うつ病九段

うつ病九段 (文藝春秋)
先崎学

プロ棋士 先崎学九段がうつ病で入院することになり、どん底から立ち直っていくまでの過程を読みやすくコミックで描いた一冊です。

先崎九段は、私が好きな漫画「三月のライオン」で将棋コラムを書かれているので、名前だけは知っていました。

藤井聡太棋士がデビューから29連勝で世間を騒がせている一方で、先崎九段がうつ病で苦しみもがいていたことは知りませんでした。

精神科医の兄のすすめで入院することになっても、将棋の対局のことが頭から離れない。

それでも、将棋を指すことはとてもできず、無力感に苛まれていく様子が赤裸々に描かれていました。

うつ病回復期の患者がリハビリを兼ねて、体験記を書くというのは珍しくて、当事者の体験だけに具体的な内容でした。

「みんな待っています」というシンプルな一言が最も嬉しかったというのも当事者ならではの意見で勉強になりました。

その後、うつ病の状態がどうなったのか、どうやって折り合いをつけているのか、続きがあればまた読んでみたいです。


【この記事を書いた人】

photo 西ヶ原四丁目治療院 院長の佐藤弘樹(さとうこうき)と申します。
はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を持ち、病気の治療、予防のお手伝いをしています。

たった一人でも、「治療に来てよかった」と満足していただき、 人生を豊かに過ごすお手伝いをすることを理念としております。
お気づきの点や質問等ございましたら,どうぞご遠慮なくお聞かせくださいませ。

関連記事


[カテゴリー]