心のスイッチ

「心に響く小さな5つの物語Ⅲ」(藤尾秀昭 著)という本の中に出てきた東井義雄さんの「心のスイッチ」という詩の内容が心に響いたので、紹介いたします。

———————————————–
人間の目は ふしぎな目
見ようという心がなかったら
見ていても見えない

人間の耳は ふしぎな耳
聞こうという心がなかったら
聞いていても 聞こえない

頭もそうだ
はじめからよい頭
わるい頭の
区別があるのではないようだ
「よし やるぞ!」と心のスイッチがはいると
頭も すばらしい はたらきを しはじめる

心のスイッチが
人間をつまらなくもするし
すばらしくもしていく
電灯のスイッチが
家の中を明るくもし
暗くもするように
———————————————–

「よし やるぞ!」という心のスイッチの働きで、頭や体の働きや、人間性も変わってくるということですね。

「心のスイッチ」は誰かに入れてもらうのではなく、自分で入れることが大事なのだと思います。

私も心のスイッチをONにして、仕事に励んでいきたいです。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]