ俱楽部」が主催している公演でした。

今回の公演は開催29周年でテーマは

「TENOR MADNESS」
最強のテナーサックス奏者を迎えてジャズとラテンとビッグバンドの共演
下丸子JAZZ俱楽部史上屈指のテナーバトル合戦

というものでした。

 

 

下丸子JAZZ俱楽部は、プロデューサーとしてテナーサックス奏者の高橋達也さん、監修として音楽評論家の瀬川昌久さん、制作に伊波秀進さんを迎えて、1993年から定期的にジャズの公演を行っています。

高橋達也さん、瀬川昌久さんはお亡くなりになりましたが、伊波秀進さんが2代目プロデューサーとして続けられています。

下丸子JAZZ倶楽部
https://www.ota-bunka.or.jp/event/sponsored/shimomaruko_jazz_club

 

 

ジャズの生演奏を聴くのは初めてだったのですが、壮大な演奏で驚きでした。

サックス(テナーが4人、アルト、バリトン)を中心に、ピアノ、トランペット、トロンボーン、ドラム、ベース、エレキギター、コンボ、コントラバス、マラカスのパーカッションなど、多くの楽器が演奏されていて、それが重なり合うことで、音が響き渡り、なんともいえない心地よさがありました。

 

 

 

特にラテンの演奏では、ドラムとコンボのリズムや即興アドリブなどもあって、とても楽しめました。

最後はジャズとラテンとビッグバンドの共演で、4人のテナーサックス奏者の個性あふれる演奏バトルや、迫力があってテンポのよいリズムに興奮しました。

3時間30分の公演でしたが、あっという間の時間でした。また行きたいです。

 

 


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]